セクシー美女がやり放題! 「ベヨネッタ」の新作ムービー&情報まとめ 

beyo4015_00.jpg

 セクシーなクールビューティーが露出度を増しながらハデな必殺ワザを使いまくるという「萌えじゃなくてエロス」なスタイリッシュアクションゲーム「ベヨネッタ」。今年の個人的注目度No.1ゲームなわけですが、そちらの公式サイトがリニューアル。新トレーラーをはじめ、いくつかの情報がリリースされました。
 
 ちなみベヨネッタのディレクターは神谷英樹。「バイオハザード2」「デビルメイクライ」「大神」「ビューティフルジョー」などを手がけた人なので、そのあたりのタイトルが好きな方には気になる一本となりそう。
 対応機種はPS3とXbox360。2009年秋発売予定。

 ・ベヨネッタ公式サイト

 リニューアルされたサイトではストーリー、キャラクターなどの新情報を掲載。
 主要キャラクターについての記述は主役のベヨネッタのみですが、かわりに敵となる天使キャラのイメージイラストとキャプションが載っています。
 天使はいわゆる普通のファンタジーテイストではなく、もう少しアートというか前衛的な感じ。比較的ペルソナ4あたりと近しいかな。

 アクションについての解説コーナーもあり、新たに公開されたトレーラーやスクリーンショットと合わせて確認すれば、ゲームのなんとなくのイメージは掴めそう。
 発売予定は今年の秋と、まだしばらく先なのですが、それにしてはかなりの情報量で、見応え充分なサイトとなっています。

beyo4015_01.jpg

beyo4015_02.jpg


 また公式サイトとは別に、開発元のプラチナゲームは「公式ブログサイト」を持っていまして、そちらでも神谷氏が「ベヨネッタネタ」を書いています。

 気になる部分を抜粋。
・ベヨネッタに回避はあるが防御はない。「ヒーローは防御などしない!」(カコイイ)

・4:3モードは無し。通常テレビでは上下に黒帯

・難易度選択アリ。やり応えタップリの通常モードにくわえ「カンタン」と「超カンタン」を用意。超カンタンは「僕の母でもクリアできる難易度を目指す」とのこと。(母=大神でメッセージ送りが分からなくて頓挫するレベル)

・国内・海外で表現は同じ。敵の体バラバラとかギロチンで首スッパとかもあるが、対象は異形の敵のみ。「爽快感を出すために必要なもので、闇雲にショッキングな映像を描きたいわけではない」

・音声は英語オンリー。日本語は字幕で。


 ベヨネッタのどこがイイかって、全体はスタイリッシュさで統一しつつも、キャラのモーションやファッション、造形などでところどころにコミカルさを差し込んで「カッコいいだけ」に終わらせていないワールドデザイン。また、アクションやベヨネッタの技のギミックが豊富で、かつオリジナリティが高いにもかかわらず、パターン的な演出に通じる「普遍的なカッコよさ」を併せ持っているところ。
 まぁ一言でまとめるなら「センスが俺好み」なんです。

 はやく秋にならないかなー。



beyonetta120402.jpg
beyonetta120404.jpg


<関連エントリ>
・セクシー美女が主人公のゲーム動画を集めてみた



 ちなみにですね、公式のフラッシュサイト、ウチのハーフHDなモニタで見ると下が切れる上にスクロールしやがりません。せめてスクロールバーは出して下さい。最近スクロールできなくてどうしようもなくなるサイトが増えてきましたねぇ。作る方はもう少し考えろと…
関連記事
[ 2009/04/15 10:17 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(1)


 

ベヨネッタはここ数年で一番楽しみ
なんと言っても「DMC1で止まってる3Dアクションの次元を押し上げる」的な神谷の自信満々なコメントが凄い
[ 2009/04/15 21:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/901-cc2c2741