日本のeスポーツシーンにおける「プロライセンス制度」について思うこと 

 eスポーツが社会的に話題になってきたのを受けて、昨年の2月に発足した「日本eスポーツ連合」(JeSU)。
 そちらが発行している「プロライセンス」関連で、ちょっとした事件が起きたようです。

「ストV AE」大会でももち選手が7位入賞も10万円しか賞金受け取れず 物議を呼んだ“プロ制度”、JeSUの見解は

 なお、JeSUが発行するライセンスに法的根拠などは一切ないです。

 では、なぜこんなものがあるのかというと、JeSUによると「日本のゲーム大会で高額賞金を可能にするため」です。
 日本では景品・賞品の金額に法律による上限規制があります。
 ゲーム大会で賞金を出そうとしても、この規制に引っかかってしまうので、海外で見られるような数百万とか数千万の賞金をかけることが、日本のゲームシーンでは難しくなっています。

 その規制を、現在の法律の範囲内で、うまく折り合いをつけるためのものが「プロゲーマーライセンス制度」というわけです。
(詳しくは、引用元のニュースなどで確認してください)


 「プロゲーマーライセンス」というか、賞金額上限突破の仕組みを整備しようと試み自体はいいことでしょう。
 ただ、それを主導する「日本eスポーツ連合」が、各ゲームメーカーの偉い人の寄り合い所帯というのは、いろいろマズいんじゃないかなと思わざるを得ません。

 JeSUの役員をざっと書いていくと
-----------------------------------------------------------------------
会長:セガの社長
副会長:カドカワの人
専務理事:よく分からない人
常務理事:SANKO(広告代理店?)の人
理事:カプコン、コナミ、ガンホー、その他1
特別顧問:体操連盟会長、サッカー協会副会長、ゴルフ協会常務理事、その他1
-----------------------------------------------------------------------
                                       (JeSUの公式サイトより)

 eスポーツという文化の黎明期に、それを主導するのが「利権がからんでもおかしくない人達で構成された団体」というのは、マズいと思うんですよね。

 例えば、今年の10月に行われる「茨城ゆめ国体」の文化プログラムで実施されるeスポーツ大会のタイトルは「ウイニングイレブン2019」「グランツーリスモSPORT」「ぷよぷよeスポーツ」の3つです。
 この3つがダメだとはまったく思いませんが、同時に「もっと人気あるタイトルあるよね? JeSUの利権がらみで選定されたんじゃないの?」って疑問も抱かざるを得ません。

 eスポーツの足もとがまだしっかりしていない時期だからこそ、その辺りの「公明正大さ」が疑われない体制ができるといいなぁと思います。


 とりあえず、JeSUは、ぽっと出てきていきなり「オレたちが日本のeスポーツを取り仕切る!」みたいな顔をするよりは、すなおに「自社IPを使ってeスポーツを盛り上げていく団体」ってスタンスを明確にしたほうが、ウケがいいのでは…。

 すでに「ぷよぷよ」とか「ストリートファイター」で頑張っているワケですし、そこを足がかりにして「JeSUが日本のeスポーツ文化を盛り上げてきた」って認知されるように地道に活動していけば、日本のeスポーツシーンにおけるJeSUの存在感が揺るぎないものになっていくんじゃないかなぁ。

関連記事
[ 2019/02/26 16:51 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/2636-bb711abf