PS5はハイスペックだけど値段も高くなりそう? PCとの差別化を期待したい 

「プレイステーション5(仮)はハードコアゲーマー向けニッチ製品」ソニーCEO語る
ソニー、PlayStation 5はハードコアプレイヤーのためのニッチな製品であると語る

 PS5はスペック重視路線のようです。

 スペック重視自体は正解だと思うんですけど、問題は価格との兼ね合いですよねぇ…。
 PS5に関する報道を見ていると、あまり安くはならないようで、少なくとも5万円は超えてきそうな気配。へたすりゃ7~8万ってケースもあるかなってレベル。

 「ハードコアゲーマー向けのニッチな製品」とはいっても、5万越えると買う人が極端に少なくなりそう。

 昔と比べると、大型タイトルはマルチ展開が当たり前になっているので、普及台数が多少少なくても、PSブランドのパワーで一定数のタイトルは確保できると思うのですが、そうはいっても台数が少なすぎると、ロイヤリティ収入やPS PLUSのサブスク数減少、さらにはネットプレイ対応タイトルの過疎化などなど、デメリットが噴出してくるのは間違いない。

 また、ハイスペ路線だとゲーミングPCが競合相手となり、そこに対して、どうアドバンテージを築き、どう棲み分けていくのかという点も重要になってきそう。

 スマホやゲーミングPC、さらにはストリーミングサービスの台頭により、CSゲーム機を取り巻く環境は厳しくなってきていますが、ソニーがどう舵取りしていくのか、興味深いところです。



 個人的なことを言うと、最近はPCとPS4で遊びたいタイトルがほぼ丸かぶり状態で、PS4を起動しなくなってきました。
 正直、現状のまま未来へ進んでいくと、PCだけで足りてしまってPS5は買わなそう。
 できればPS5では「PS5ならではのゲーム体験」が山盛りになってくれると嬉しいなぁ。
 
関連記事
[ 2019/07/04 05:41 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/2669-5ddc3c6c