「プロゲーミングマウス」が寿命気味なので、廉価版のG203を買って比べてみた 

 3年前に買ったゲーミングマウス「G-PPD-001(通称:プロゲーミングマウス)」がチャタリング連発するわ、ホイールが逆回転入力されるわと、使っててイラっとすることが増えてきたので、衝動的に新しいの買いました。

 なお、購入後に冷静になって、分解清掃したところ、かなり調子がよくなった模様。
 キレ買いする前に冷静になることが大事という教訓。

Logicool G ゲーミングマウス 有線 G203 LIGHTSYNC RGB 6個プログラムボタン 85g軽量 G203-BK 国内正規品



 「G203」は価格4000円弱という、ロジクールのエントリー向けゲーミングマウス。
 ただ、形状は「G-PPD-001」とまったく一緒。

 「G-PPD-001」の後継は「G-PPD-001t」「G-PPD-001r」という型番で、センサー性能を向上させたうえで、5000円オーバーで販売。
 一方「G203」は、センサーのランクを落とす代わりに、価格を下げた廉価版となっています。

 「G-PPD-001」がとても使い安くて気に入っていたので、今回も後継機の「G-PPD-001r」買おうかなぁと思ってたんですけど、商品ページ見てたら、それより1500円ぐらい安い「G203」の存在を確認。

 僕はFPSはあまりやらないので、センサー性能はそれほど重視してないし、そもそもG203のセンサーだってゲーミングマウス基準だとしても十分すぎるほどに高性能。

 僕にとって大事なのは「軽さ」「ボタンの押しやすさ」「つまみ持ちしたときのフィーリング」。
 形状が一緒なら、この辺は全部同じだろう…と。
 3500円なら、よっぽど気にくわなきゃ買い直せばいいかと思って、安い方を選んでみました。


ざっくりと「G203」と「G-PPD-001」を比較

・メインスイッチの堅さが少し違う
 押したときの間隔がわずかですが堅くなりました。
 1の力で押せていたのが、1.2ぐらい必要になった感じ。
 正直、前の方が良かったです。

 クリック音も違うのでスイッチ自体別物なのかもしれません。
 もっとも、前のは3年使っていたので、その辺の経年変化もあったかも…。
 まぁ、それでも十分軽いですけどw

・ケーブルが安っぽくなった
 ビニールケーブルになりました。
 ただこれは「G-PPD-001t/r」も同じで、編み込みケーブルだったのは初代だけだった模様。
 初代のケーブルと質感と柔らかさが絶妙なバランスで気に入っていたので、これはちょっと残念。

・パッドのキャリブレーションができない
 GHUBという付属ソフトがあるのですが、G-PPDだとマウス表面のキャリブレーションができるのに対し、G203だとその項目が存在しませんでした。
 パッドキャリブレの効果がどの程度あるのかは分かりませんが、気になるところではあります。

 とはいえ、ビニールでも特に困ることはないので、そこまで気にすることではないと思います(長期間での耐久性に一抹の不安は残りますが)。


 これぐらいかなぁ。
 持った感じとか、動かし易さとかは同じです。
 全体的には、良くも悪くも「前とほとんど変わらない」でした。
 意図的にそうしたとはいえ、あまりに同じすぎて不満はまったく無いが感動もまるで無かったw
 
 でも、いいマウスなのは間違いないと思います。
 「つまみ持ち」「小型・軽量」マウスを探してる人には、いい選択肢だと思います。



 個人的には、これ以外のマウスでは、Rayの「Pawn RM-3360」が気になっています。
 買い換えるときに、Pawnのコトをスッカリ忘れててあとで後悔

日本発のゲーマー向け製品ブランド「Ray」第1弾マウスは期待以上の製品だ
Ray PAWNをレビュー

Ray ゲーミングマウス Pawn RM-3360 最大12,000DPI PixArt PMW3360搭載





 買い換えにともなって、最新マウス事情を軽く検索して知ったんですが、最近は「軽いマウス」が流行なんですねぇ…。
 2018年頃は、その少し前にはやった「マウスは重い方がいい」という風潮が残り気味で、主力マウスは100g以上のものがほとんどだったんですよね。
 マウスを肉抜きして売るってのは、さすがに想像できなかったわー。

 個人的には「軽さは正義」と思っているので、穴アキ50gマウスにはけっこう惹かれるんですけど、見た目とか耐久性がなぁ…w

 まぁ、近いうちにアキバでも行って実機触ってみたいなぁと思います。



ROCCAT Kone Pure 2017 – Core Performance RGB Gaming Mouse (正規保証品) ROC-11-725-AS



 こちらの「Kone Pure」も個人的オススメ。現在、これの別バージョンを使用中。
 重さ90g。ちょっとだけ左右非対称。小型でつまみOK。
 ボタン配置やマクロ、シフトキーによる入力多様化など、かなり多機能です。
 ゲームでマクロとかショートカットを「入力しやすいように調整して使いたい」という人にオススメです。
関連記事
[ 2021/03/20 04:14 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/2803-efb36a95