『FF7R』のDLCはPS5専用。スクエニがやっても平常運転すぎてあまり驚きがなかった 

賛否両論? 物議醸すPS5版『FF7リメイク』の発表について考える

 追加要素を低価格で別売するなんて、スクエニにしては随分良心的な売り方だなーと思いました。
 他のメーカーだと割と当たり前ですが。

 ただ、PS4で発売したゲームのDLCを、PS4じゃなくてPS5でしか出さないってのは、なかなか変わった売り方ですよね。
 正直、儲けを考えればPS4でも売った方がいいはずなワケで。
 このへんはSONYとのビジネスが絡んでたりするんでしょうか?

 ただ、どんな理由があっても、「正規版を買ったユーザーがDLCはプレイすることができない売り方」ってのは、あまり褒められたモノではないとは思います。
 こういの見ると、スクエニはユーザーに斟酌しないというかなんというか。
 まぁ斟酌してないから、今までの物議を醸す売り方をしてたんだろうなぁ…。


 で、この発表とあわて、本編のFF7リメイクがPSPLUSのフリプに来ました。
 個人的には話題の作品がタダでプレイできるということで大歓迎なのですが、ヤフコメとか見てたら「DLC部分が遊べないフリプとかケチくさい」的なコメントがちらほらあって少し驚きました。

 今の時代、タダで提供しても文句言われちゃうんですねぇ…。
 月額課金サービスとか当たり前になってきたせいで、個々のコンテンツの価値がだだ下がりな気がしちゃいますね。

 コンテンツ産業の未来は大丈夫なのかしら…?
関連記事
[ 2021/03/04 22:16 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/2800-4d9a579f