『Bright Memory』レビュー:美少女3Dキャラで爽快コンボを決めるFPSアクション 

 美人兵士のシアちゃんが、銃やら光剣やらを持ってバッサバッサと敵をぶっ殺しまくる、FPS-アクション『Bright Memory』をプレイしました。

 Steamでアーリーアクセスとして発売中。
 お値段720円。セールだと500円切る模様。
 アーリアクセスということで、最初のチャプターのみで、クリアにかかった時間は40分程度でした。

 最初は普通のFPSシューターなのかな? と思っていたら、銃を撃つ以外に、剣を使ったコンボ攻撃やダッシュ回避などが用意されていて、シューターというよりは、銃+剣戟アクションといった方がいい感じ。

 華麗で派手なコンボを決めて、ザコどもを一網打尽にするのはかなり気分爽快でした。

 もうひとつ、忘れちゃダメなのが、主人公のシアちゃんのかわいさ。
 3Dキャラマニアな僕としては、専用ビューワーをゲーム内に実装していただき、シアちゃんだけ眺め続けていたいほどですが、あいにくそんなオマケ機能はなく、またゲームプレイ中も、FPSということで、彼女が動きまわる様を見ることはできません。無念。
 ちょいちょい挿入されるムービーシーンで、彼女のかわいさを堪能しましょう。


 40分遊んだ範囲で判断するなら、「気持ちいいアクションゲーム」って印象です。
 アーリークセスでお布施払ってでも、ぜひ完成版をプレイしたいなと思えるぐらいには、よくできてました。
 ナイスクオリティ。

 ただ、700円というお手頃価格とはいえ、40分でクリアできるボリュームで、かつ完成版がいつできるか分からないという状況なのも確か。(一応2020年に新作リリースという告知はされていますが、アーリーアクセスなので予定は未定)
 なので、誰にでもオススメできるか? といわれると微妙な気もします。
 購入するときは「アーリーアクセスの期待作」ということをふまえておかないと、期待を裏切られるかもしれません。

felix2zの『Bright Memory』:主人公が可愛いインディ製3Dアクションをwww.twitch.tvから視聴する





・おまけ:ネガティブ要素

 総じてよく出来ていますが、ちょっと気になったところが2点ほど。
 ざっと書き殴るので、購入の参考にでも…。

操作が複雑すぎる。

 コンボやダッシュと、できることが多いせいが、使うボタンが多く、最初のうちは、どのボタンを押せばどんなアクションを出せるか迷いやすい。
 また、現時点ではキーコンフィグができない(将来的に対応予定)ため、自分なりに最適化することもできません。
 そのため、最初のうちはやりたいことがスムーズにできずにイラつくかもしれません。

 コントローラーでもプレイ可能で、キーボードよりも直感的に操作しやすくなるが、それでもやや混乱しやすい。
 また、エイムが辛くなるという欠点もあるので、一長一短。

3D酔いしやすそう

 画面がけっこう揺れるタイプの表現方法をとっています。
 なので、人によっては酔いやすいかも…というか、僕は危なかった。
 画面揺れを止めるオプションなどはないので、酔いやすい人は警戒したほうがいいかも。


関連記事
[ 2019/12/13 20:37 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/2712-ebd5e73c