B-CASカード無しで地デジ視聴&録画が可能に!? 

 地デジ放送を録画できる台湾製レコーダー「フリーオ」。
 通常の地デジ録画機器とちがい、録画したデータを自由に編集できるため、一部動画マニアの間で高い人気を誇っています。
 まぁ実際面倒なんですよねコピーワンスとかって…。コピー制御自体は否定しませんが、バックアップも制限されるのは正直面倒。大事な物であればあるほど念のためって思う心はでかいものです。特にHDDレコーダーみたいに記録媒体の耐久度が低く「いつデータがふっとぶか分からない」状態であれば特に。

 で、そんな便利なフリーオなのですが、地デジ放送を受信するのに必須な「B-CASカード」っていうのが付属しておらず、フリーオを使うには別途B-CASカード付属機器を購入する必要という弱点がありました。
 そんな中、フリーオで「B-CASカード無しで地デジ放送が視聴可能になるドライバ」が公開されたそうです。

  デジタル放送コピーフリー化の「フリーオ」、B-CASカード不要に(やじうまWatch)

 地デジ放送激安チューナーで録画し放題時代到来。
 まぁ現実問題としてはフリーオ持っているような人はすべからくB-CAS持ってると思われるので、技術的な興味として注目されるのかなって気がします。

 なお、フリーオを国内の業者が輸入・販売すると、マジコン同様不正競争防止法に問われるかもしれませんが、現状では個人輸入がメインなようで、その場合、国外の業者に不正競争防止法は適用できないらしいです。というわけで、取り締まるのは難しい模様。
 一応、不正競争防止法には
---------------------------------------------------------------------
~記録した記録媒体若しくは記憶した機器を譲渡し、引き渡し、譲渡若しくは
引渡しのために展示し、輸出し、若しくは輸入し、又は当該機能のみを有する
プログラムを電気通信回線を通じて提供する行為。
---------------------------------------------------------------------
 と書かれているので「輸入」が引っかかるかもしれませんが、個人輸入だと実際に捕まえるのは難しいでしょうねぇ…。あるとすれば税関で差し押さえぐらいでしょうか。
 ただ、最近の著作権やネットがらみの法律は単純な文面解釈ですまなくなっているのが現状なので、「ここはグレーだから安全」てのが通じなくなってる気はします。そう考えると見せしめ逮捕ってケースも全否定はできないかもしれませんね。
 まぁ所詮僕は法律には詳しくないので全部適当な憶測ですが。

 究極的には「コピーを防ぐためにバックアップも編集もできなくしてしまう」という現状の地デジコピーのあり方に問題があるのだと思いますけどね。

<関連リンク>
フリーオ(Wikipedia)
関連記事
[ 2008/08/24 21:34 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/352-6aaa9349