編集者の立場から「漫画家と編集者の関係ってブラックじゃないよ!」と力説してみる 

 ニコニコニュースで、漫画家と編集者のもめ事あったよニュースが配信されていました。

「漫画家たちから編集者への不満噴出 「1ヶ月かけて1万円」「やっぱり連載させない」「200ページもネーム没」」

 で、最近は「漫画の編集部ってブラックだよね!」的なニュースをちょいちょい見かけるんですが、一応漫画編集もしている立場からすると、「極端な例を挙げているだけなのに、さもそれが一般的」って受け止め方されてるような気がするんですよね…。

 というわけで、「編集者サイドから見た、漫画家さんと編集者の関係」について、さらっと書いてみます。
 なお、以下は僕の体験なので、そうでないケースもままあると思います(一応大手の編集部も知っているので、そのあたりも含まれてはいます)。
 あくまで「そういう例もありますよ」ってことでご理解ください。



 さて、まず漫画家と編集者の話をするまてに、「漫画出版ビジネス」について抑えておきたいポイントをあげておきます。

 コミックスを作るさい、編集部=出版社は多大な資金を投下しています。
 そして、本が売れなければ資金を回収できずに大きな赤字を背負います。

 極端な例を上げてみます。
 新人漫画家のデビュー作品を1万部ほど印刷して販売したところ、1冊も売れませんでした。

 この場合、新人作家には連載時の原稿料と1万部分の印税が支払われます(印税は刷った数にかかるので、どれだけ売れたかは関係ありません)。
 ざっと200万少々といったところでしょうか。

 一方、出版社は本が売れなかったので収入はゼロです。支出は、作家に支払った原稿料200万にくわえ、連載とコミックスの制作にかかった費用、編集者の人件費、本の印刷や製作費、広告宣伝費などがあり、全部で数千万コースです。

 コレは極端な例ですが、現実問題として「コミックスを出したはいいが大赤字」という作品は少なくありません。
 むしろ、出版点数が多すぎて、ヒット作を生み出すのが難しい昨今、デビュー作から黒字なほうが珍しい。

 つまり、ビジネスとして見た場合、出版社のほうが圧倒的に多大なリスクを背負っているんです。

 「作品は作者のものだ」
 という言葉をよく目にします。たしかにそれは真実ではありますが、いっぽうで「出版社のもの」でもあるんです。
 作者の好きなものを作って売れなかったときに、金銭的な面で痛い目を見るのは、作者ではなくて出版社です。
 出版社が、「売れる物」を作るため作品の内容に口を出すのは、ビジネスとして考えれば当然のことです。

 作者が、他人から口を挟まれるずに好きなものを作りたいのであれば、自費出版なり同人活動なりでやればいい。
 商業誌という形態を選んだ以上、「作品は作者と出版社が共同で作る物」とならざるをえません。




 さて、以上前置き。
 これを踏まえたうえで、冒頭の「漫画家と編集者の関係」について書いてみます。

 ニュースなどで見ると、雑誌の編集部はそれはそれはおっかない編集者の巣窟のようですが、僕が知っている編集部は「ひとつのこらずすべて」普通の職場です。
 組織的に漫画家を圧迫したり搾取したりしているところはありません。

 ただし、個人として性格に少々難がある「ヤバい人」はいます。
 でも、これは出版社に限らず、どこの職場も同じはず。

 ただ、出版社と漫画家の関係は、漫画家1人と出版社1人という、1対1のつながりです。
 そのため、「ヤバい人」が担当になってしまうと、漫画家のほうは洒落にならない(逆のケースもままありますが…)。

 通常の職場であれば、誰かが単独で取引先とやりとりすることは少ないと思います。
 大きな打ち合わせはチームでするでしょうし、営業でも数人で向かうというケースが珍しくないでしょう。
 なので、問題ある人がいても、回りの人がフォローできる。
 しかし、編集者と漫画家は、すべてのやりとりが1対1で進むため、両者の関係に問題があることが発覚しにくい。
 そのため問題があっても職場としてフォローすることが難しいんです。

 その結果、冒頭のニュースのような「漫画家と編集者のトラブル」が発生しやすいんだと思います。


 で、もうひとつ抑えておきたいのが、トラブルは「新人作家」と「ベテラン編集者」の間で発生しやすい、ということ。

 僕の知っている限り、編集者のほとんどは常識人です。
 ただ、編集者が新人さんを相手にするときは、「自分の方が知識も経験も上だ」という思いから、どうしても上から目線になりがちです。

 一方で、新人作家さんは社会経験が少なく、ビジネス的な付き合いにおいて、上からモノを言われることに慣れていないケースが多いです。
 結果、被害者意識が強くなりがち。

 こういった「ベテランと新人の確執」って一般社会でも多いと思うんです。
 ただ、普通は表に出てこない。
 同一社内はもちろん、取引先との関係でも、そういったビジネス的なことをSNSで暴露するとか考えられない。

 ところが、出版社と漫画家の場合、それが表に出てきやすいため、「さも特殊なケース」のように見えてしまうのではないでしょうか。


 で、長々と書いてなにが言いたいかというと、「漫画家と編集者(部)の関係は、基本的には一般社会での仕事上の付き合いと変わらない。ただし、漫画家と編集者の関係は「1対1」が基本なため、痛い人物にあたってしまったときに問題になりやすく、かつ問題が解決しにくい」ってことです。

 もちろん、僕が知っているのは、「一部の編集部」であって、すべての編集部が問題ないと言うつもりはないです。
 ただ、基本的には雑誌の編集部というのは、普通の職場ですし、漫画家さんと編集者さんの関係は、ブラックが当たり前なんてものではありません。

 以上、自分の関わっている業界が、一部のニュースだけ見て誤解されてしまうと悲しいので、ざっと弁解してみました!


おまけ1:ニュースになっていたトラブルについて考えてみる



1:当初は1P1万のはずが、完成時に11pの作品を1万で買われた
 これは酷いw これが本当であれば「編集部ぐるみで原稿料ごまかした」なので、けっこうヤバいのではないかと。
 ただ、webの場合「1記事1万」は普通にあるので、「1P1万」が常識の漫画家さんと、「1記事1万」が常識のwebメディア編集の間で齟齬があったのかも?
 普通は、こんなことはありえません。


2:編集部にお金の質問ができない

 これは、作家側の気質の問題で、質問をしちゃいけないなんてことはないです。
 質問して上がるかどうかは別問題ですけど、ギャラ交渉に関しては、どの世界でも同じでしょう。


3:連載予定が突然中止に

 これは編集が悪そう。
 基本的に、編集部の最終決定権は編集長にあります。
 なので、編集長チェックを通らなければ、最後の最後でボツになることは珍しくないです。

 で、編集者はこの仕組みを漫画家にしっかり説明しないといけない。
「読み切りで1位を取れば連載できる可能性が大きい。ただ、最終的な編集部チェックを通る必要があるので、確約はできない」と。

 普通は、こんな感じで言うはずなんですが、調子がいい編集者だと「読み切り1位だったから連載いけるよー。頑張ってネーム書いてきて!」で済ませちゃうなんてことも…。

 この事例の場合、編集長にダメ出し→編集者が編集長に抗えず漫画家をバッサリ切った…ってパターンがありがちかなぁ。


4:200ページネーム書いても全ボツで1銭ももらえない
 これは仕方ないかと…
 ネームってあくまで「プレゼン企画書」みたいなものなんで、企画が通らなければお金はもらえないですよね。

 200ページって聞くとすごそうですけど、32pの読み切りだと6回分ぐらい。
 大変だなぁ…とは思いますが、逆に「6回書き直して採用されないのはおかしい」ってのもどうなのかなぁ…って気がします。


おまけ2:なぜ大手出版社が問題になりやすい


 漫画家と出版社のブラック騒動で、よく叩かれるのが大手出版社。

 すでに書いたように、出版社は本の発売に対して多大なリスクを背負っています。
 そのため、作品に対して口を出す権利を有していると、出版する側は考えています。

 ただ、現実問題として、編集者にもさまざまなタイプがいまして、「作品をよりよくするのが編集の仕事。内容について徹底的に関わっていく派」と、「編集はあくまでサポート、作品の内容は作者の意志を尊重する派」がいます。

 どちらも一長一短なので、優劣はつけがたいのですが、漫画家と衝突しやすいのは間違いなく後者。
 
 で、大手のほうが「作品作りに積極的に関わっていく派」が多いです。
 これは、昔からの伝統的な手法を引き継いでいるからといえますし、さらには自分たちが売れる本を作っているという自負が大きいゆえでもあるでしょう。

 あと、大手のほうが「漫画家を育てる」意識が高いってのもあるかも。
 中小はそんなこと言ってらんないけど、大手は新人を育てる余裕があるので。

 で、なんだかんだで「作品に口を出す編集者」が多いうえに、大手の編集者ゆえに「おれは一流出版社にいるんだ」と考えやすいので、「新人作家を上から見下ろす編集者」にもなりやすい。

 結果、ネーム打ち合わせで作家への接し方が厳しいスタイルの編集が生まれやすいのではないかなーと想像します。
 僕は当事者ではなく、厳しそうな打ち合わせを横から見ている傍観者に過ぎないので、あくまで想像ですけどw

 実際、世間話しているときは普通の人なのに、新人さんとの打ち合わせだと口調がかなりキツくて驚いた…って状況を2度ほど見たことがあります。(あくまで「内容に対して厳しい」であって、「意味なく罵倒するとかこき下ろす」ってワケではありません)
 見てて「漫画家さんは大変だなぁ」って嘆息しましたねぇ。

関連記事
[ 2018/08/30 22:34 ] いろいろ | TB(0) | CM(2)


>結果、ネーム打ち合わせで作家をこきおろす圧迫編集が生まれやすいのではないかなーと想像します。
> 実際、世間話しているときは普通の人なのに、新人さんとの打ち合わせだと猛烈に厳しくて驚いた…って経験を何回かしてますねぇ…。(あくまで「内容に対して厳しい」であって、「意味なく罵倒するとかこき下ろす」ってワケではありません)
> 見てて「漫画家さんは大変だなぁ」って嘆息しましたわw
このエピソードだけでもブラックって推測できますが…(あと"嘆息しましたわw"とwつけて笑い話のように語るのもどうかと
また 吾妻ひでお氏が以前描いてましたが ある漫画家を「あの時つぶしとけばよかった」って言ってた悪質な編集者がいたそうですが そういう業界なんですか
[ 2018/08/31 07:49 ] [ 編集 ]

まず、大前提として「厳しい人が多数ではない」ってのがあります。
そのうえで、猛烈に厳しい人もいて驚いたことはある」って話しを付け加えました。

あと、僕が見たケースはあくまで「厳しいけれど、内容に対して厳しい」であって、罵詈雑言浴びせるってモノではありません。「厳しい口調で注文を付けるのはブラックである」ということであれば、考え方は人それぞれと思いますが、僕は同意できないです。

できるだけ誤解されないように書いたつもりですが、誤解されそうな箇所があったので、少しだけ文章を修正しました。

感想とご指摘、ありがとうございます。

あと、吾妻さんの件は、僕は当事者ではないので分からないですねぇ…。
その件は本当かもしれないけど、それが当たり前の業界ではないですよ。
[ 2018/08/31 11:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/2600-56f7e4f0