スクエニの新作RPG「Project X」の正体は、あの「ダンジョンシージIII」 

スクエニ、Obsidian開発のRPG最新作『Dungeon Siege 3』を正式発表!

 「ダンジョンシージIII」キターーーーーーーーーーー

 いやぁ…予想はされていましたが、それでもここでDSがくるのはちょっと感慨深い。スクエニとか想定外すぎるw
 前作はPC用でしたが、今回はPCに加え、360とPS3版も発売されます。っていうかむしろコンシューマーがメインなんだろうなー。

 ちなみに「ダンジョンシージ」は、かってマイクロソフトから発売されたPC用のRPG。02年に「I」、05年に「II」が発売され、それぞれ日本語版もリリースされました。
 Metacriticのスコアを見てみると「I」が86、「II」が80となっています。


 多くのクエストを受けながら物語を進めていく見下ろし型のRPGで、当時のRPGとしてはかなりのキラータイトルでした。
 中身的には、最近のタイトルだと「セイクリッド2」あたりが一番近いんじゃないですかね。セイクリッド2やってないですが。

 よくディアブロと比べられることがあるけど、あれよりは遥かにクエストシステムに寄ってます。ハック&スラッシュ的なおもしろさもありますけど。


トレーラー


ゲームプレイ



 今回はIとIIを製作した Gas Powered Games は監修という立場にまわり、実際の開発は Obsidian Entertainment になります。詳しくは知りませんが、ネバーウィンターナイト2作ったところらしいんで、中身はガッツリ洋ゲーになるでしょう。
 ちなみにObsidianの最近の作品は「Alpha Protocol」。あと「Fallout: New Vegas」を開発中。

 で、個人的にはかなり期待のタイトルなのですが、日本でどうかって言われると、おそらくはもろに洋風路線RPGなんで、ビジュアル的にもゲームデザイン的にも国産RPGとはベクトルが違うでしょうから、あんまりヒットは望めなそう…

「スクエニのRPG」ではありますが、中身は海外メーカー製作のバリバリの洋ゲーなワケで、そこはしっかり抑えておいたほうが無難。
 まぁスクエニの知名度で海外RPGがある程度人目に触れる&人気になって、10万ぐらいをコンスタントに狙えるようになるとローカライズも増えてきて万々歳と…。マスエフェとDragonAgeを日本語でやりたいんです。

 でも逆に、FFとかドラクエとかスターオーシャンみたいの期待して買った人はガッカリして余計洋ゲー嫌いになっちゃうかもなぁ…。


 つか、書き終わってから気がついたけど、これフランスで発表だったんで日本ではどうなのかは未定。まぁ最近のスクエニの流れを見ていると、多分発売すると思います。て言うかしてね。

関連記事
[ 2010/06/08 10:59 ] 海外ゲーム事情 | TB(0) | CM(2)


ほんとキター!って感じですね
個人的にはKHとかより衝撃的ですw
「Project X」にGPGが関わるとはありましたがまさかのまさか

ちょうどセイクリッドやっててDSしたいと思ってたところでした
1のようにやたらと気合の入った吹き替えだといいですね
[ 2010/06/08 14:04 ] [ 編集 ]

1、2やったこと無いが楽しみだ
[ 2010/06/08 17:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/1470-fb7ad5cd