SF国家運営SLG『STELLARIS』が楽しすぎ。機械帝国から宗教連合まで、自らの手で星間国家を作りあげる! 

 『Stellaris』が超楽しくて、なかなか止まりません。気がつくと就寝時間が数時間単位でズレこんでいきます。
 ここまでの時間泥棒に出会ったのは久しぶり。

 『Stellaris』は、SFな国家興亡シミュレーション。
 銀河の片隅で星1つで始まる国家を操り、他の星系の調査探索、コロニー船での移民、異種族の統治、多文明との攻防などを経て、数百年数千年単位での歴史を楽しむゲームです。

 ジャンル的には「4X」と呼ばれていて、「"eXplore":探検、"eXpand":拡張、"eXploit":開発、"eXterminate":殲滅」という4つの要素を兼ね備えたゲームとなっています。
 「4X」の代表作というと、『Civilization』シリーズが挙げられます。

 『Stellaris』は、SLG好きなら聞いたことがあるであろう「Paradox」製のタイトルで、ここ数年でリリースされた「4X」ゲームとしては、トップクラスの評価を得ています。



 Civと比べるて大きく違うのは、Civは「国家を運営する」という経営シミュレーション的な部分の比率が大きいのですが、Stellarisはより「国の形をデザインして、その歴史を眺める」といったサンドボックスゲーム的な要素が大きいこと。

 Stellarisは経営SLG部分はシンプルに進められうようになっているため、することがそれほど多くはありません。
 Civと比べると単調とすら言えるかもしれません。
 一方で、こだわれる部分はこだわれるようになっていますし、ちょっとしたフレーバー的な要素をさまざまなところに散りばめることで、プレーヤーが思い描くSF的銀河帝国を作り上げやすくなっています。

 つまり、銀河帝国を作り上げ、その興亡を「眺める」ことを楽しめるのが『Stellaris』といえます。
 国家運営SLGというよりは、サンドボックス的ゲームと言えるかもしれません。



 ちなみに、僕は現在3週目プレイですが、それぞれの国の歴史はこんな感じ

・異種族との共存をめざす平和主義民主国家。
 指向が似ている異種族国家と星間連盟を結成。他国への侵略戦争は避けたいが領土は広げたいので解放戦争の名の下に星系を独立させ、連盟にくわえていくことで拡大していく。
 銀河を半分ほど手に入れたところで、退廃していた帝国が突如自浄作用を起こして強大化。戦争が始まり首星系をはじめ重要星系を立て続けに奪われて敗北。

・奴隷とロボットを駆使して版図を広げる寡頭制銀河帝国。
 弱小国に対して一方的に侵略していき勢力を広げる。こちらと同等の力を持つ国と銀河の覇権をかけて総力戦を行っているときに、外宇宙から謎の侵略者が現れて銀河中に増殖。星系をつぎつぎと壊滅させられ国家崩壊。

・寡頭制なテクノロジー至上主義国家。
 銀河の半分を支配する連盟国家と戦争中。高いテクノロジーをもつ艦隊によって、有利に戦争を進めている。


 他にも世襲制の帝国や選民思想の異種族奴隷国家なども可能。
 用意されている様々なテンプレートを自由に組み合わせることで、多種多様な星間国家を自由に作り上げることができます。

 SF好きで、国家興亡や群雄割拠的な話が好きな方に、ぜひプレイしてもらいたい1本です。

 定価4000円、セールだと3000円以下で購入可能。
 日本語には公式対応していませんが、日本語化MODがあり、Workshopでサブスクライブするだけで日本語化が可能となっています。





関連記事
[ 2017/11/16 23:56 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/2540-b83b0705