『Xbox Series X』は360のゲームもガッツリ遊べるらしい。ちょっと欲しくなってきた… 

 Xbox Series Xは史上もっとも互換性の高い家庭用ゲーム機であるために革新的な技術を導入。数千タイトルを擁して2020年ホリデーシーズンにローンチする

 その成果もあり、すでに10万時間以上のプレイテストが完了しているが、大ヒット作からカルト的な名作など、何千ものゲームがXbox Series Xでプレイ可能なのだという。世代間の切り替えもシームレスに行えるとのことだ。チームでは、Xbox Series Xのローンチに向けて、さらに20万時間以上の時間を費やして、ゲーム ライブラリの準備を整えていくという。

 Xbox360の積んだままゲームがわりと残っているので、Series Xに完全もしくは強力な後方互換性があるなら、けっこうな購入動機になります。
 ちょっと前に初代のRDR遊びたくなって360を引っ張り出したんですけど、爆音に耐えられなくて止めちゃったんですよね…w

 「互換性とかどうでもいいだろ」って声をわりと聞くんですけど、個人的には「なくてもいいけど、あれば嬉しい」系の機能でして、あるかないかは、買うか買わないか…に影響してくるんです。

 実機があるので後方互換が必須ってわけじゃないんですけど、複数ゲーム機を一つにまとめることで設置スペースが稼げるってのはとても大事。
 ケーブルまわりがすっきりするし、HDMIという最新の出力系統によってモニターを簡単に共用できるのも大きい。

 正直、最近はPCで事足りてしまうので、PS5もSeries Xも、今のところ購入予定は無いんですが、『Xbox Game Pass』という低価格でさまざまなゲームを楽しめるサービスがあり、かつ後方互換もがっつり確保されているのであれば、Series Xに俄然興味がわいてきますねぇ…。



 できればPS5にもPS3以前の後方互換があると嬉しいのですが…どうなるんでしょう?
 ディスクとアーカイブス両方対応してくれるのがベストですが、少なくともアーカイブスだけでも動いてくれれば、けっこうな購入動機になるんだけどなぁ…。

 でもPS4でアーカイブス切っちゃったのにPS5で復活させるか…というと難しそうな気も…。
 いっぽうで、PS5の性能なら旧世代期のエミュをがっつり動かせそうだし…。
 ちょっと期待しておこうw

 当面は、PSPLUSで大量確保したアーカイブスをプレイするために、PS3に現役として頑張ってもらいます。
 ていうか、PS4をしまってもPS3は動き続ける…って可能性もわりとあるよなーw

 アーカイブス用にVitaの新品を一台確保しておいたほうがいいかも…と真剣に悩み中です。
[ 2020/06/03 09:24 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

『マインクラフト ダンジョンズ』レビュー。カジュアルハクスラの良作だがシンプルすぎる面も… 

 マインクラフトの名を冠したハクスラ『マインクラフト ダンジョンズ』(Minecraft Dungeons)をプレイしてみました。

 最初に断っておくと、本作は「マインクラフト」と付いていますが、マイクラらしさは見た目だけで、ゲーム的には共通部分がまったくないです。
 ブロックを崩したり積んだりはできないし、クラフト要素も一切なし。
 マインクラフトのビジュアルが好きならかまいませんが、ゲーム性の部分でマイクラっぽさを期待して本作をプレイすると多分裏切られます。

 というわけで、このあとは「ハクスラとしてどうなの?」って視点のみで語っていきます。



 難度ノーマルのエンディングまで進めましたが、本作を一言であらわすと

 よくできたカジュアルハクスラ。

 です。
 この場合「よくできた」は誉め言葉ですが、「カジュアル」はポジネガ両方の意味です。

 ハクスラとしての作りはとにかくシンプル。
 攻撃方法は近接と弓にくわえ、チャージしたエネルギーを使う特殊技のみ。
 クラスはなく、スキルも武器に付与されているもののみで、キャラが独自にスキルを覚えたりはしない。
 同時に使えるスキルの数は3つで、ほかのハクスラにあるスキルビルド的な要素はありません。

 ここまでシンプルにすると、ゲームとして飽きやすそうではありますが、そうなっていないのが本作の「よくできた」ところ。
 スキル数は少ないもののできることのバリエーションが多く、それぞれの組み合わせによって、「殴って撃つだけ」ではないアクションバトルに仕上がっています。
 それにくわえ、シンプルではあるが決してヌルすぎないバランス取りによって、「敵を殴って倒すのが楽しい」というハクスラ本来の魅力を存分に引き出せています。

ハクスラ初心者が気軽に始められる…という点において、本作は間違いなくトップクラスの秀作です(断言)。


 ただ、「シンプルなハクスラ」としての完成度はとても高いのですが、そうはいっても「シンプルさ」ゆえの欠点から逃れられていないのも確か。
 クラスがない、スキルビルドもない、戦闘アクションも練られてはいるが本格ハクスラと比べるとできることは少ない…では、ハクスラ好きとしては物足りなさを感じずにはいられません。

 正直なところ、ハクスラを遊びたい人にコレを勧めるか? と言われるとウーンと唸らざるを得ません。
 僕が人に勧めるなら、ハクスラ初心者には『Diablo3』を、ある程度慣れている人には『Path of Exile』か『Grim Dawn』を推します。
 マイクラダンジョンはよくできているけど、既存の人気タイトルと比べると底が浅すぎる。

 僕が『マインクラフト ダンジョンズ』を勧めるとすれば、凝ったゲームが辛い小学生低学年とか、小難しいゲームが嫌いでサクっとハクスラしたいライトゲーマー。あとは、手軽にCOOPしたい人…あたりでしょうか。

 ちなみに僕は、ノーマルクリアまで数時間プレイしてだいぶ満足。
 もうちょっと遊ぼうかなぁとは思いますが、そう遠からず飽きそうな気がしますw
 プレイ時間でいうと10~20時間ぐらい遊べる…ってところかなぁ。

 ハクスラマニアな視点から見たので少々辛い点数になってしまいましたが、3000円で(ゲームパスなら月100円~500円)20時間遊べるって考えれば、かなりのコスパと言えるかもしれません。
 まぁ個人的にはその20時間を『Diablo3』か『Grim Dawn』に突っ込むことをお勧めしますがw

 「マインクラフト」をいう偉大な名前がついたことで過大な期待がかかっているのがよくないのかも…。
 3000円で遊べるインディ系のカジュアルハクスラ…と考えれば、間違いなく「非常に好評」という評価を得られると思います。





 しかし、僕はカジュアルゲーへの評価が低くなりがちですねぇ…w
 マイクラダンジョンも、よくできているのは間違いなくて、気にしてるのは「カジュアルすぎる」という一点のみ。

 そのあたりを踏まえて、当ブログを読んで頂けると幸いですw
[ 2020/05/31 21:10 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

ボタン一発でさくっと翻訳。ゲーム翻訳支援ツール「PCOT」が便利すぎてスゴい! 

 日本語非対応ゲームの和訳ツールとしてはOCR型翻訳ソフトの「Capture2Text」が有名ですが、同じようなアプローチで、より使いやすかったのが今回紹介する「PCOT」です。

 ・翻訳支援ツールPCOT

 「Capture2Text」は、翻訳したい英文が表示されたら、ホットキーを押してマウスで範囲を選択して翻訳する…という流れ。
 それに対して、「PCOT」は、英文が表示されるたびに範囲を選択する方法にくわえ、あらかじめ読み取り範囲を指定しておく方法も選べます。

 文字が表示される場所が決まっている、もしくは文字表示ウィンドウを任意に固定できるゲームの場合、最初に範囲を指定してしまえば、以降は翻訳ボタンを押すだけで訳文が表示されます。

 これが超便利!

 C2Tによる翻訳の大きな弱点であった「英文が表示されるたびに翻訳範囲を毎回指定する」という煩雑な作業が大幅に緩和されるので、海外ゲームを翻訳しながら遊びたいという方は、ぜひ導入することをオススメします。

 DeepL対応なので翻訳精度もかなり高め。
 文章の大意をつかむという使い方であれば、まったく問題なく利用できるはずです。

[ 2020/05/27 22:21 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(2)

『ハースストーン』をアンインストールした。運ゲー率が高すぎて時間を無駄にしてる気が… 

 ハースストーンをアンインストールしました。
 文句言いながらも続けてたんで、基本的には好きだったんだと思うんですが、最近は楽しい試合よりも、ストレスがたまるというか、

 ただただ「萎える試合」が多くて…。

 インストールしてあるとつい起動しちゃうんですけど、そのたびに楽しいよりも萎えてる時間の方が多くなってきたので、もう手をつけないようにアンインストしました。
 まぁ、しばらくすればまたやりそうな気もしますがw
 今は遊ぶとイラつくことが多いんで、少し距離を置いた方がよいのかなと…。



 ハースストーンにプレイングが不要とは言わないです。
 上手い人と僕の間に差があるのは間違いないです。
 それは分かるんですが、それ以上に運がデカすぎる。

 カードパワーがありすぎて、特定のカードを引いていれば勝ち、引けてないと負け。
 進化ガチャの当たりが強すぎて、いいの引かれると負け。相手が引かなきゃ勝てる。
 ガチャ魔法やカードの結果で試合の結果もほぼ決まる。

 こんなのが多すぎです。
 運要素も多少ならいいスパイスだけど、勝ち負けの大部分がこれにかかってくると、俺がやってるのは対戦ゲームじゃなくてパチスロじゃねーの? って気分になってきます。


 あと、もう一つ辛いのが「外部リソースが多すぎる」ってこと。
 プリーストとかローグが相手だと、手札全てがデッキに入ってないカードだったりするワケですよ。
 こうなると、もう相手が何してくるかまったくわかりませんから、何も考えないで適当に強いの出すしかない。

 でね、僕がわざわざ構築デッキでランクやってるのは、対人戦ならではの駆け引きや読み合いを楽しみたいからであって、手札の強いやつを出していくゲームをしたいからじゃないんですわ。

 運ゲーかつ外部リソースゲーになった結果、今のハースは、僕にとっては「実力で勝ったな(負けたな)」って試合が1試合あると、「運ゲーだったな」ってのが、その数倍はある感じになってきました。

 1回の楽しい試合のために、それ以上の不毛な時間をすごすのってどうなの? って考えたら急にバカらしくなってきました。
 いろいろ残念。

 いままでありがとう「ハースストーン」。




 「クイズ9問連続正解してたのに最後の問題が100万点になって敗北する」、みたいなクソ試合で10分近く無駄にしても、「これも数ある試合のうちの一つ」と割り切れる人なら、今のハースストーンも楽しめるかもしれません。

 プレーヤーの腕が勝ち負けに影響を及ぼさないわけではないし、運は自分と敵で平準化するでしょうから、長いスパンで考えれば上手な人がランク上位にいける…ってのは間違いないですからね。

 たぶん「負けより勝ちを見られる」ってのも、この手のゲームでうまくなるのは大事なんだろうなぁ…。
 僕は負けるとイラついちゃうから、理不尽な負けかたが納得できなくてダメなんでしょうねw

[ 2020/05/22 12:06 ] ハースストーン | TB(0) | CM(0)