ついにPS5が公式発表されましたね。正統進化でイイ感じだけど…値段はいくらかなぁ 

 PS5が2020年の年末に発売されるそうです。価格は未定。

特報:見えてきた「プレイステーション 5」の姿(WIRED)
PS5の気になるポイントをソニーに直撃(ファミ通)
「プレイステーション 5」 2020年の年末商戦期に発売(PS.Blog)

 春頃からリークがあったので、驚きというよりも「やっとか」って感じでしょうか。
 リークで新情報を得るのは楽しいですけど、同時にサプライズを奪われちゃってちょっと切ない。

 今回の発表では、以下のようなことが明らかになっています。

1:CPUはAMDの「Zen2」8コア/16スレッド
2:グラフィックチップはAMDのRADEONの「RDNA」ベース。
1:グラフィックは8Kまでサポート
2:3Dオーディオ機能の強化
3:コントローラーの繊細なバイブレーションで、ゲーム世界を「触感」によって再現する。
4:カスタムSSD搭載。(どう「カスタム」なのかは、まだ発表されていないもよう)
5:PS4との互換は「実現に向けた設計」をしている。
6:PSVR互換
7:物理メディアとして100GのウルトラHDブルーレイを採用。

 機能的には、あまり突飛なものはないようなので、スペックを時代に合わせて向上させた「オーソドックスな正統進化ゲーム機」と言えそう。
 下手にギミックつっこんで基本スペック落とすよりは、きっちりとベースの性能を上げた方が売れると思うので、この方向性はよかったかと。



 問題は価格ですかねぇ…。
 「Zen2の8コア16スレッド」って、今のPCパーツだとRyzen3700になるんですけど、これって単体で4万ぐらいします。
 まぁPS5で使うのは、PCのZen2とは違って、いろいろスペックダウンした省電力版になると思うので、価格は大幅に下がるとは思いますが…それでも、ある程度はしそう。

 SSDも最新型のNVMeだと512GBでもけっこうなお値段。つか512じゃ足りないと思うんですよね…。
 容量少なめの高速NVMeSSDをキャッシュにして、データはHDD保存のほうがコスパはいいと思うんだけど…。
 「カスタム」SSDって表現が微妙だなーw

 あと、コントローラーが超高そうw

 価格については、ソニーの人が「「希望小売価格での販売ができると信じているし、この価格はゲーマーにとって、その性能を考えれば魅力的なものとなるだろう」と述べています。

 「ゲーマーにとって、性能を考えれば」ってのはなかなかのパワーワードw

 APUまわりのスペックがわからないので、価格設定は難しいのですが…、この言い方だと「一般層でも魅力的」な4万以下はなさそう。

 49800円だとゲーマーは喜びそう。
 59800円だと「まぁそんなもんか…」ってところ。
 65000円超えたら「高ぇ」じゃないかなぁ。

 個人的には、5万を超えるゲーム機は爆発的には売れると思えないんだけど…ジワ売れ戦略でもいけるかな?

 あぁ、あとさすがに8K対応はやりすぎw
 4Kまでにして表現力向上させたほうがいい。
 解像度ってパフォーマンスに直結するから無理しないほうが…。

 正直、家庭用ゲーム機ならHDでも十分だし、HDでリッチエフェクト&60FPS確定&低価格のほうが喜ぶ人は多いと思う。
 ヘビーゲーマーの受けは悪くなるかもしれないけどな!w


関連記事
[ 2019/10/11 08:38 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/2694-4c60d033