「フォートナイト」世界大会の賞金総額は33億円。優勝賞金も3億円で一生遊んで暮らせるね! 

eスポーツ「フォートナイト」、米16歳が世界制覇し300万ドル獲得(BBC)

 フォートナイトの世界大会で優勝した、「ブーガ」という若干16歳の少年が、賞金3億3千万円を手にしたそうです。
 ちなみに、ブーガ君がゲームをはじめたのは3歳から。1日8~10時間プレイしているそうです。
 かなりのヘビィゲーマーだね!

 でも、フォートナイトみたいな人気タイトルで世界チャンピオンになろうと思ったら、それぐらいやりこまないとムリなんでしょうねぇ。
 僕が彼のパパだったら「遊んでばっかいないで、やることやれ! 将来こまるだろ!」と言いそうですが、賞金3億円ゲットしちゃえば、一生働かなくてもなんとかなりそうですしね。



 優勝賞金3億円もかなりのものですが、フォートナイト世界大会の賞金総額は、なんと史上最高の3千万ドル=33億円。
 ここまで高額の賞金がかけられる大会が開かれるということは、最近注目を集めている「eスポーツ」ビジネスの「本格化」を感じさせる出来事といえるかもしれません。

 正直なところ、僕は、eスポーツが、たとえばサッカーや野球のような「大衆スポーツ」になるのは、今のスタイルだとムリだと思うんです。

 今のeスポーツは、基本「自社タイトルの販促活動」なので、競技用として整備されていない。
 「客(プロ選手ではなく一般のプレーヤー)を飽きさせないために、頻繁なアップデートでルールが変わりまくる」(リーグオブレジェンド)とか「後継タイトルに移行して、まるっきり別のゲームになる」(ストリートファイター)とか。

 なかなか、この状況だと特定の選手やチームを応援するのは難しいと思うんです。好きで応援してた強かったチームが、大幅なレギュレーション変更で弱小チームに様変わりとか、ガチで応援してたらブチ切れると思うw

 ルールがばんばん変わるスポーツとか、分かりにくいし継続性に欠けるしで、未経験者が娯楽として見るには向いてないと思うんです。
 オリンピックみたいに、たまに開かれる大きな大会でスポット観戦する分にはいいと思いますけど。

 今のeスポーツって「経験者が見るもの」であって、非経験者には取っかかりがなさすだと思います。
 で、ちょっと前までは「eスポーツとか一過性なんじゃないの?」って思ってたんです。
 ただ、賞金ウン億の大会が成立するほどに盛り上がっているのであれば、「経験者が内輪で楽しむもの」というスタイルで人気を博していけるのかもなーと思うようになりました。

 LoLとかフォトナとか、10年後はどうなってるんですかねぇ…。
関連記事
[ 2019/07/31 16:07 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/2676-5395824f