ローグとシューティングが融合した傑作『ENTER THE GUNGEON』が無料配信中! 

 ただいま、EPICで『ENTER THE GUNGEON』というゲームを無料配信してます。

EPIC GAME:STORE

 こちらのゲームは、通称「ガンジョン」と呼ばれている、「弾幕シューティング系ダンジョン探索ゲーム(from公式紹介)」。
 ざっくり言うと、「ローグ系RPGのゲームシステムで、戦闘をガチのシューティングにしました」というもの。

 ローグ(いわゆるシレン・トルネコ)のように、毎回生成される2Dのランダムダンジョンを探索して武器やアイテムを集めつつ、次々と沸いてくる敵キャラをシューティングで倒していきます。

 ゲームの軸はシューティングバトルで、それをローグ的システムで味付けしている感じです。
 なので、ゲームの本質は「シューティングゲーム」。ローグライク”RPG”とは言い難いかな。


※日本語対応。コントローラーもOK。

 4~5時間プレイしたのですが、かなり遊びやすく、かつ作りが丁寧で「シューティングゲームの気持ちよさ」と「ローグならではの探索のワクワク感」が、イイ感じでミックスされた良作に仕上がっています。
 シューターとハクスラ系RPGの両方が好きであれば、間違い無く楽しめるはず。
 どっちかのみ…って人もけっこういけると思うw 敵が強いので俺ツエープレイはムリですが。

 ともあれ、6/21までEPIC STOREで無料配信中なので、ぜひ手に入れておくことをおすすめします。


 さて、ガッツリとオススメしておいてなんですが、『ガンジョン』には、今どきのゲームとしては、かなり珍しい部分があります。それは…

 とにかくクソ難しいwww

 ホントに難しいんですw
 僕は5時間プレイでやっと1面クリアできるようになりました。
 でも2面はまるで歯が立ちませんw

 しばらくやっていれば、慣れてクリアできるかもしれませんが、今のところはそんな見通しも立たないほど、壁がそびえ立ちすぎて上れる気がしないw


 このゲーム、シューティングなのに「コンティニュー」ができません。
 途中でセーブもできません(中断は可能)。
 被弾しまくってライフが0になったら死亡。

 そして、死んだら一からやりなおしです。
 拾い集めた強い銃やアイテムの数々はすべて露と消え、ふたたび入口から挑みなおすという、いわゆる「元祖ローグスタイル」を頑なに守っています。

 トルネコやシレンのように「一部アイテムを持ち越せる」といった生温い救済策もなし。
 つまり、いくらプレイ時間を重ねても、ゲーム中のキャラの強さは同じまま。
 もちろん、最近の「ゲームは誰でもクリアできるのが当たり前! テクが無い人のためにイージーモードや無敵コマンドを用意しておくよ!」なんて配慮もなし。
 なんというストイックさwww

 クリアするためには、プレーヤー自身の知識と経験とテクニックを向上させるしかありません。

 僕は自分のことを「平均もしくはやや上寄りのゲーマー」と思っているのですが、その僕が「クリアできないかもww」とか思うレベルなので、もしかすると、『ガンジョン』は「買ったけどクリアできない人の方が多いゲーム」かもしれません。
 いや、きっとそう。



 さて、こんなことを書きなぐっていると、きっとシューターが苦手な人はこう思うはず。
 「どうせ私にはクリアできないから、プレイするのは止めておこう…」と。

 そう、たしかにクリアは難しいかもしれない。ただそれが理由でスルーしてしまうのはちょっと待って欲しいw

 ガンジョンの難しさは、むやみやたらに殺しにくる「被弾前提のクソ高難度」ではなく、うまくなりさえすればノーミスクリアも可能な「理にかなった難しさ」。
 つまり「練習を重ねることでクリアしやすくなる難しさ」です。

 プレイを重ねることで、最近主流の誰でもクリア可能親切設計ヌルゲーだと体感しづらい「うまくなることの気持ちよさ」みたいなものを、ハデに堪能できるタイトルなわけです。

 「難しい」という理由で避けてしまわず、シューターの面白さ、つまり「なかなかクリアできなかったステージやボスキャラを、挑戦をくり返してやっと倒すことができたときの達成感」を、『ガンジョン』で味わうのも、悪くないんじゃないかなぁ…と思います。



 そういや、昔のゲームって、わりと「クリアできない」のも多かったですよねぇ…。
 そもそもゲーセンのSTGとかクリアできないのが普通だったし。
 『ガンジョン』も、仮にクリアがムリだとしても、目の前のステージを楽しむだけでも充分アツくなれると思いますよ!


関連記事
[ 2019/06/18 03:11 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/2662-6998c47a