Steamで1000円のシンプル街作りシム『Kingdoms and Castles』レビュー 

 セールで、街作りシミュレーション『Kingdoms and Castles』を購入しました。735円。通常は980円。

Steam:Kingdom and Castles

 「敵が攻めてくるタイプの街作りシム」で、値段が安いことから想像できるように、シムシティやCITIES:SKYLINE、STRONGHOLDのような本格派ではなく、シンプルでカジュアルな作りの作品。

 日本語非対応で日本語化MODもありません。
 ストーリーはなく、簡単な説明テキストだけなので英語力は低くてもプレイ可能。
 ただし、説明が少々大雑把なので、細かい数値や効果が気になるシミュレーションゲームという性質上、英語が苦手だとプレイにストレスがたまるかもしれません。



 街の構築でできることは、

住居:住居数で人口上限が決まる。街の住人を働かせて街を発展させる。
:食糧を作る。人口に応じた量が必要。不足すると住人餓死。
木材小屋・採掘場:木材・鉱物を集める。住居など各種建築に必要。
パン屋・鍛冶屋等:素材を利用した二次加工。各種効率のアップ。
教会・広場等:住人の幸福度を上げる。幸福度が高いと移住者が多い。
兵舎・城壁・弓・弩等:防御・攻撃設備。敵の攻撃に備える。

 といった工程があります。
 「小麦を使ってパンを作る」「道具を作って採掘効率を上げる」「教会を作って近隣にすむ住人の幸福度を上げる」といったシナジー要素はありますが、複数の要素が絡んだりはせず、建築物と建築物が1対1の関係で成立するので、それほど悩まずに街作りを進めていけます。

 街作り部分に関しては、AoEやスタクラの「資源を集めて兵力を拡張していく」タイプのRTSの、ベース作成部分を少し拡張した感じのゲームをイメージすると、分かりやすいかもしれません。

 攻めてくる敵は、空を飛んでくるドラゴンと、オーガーと兵士が軍団で攻めてくるバイキングの2種類。
 襲来する頻度が少ないうえに、攻めてきた時もある程度暴れると撤退を始めるので、難度はかなり緩め。
 さらに、こちらの兵力が皆無だとしても、街を焼き尽くすようなことはせず、ある程度壊した時点で勝手に撤退するので、「敵に攻め滅ばされる」という心配はまずありません。

 戦闘部分はあくまで「アクセント」といったところでしょうか。
 ただ、このアクセントがあることで、街作りに明確な「目標」が設定されるので、街の作成がシンプルでありながらも、プレイのモチベーションを高いレベルで維持できるようになっています。

------------------------------------------------------------------

 序盤はお金や資材の制限が多いので、各要素のシナジーを考えながら街作りをしていくと、なかなかやり応えがあります。
 ルールがシンプルで縛りが少ないのも、「何をやれば良いか理解しやすい」というメリットに。
 城壁設計の自由度が高く見た目にこだわれることもあり。何も無かったところの街がどんどん豪華になっていくのは、かなり心躍る感じ。

 いっぽうで、街がある程度まで大きくなってしまうと、シンプルさゆえの奥行きの無さが仇となり、ただの単調なゲームになってしまいます。

 なので、このゲームの楽しみ方としては、「お気に入りのマイタウンを手間暇かけて大きくしていく」のではなく「小規模な街を手軽に作って楽しむ」のが正しそう。
 1000円以下という値段で数時間遊べると思えば、コストパフォーマンスは悪くないと思います。
 
 ただ、本格的な街作りゲームを期待して購入するとガッカリすること受けあいなので、そこは注意が必要。
 逆に、街作りゲーム初心者には、手軽に街作りの醍醐味を味わえるという意味で、最適かもしれません



【おまけ:『Kingdoms and Castles』の攻略ポイントいろいろ】

・鉱物は基本無限。木材は「chop」で集めると森を伐採しつくしてしまうが、「Forester」を建てると伐採と植林を同時に行って実質無限収集が可能になる。
・ベーカリーの「パン」や、鍛冶屋の「ツール」類は素材が足りないと役に立たない。小麦や木炭の供給量に注意。
・火事対策は井戸設置で。井戸の効果範囲内では消火活動が発生する。
・労働者の割り当ては自動で、任意に変更できない。
・労働者の数が足りないと、新規建築は保留される。人口が増えないといつまでたっても新しい建築が進まないので、採石場、パン屋、集積所などの活動をストップさせて、強引に労働人口の空きを作る必要がある。
・弓矢を複数配置しておくと、ドラゴンは簡単に撃退できる。軍人はいなくてもいい。
・バイキングが上陸する場所は毎回変わる。城壁設置は全方位に対応を。

関連記事
[ 2017/12/14 17:53 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/2545-b7c05353