国家公認!? EUが「万能エミュレータ」の開発を支援 

欧州で文化保存のため、過去のゲームを全て動かせるエミュレータを開発(Gpara)

過去に作られたゲームを含むデジタルファイルやソフトウェアを動作させる環境を実現しようとしている。欧州連合は、この野心的なプロジェクトに402万ユーロ(日本円にして約4億7000万円)を出資する~

既存のエミュレータは、ハードの移り変わりにしたがって開発しなおさなければならなかったが、“初めての汎用エミュレータ”となるKEEPの場合、新しいプラットフォームへの移行が容易となるという。


 5億弱もエミュレーター開発につっこむのか。本格的だなー。
 欧州は文化を繋げていくというコトを大事にする印象があります。でも4億も突っ込むなら実機多数保存&説明書とかをしっかりキープした方が安上がりな気がしますが。そもそも汎用にする意味わかんねーし。後々、PS3とか360のエミュ製作が簡単になるってことなんですかね?

 これBIOSとか著作権にからんでくる部分の扱いどうすんだろ? 
関連記事
[ 2009/02/17 15:13 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/829-67f20251