グーグル、古代ローマを3Dモデルで再現 

 地球上を自由に旅できるという、好奇心旺盛野郎御用達の地図アプリ「グーグルアース」に「古代ローマの街並みを3Dモデルで再現したよ!」というアドオンが登場しました。歴史好き歓喜。

ge1119.jpg

ge1119-2.jpg

 使い方は簡単で、グーグルアースを起動し「ギャラリー」から3Dのローマをうんたらという部分をチェック。ローマ上空にアイコンが大量出現するので、どれでもいいから適当にクリックすると英語の解説ウィンドウが現れます。landscape、rome landscape、rome buildingとあるので、クリックすると対応したデータがそれぞれ表示されます。landscapeを押さないと、建物データだけが宙に浮くので気を付けましょー

 全体的なモデルの精度はそれほどでもありませんが、コロッセオなどはかなりキッチリ作られてます。
 古代の街へのイメージはなんとなくあるものの、細かい部分は想像で補うことが多かったのも事実。これを使えば「想像すること」をさらにサポートしてくれそうです。

 ちょっと残念だったのは「クソ重い」こと。モデル全部表示したせいもあるかと思いますが、ウチでは「グリグリ動かす」のはムリでしたorz

『Google Earth』で古代ローマを散策、動画(WiredVision)
関連記事
[ 2008/11/19 15:17 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/659-0fa49bab