PS3と360の違いは? ゲーム機での「サウンド」仕様について調べてみた 

 この間「HDゲーム機の容量不足」というエントリをあげたんですが、それのコメントで「MGS4はサウンド容量が多い」というものがありました。

 僕の認識だと「サウンド」っていうとWAVとかmp3で、せいぜい「60分で600MBぐらい」程度の印象だったり。
 しかしながらどうも最近ではとんでもない容量のサウンドフォーマットが増えている模様。ちょっと気になったので

 ゲーム機におけるサウンド規格や環境

について、ざっと調べてみました。

 た だ し !

 サウンド関係ってとにかくややこしい。
 新しい規格がバンバンできる、古い規格も残っている、複数規格が混在する、アナログ・デジタル、さらにはバーチャルサラウンドなどなど、いろんな要素が絡みまくって頭がこんがらがります。つかここ最近で書くのに一番てまひまかかりましたよ、このエントリ…。

 一応、可能な限り正確性を期しましたが、もともといい加減な人なので間違いや誤解があるかもしれず、ご了承の上ご覧下さい。
 「基礎の基礎」ぐらいに思って頂ければ…。
 間違いに気づかれた方は指摘してくださると嬉しいです。


--------------------------------------
1:チャンネル数とスピーカーの数
--------------------------------------
 コンシューマーゲーム機で使われるサウンドは、使用するスピーカーの数によって、3つのタイプに分類できます。

・2ch
 通常のステレオ。左右1個ずつの計2個。

・5.1ch
 オーソドックスなシステム。前後左右と正面+低音域用サブウーファーの
 計6個(サブウーファーを0.1と数える)

・7.1ch
 新しいサラウンドシステム。前後正面+左右+左右後方+低音域用の計8つ。

 つまり5.1ないし7.1chの音声を楽しむには

 スピーカーが複数なければ意味がありません。

 PS3なり360なりを液晶テレビにつなげて、そのスピーカーで音を聞いているような場合は5.1や7.1chサウンドは使えないっていうか意味がないので、この辺を気にする必要は一切ナシ。
 擬似的に複数スピーカーを実現するサラウンドヘッドフォンという手段もありますが、とにかく何らかの形で、マルチチャンネルのシステムに対応した出力装置が必須になります。


--------------------------------------
2:出力フォーマット
--------------------------------------
 デジタルサウンドにはいくつかのフォーマットがあります。それぞれの違いは「圧縮方法」だと思えばいいでしょう。音楽ファイルで言うとCDとMP3の違いみたいなもんです。

ドルビーデジタル
 現在、もっとも広く使用されている音声圧縮形式。
 圧縮率が高く、サウンド容量を抑えることができる。別名AC3。

DTS
 映画などでよく使われている形式で、圧縮率がDDより低いかわりに高音質。

リニアPCM
 無圧縮音声ファイル。音質が良いが、その分サイズが大きくなる。
※1 ※2 ※3

 これに加え「2chステレオ音声をサラウンド音声に変換する」という擬似的なサウンドフォーマットもあります。

ドルビープロロジック
 2chステレオを4chに変換。

ドルビープロロジックII
 2chステレオを5.1chに変換。
 「マルチチャンネル音声をステレオ音声にデコードする」機能もある。

ドルビーヘッドフォン
 2chのヘッドフォンで5.1chサラウンドを擬似的に再現する。


--------------------------------------
3:ゲーム機での出力
--------------------------------------
 実際に音を出すときには「ch数」と「出力フォーマット」をかけあわせて使います。例えば「ドルビーデジタルで5.1ch」とか「リニアPCMで2ch」などです。

 どの方式で出力できるかは再生機器によります。
 例えばDVDプレーヤーはDDの5.1ch、リニアPCMの2chに対応しています。なお対応ch数以下の場合は再生可能なので、DVDプレーヤーであればDD2chも再生できます。

 ゲーム機での対応は以下のとおりです。

PS3(ゲーム)
 リニアPCM7.1ch ドルビーデジタル5.1ch

Xbox360(ゲーム)
 リニアPCM2.1ch ドルビーデジタル5.1ch

Wii
 モノラル、ステレオ、ドルビープロロジックII(5.1ch)(デジタル音声出力非対応)
※映像再生時の対応フォーマットは別

 一応、どの機種でもサラウンドオーディオを楽しむことはできますが、プロロジックIIは臨場感が落ちると言われています。まぁプロロジックIIもノーマル再生と比べればはるかに迫力あると思いますが。ちなみにPSPもプロロジックII対応。モンハンPあたりが対応してますね。
 なお、360とPS3はプロロジックIIやDTSにも対応していると思われます(※4)。


 気を付けたいのは「対応している」だけであって、実際にサラウンド音声を楽しむためには、ゲーム側が対応していなければなりません。特にリニアPCM7.1対応のタイトルはまだ少ないようです。
 音声フォーマットがどこまで対応しているかはパッケージに書いてあるので、気になる人はそちらで確認を。

 またリニアPCMの場合、出力に対応していても実際に音源が無圧縮で収録されているかどうかは別問題な模様。例えばMGS4はリニアPCM5.1ch対応ですが、あるインタビュー記事では「リニアPCMの使用は一部にとどまり、大多数は圧縮サウンド」と言っています。(※5)

 なお、先日発売された「バイオハザード5」は、PS3がリニアPCM5.1ch対応で、360はドルビーデジタル5.1chまでとなっています(※6)。他にも同じようなケースがあるかもしれません。
 今後「PS3はリニア、360はDD」という流れが多くなれば、マルチタイトルにおけるPS3のアドバンテージとなりそうです。

 ただし、すでに書きましたが、これらはサラウンドシステムを用意し「マルチチャンネル」で楽しむ場合の話。2chステレオで聞く場合、360もリニアPCM対応となります。


--------------------------------------
4:サラウンド環境を楽しむ
--------------------------------------
 まずサウンドのクオリティですが、このあたりは人それぞれだと思うのですが、僕個人はフォーマットがどうこういう以前に、出力機器による部分が遙かに大きいと思っています。
 リニアPCM7.1をボロスピーカーで再生するより、最高級ヘッドフォンで聞くステレオ音声の方が好きです。なので「イイ音で遊びたい」という方は、まずスピーカーをそれなりのものにすることをオススメします。

 次に問題となるのはDD対応でヨシとするか、リニアPCMにまで対応させるかという部分。
 廉価なホームシアターシステムではリニアPCM非対応な物も多いです。リニアPCMでサラウンド出力するには、HDMIによる音声入力に対応したアンプが必要になるので、少々コストアップすると思われます。

 スペースや予算の関係でマルチスピーカーシステムが厳しい場合は「サラウンドヘッドフォン」という選択肢もあります。
 僕はちょっと古めのサラウンドヘッドフォンを使用していますが、TVのスピーカーと比べれば、臨場感はかなり変わります。場所も取らないし、マンションで大音量プレーなんかもできちゃうのでなかなかオススメ。(ずっと付けてると頭が圧迫されて痛くなってくるのがアレですが…。)
 ただし、僕の知っている範囲では、リニアPCM対応のサラウンドヘッドフォンはありません。DD、ドルビープロロジックII、DTSぐらいのがほとんどかと。

 あとコードレスでデジタル無線タイプのものは、無線LANやゲームのワイヤレスコントローラーと混線することもあるそうです。僕はそれがイヤだったんで赤外線タイプを買いました。ただ、けっこう昔の話なので今どうかは知りません。

 もう一つ、サラウンドヘッドフォン購入で注意したいのは、アキバあたりで売っている格安の「サラウンドヘッドフォン」。激安のものだと、単純にイヤー部分にスピーカーを複数内蔵させて強引にサラウンド再生を実現! ってタイプのものがあります。
 例えば僕が持っているPC用サラウンドヘッドフォンは「フロントスピーカー端子」「リアスピーカー端子」「ウーファー端子」の3つが出ていて、それをアンプにまとめて突き刺す感じ。
 PCゲーム目的だとなかなか使いやすかったりするのですが、構造的な欠陥を指摘する声もあるので、留意しておくといいかと思います。僕は安かったんで割り切って使ってます。まぁ値段なりですかね…。
ゲームに適したサウンド環境とは

 無線混線にしても、激安ヘッドフォンにしても、理解して買う分にはいいのですが、間違って買うと目も当てられません。規格は乱立、様式も多用とかなり複雑な商品なので、購入時に「自分の想定してる使い方はできるのかどうか」をしっかりチェックするといいと思います。

PIONEER ドルビ-サラウンド デジタルコードレスヘッドホン SE-DRS3000C
PIONEER ドルビ-サラウンド デジタルコードレスヘッドホン SE-DRS3000C
パイオニア 2008-05-21
売り上げランキング : 18444

おすすめ平均 star
star配偶者へのプレゼントにどうぞ
star妥協したけど…
starちょっと小さめ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


SONY コードレスヘッドホン MDR-DS7000
Panasonic デジタルワイヤレスサラウンドヘッドホン RP-WF6000



--------------------------------------
おまけ:PCとサラウンドサウンド
--------------------------------------
 さて、ゲーム機と比べちょっとややこしいのがPCのサラウンド環境。
 ドルビーデジタルの場合はゲーム機と一緒なのですが、PCではサラウンド規格として「EAX」(※7)というモノがあります。
 DDやらリニアPCMが映画あたりでの使用を念頭においているのに対し、こちらはより「ゲーム向け」な規格。あちらが「録った音」を使うのに対し、こちらはプログラマブルな音声処理となっています。FPSあたりでの臨場感が高くて高評価。多くのゲームで対応しています。

 問題となるのは、EAXを利用するにはサウンドブラスターが必須で、かつサラウンド再生するにはアナログにしか対応していないこと。
 したがって「同じサラウンドで5.1chなんだから、PCでも使えるよね!」とか思って、デジタルサラウンドヘッドフォン買っちゃったりすると思いっきり裏切られます。






※1
 DDとDTSは非可逆圧縮で「圧縮すると元のデータが損なわれる」ので、オリジナルそのものを再現することが不可能です。最近ではトルビーTrueHDといった「可逆圧縮」形式のサウンドフォーマットも増えてきていて、こちらは圧縮してもオリジナル同等の音質を保てます。ゲーム機では対応していませんが。
(画像に例えると無圧縮のリニアPCM=BMP、非可逆圧縮のDD、DTS=JPG、可逆圧縮のドルビーTHD=PNG)

※2
 DDはリニアPCMを1/10程度に圧縮するので、ファイルサイズで言うとDDだと100Mのものが、リニアPCMだと1ギガになる計算です。

※3
 ブルーレイはDolby TrueHDとDTS-HD Master Audioといった可逆圧縮フォーマットに対応することで、ハイクオリティなサウンドを実現しています。PS3でもこれらのフォーマットに対応していますが、利用にはHDMIで対応アンプに接続するなどの環境構築が必要になることも。このあたりはキリがないので割愛。

※4
 プロロジックIIに関しては、PS3のアーマードコア・フォーアンサーが「オープニングムービーのみドルビーデジタル5.1、ゲーム内は、ドルビープロロジックIIで再生されます」とのこと。(ソースURL
 Xboxは対応タイトルを見つけることはできませんでしたが、公式サイトの音声信号についての説明で「アナログ音声…ドルビープロロジックII に対応し、通常のステレオ音声出力としても機能します」とあるので、対応しているようです。
 DTSは個別で対応しているタイトルを見つけることはできませんでしたが、PS3はハードとしてDTS対応がカタログに書かれています。
 360のゲームがDTSに対応しているかは不明。実機で確認したところ「本体設定」のオーディオ回りではDDの設定はありましたがDTSの項目はありませんでした。
 映像メディアの方はパススルー出力で対応、出力機器側に丸投げしているようです。
「Xbox 360」のAV機能を試すXbox360でDVDを観てみる

※5 「METAL GEAR SOLID 4」関連セッションレポート

※6 Wikipedia「バイオハザード5

※7 「鈴木直美のPC Watch先週のキーワード」 内、「EAX」の項目、及び「SoundBlasterX-fi集中講義」(4gamer)内の「そもそもEAXとは?」をどうぞ。



関連記事
[ 2009/06/16 19:20 ] ゲームいろいろ | TB(1) | CM(13)


7.1chに対応とはさすがPS3。
でも機器の値段を考えるとPS3とセットで360の新型基盤買うわw
[ 2009/06/16 21:10 ] [ 編集 ]

へぇ、ゲーム機にもサウンドだけでこんなに違いがあるんですねぇ
まぁ自分家のTVは安物なんで、大して音の違いなんて分からないんですがw
[ 2009/06/16 22:19 ] [ 編集 ]

なんだ、ゲーム機に組み込まれてるサウンドチップの違いについては触れてないのか
[ 2009/06/16 22:37 ] [ 編集 ]

 

> 今後「PS3はリニア、360はDD」という流れが多くなれば、マルチタイトルにおけるPS3のアドバンテージとなりそうです。

既に、初期から含め殆どがそうなっています。私の所有12本のうちオブリと
侍道以外すべて対応してます。(7.1はさすがに少ないです。)
きっと容量さえ許せば簡単に対応できるんでしょうね。

現状、殆どのゲーマーにとってBDのアドバンテージを語る時にすら挙がらないほど
注目度は低いんですよね。実際のところ(タイトルによるでしょうが)DDと
リニアPCMでは、細微な画質対決がバカらしくなるほど違います。

HDオーディオ対応のAVアンプもエントリーレベルまで下がってきましたので、
ゲーマーへの普及を期待したいですね。
[ 2009/06/16 22:41 ] [ 編集 ]

↑訂正
侍道はリニアPCM5.1対応してました。DDが入ってない珍しいケース?です。

すみませんでした。
[ 2009/06/16 22:49 ] [ 編集 ]

実際問題として、5.1chに対応できるサウンド環境を構築できる人とか少なそうだしな。
アドバンテージではあるけど、恩恵を受ける人はあまりいないという…。

PS3はオーディオ機器としてもいい出来だから、オーディオに拘りある人は最初からそっち買ってるんじゃないかね。
[ 2009/06/16 23:08 ] [ 編集 ]

PS3と360の出力の差ってのは、単にHDMIが標準搭載されてたかどうかの違い。
LPCMのマルチch出力にはHDMIが必須だから、標準搭載のPS3では可能だけど途中から採用が始まった360では対応出来なかった。
というか、360のHDMIは映像をデジタル出力させるためだけに搭載されて、音声については従来のS/PDIFで出せるものしか出せないという割り切った仕様だし。

あと、ゲームの音声ってのはいろんな素材をゲーム中にリアルタイムで合成した結果を出力してるから、LPCM出力と入っても素材が圧縮されてるんならそれなりの音質になる。
最終的に更に非可逆圧縮して出力するよりはマシだろうけど。

それと、PS3ならドルビーデジタルだけでなくDTS対応のタイトルもありますし、プロロジックIIエンコしてマルチch音声を2chステレオ音声として出力してるものとかもあります。
本体持ってないけど、おそらく360でもあるはず。
[ 2009/06/16 23:53 ] [ 編集 ]

5,1の環境でFPSするとヤヴァイ
[ 2009/06/17 00:18 ] [ 編集 ]

>実際問題として、5.1chに対応できるサウンド環境を構築できる人とか少なそうだしな。

5.1ch程度なら少ないって言う程ではないかと。
[ 2009/06/17 01:22 ] [ 編集 ]

 プロロジとDTSは、パッケに明記してないせいもあってよくわかんないんですよねぇ…。
 とくに360のDTSについてはワケわかんないです。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20051215/xbox.htm

によれば、360のDVD再生はパススルーでDTSにも対応って書いてますけど、ゲームがどうなのかは謎。wikipediaでは「DVD-VideoはDTSに対応」と書かれています。
 あーややこしいw

 少し調べて、分かった範囲のことを本文の※4あたりで言及しておきました。[2009/06/16 23:53 ]さん、ご指摘ありがとうです。
 360でDTS対応タイトルをご存じに方がいれば、教えてくれるとうれしいです。さすがに家にあるヤツ全部起動してdtsのロゴチェックするのはだるすぎるw
[ 2009/06/17 01:52 ] [ 編集 ]

日本だと5.1ch環境でも十分厳しい
夜なんかとてもじゃないがプレイできねぇ
サラウンドヘッドホンじゃPS3と360の違いも分からないし、海外が羨ましいわ
でもゲーム用なら安物オーディオセットでも十分効果があるし、
いつか実現してみたいわ
[ 2009/06/17 05:55 ] [ 編集 ]

PS3ってスゲーんだな・・・
ウチも取り入れてみようかな。
映像の方は気合い入れてと思ってたけど音の方ももうちょっと頑張ってみようかな。
そんな凄いならちょっと体験してみたい。どうせなら。
ブルーレイとかそれで見てみたいわ
[ 2009/06/17 15:18 ] [ 編集 ]

MGS4と戦ヴァルは世界でも評価が非常に高いと思う。
実際自分が戦場のヴァルキュリアをやった時もちょっとした説明文以外は全てがフルボイスだった事に正直驚いた。
逆に箱のRPGなどをやった時はやたらクラシックなイメージを持った。
MGS4や戦ヴァルは世界でもトップクラスの評価を得ている事を考えると
音声というのは思ってる以上に与える印象が大きいのかもしれない。
[ 2009/06/18 15:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/992-46eff2b2


マリオで行き詰ったステージをコンピューターが自動でクリアしてくれる神機能を導入

“Demo Play(仮称)”と呼ばれているこの機能は、New スーパーマリオブラザーズ Wiiで初めて導入される予定で、主にゲーム初心者のプレイを助ける...
[2009/07/02 02:20] URL miのSでもどうすかwwwww