再生支援対応のβ版Flashプレーヤーで快適ニコニコ生活 【CPU使用率激減】 

 ビデオカードの動画再生支援のお話です。ニコ動とかYoutubeの動画を、ブラウザで可能なかぎりスムーズに見てみようと。

 最新のビデオカードにはハードウェア的にH264エンコードの動画再生を支援する機能がついています。
 ただし、ハードウェアにそういう機能があっても、ソフトウェア側で対応していないと、その恩恵にはあずかれません。
 有名どころでは動画プレーヤーのMPC-HCあたりについてて、ちゃんと使えば720pぐらいのmp4動画をCPU使用率1%とかで動かます。

 ただ、おそらくmp4動画を再生する機会が一番多いと思われる「動画サイト」では、この機能は利用できませんでした。というのも、ブラウザ上で動画を再生する「flashプレーヤー」が動画再生支援に対応していなかったから。

 しかしながら、こっそりとリリースされているβバージョンのFlashプレーヤー10.1では、ハードウェア再生支援機能に対応しています。
 さっそく試してみました。
(リリースされてたのは11月だったんで、今更間がアリアリですが気がついたのが今日だったんで仕方ありません。)

 配布サイトはコチラ(英語)。
 右側の「Get the Flash Player 10.1 prerelease」からダウンロード。Pluginとactive-xがありますが、僕はめんどくさいので両方入れました。違いが気になる方はぐぐってください。
 なお、インストール時には既存のFlashプレーヤーをアンインストールしないとダメらしいです。

 インストール後、動画上で右クリックでFlashの設定画面を呼び出すと「ハードウェアアクセラレーションを有効化」というチェックボックスがあるので、オンになっているかを確認。

 で、コチラの1080p動画でオンオフでどれぐらい不可が違うのかを試してみました。



 オン:使用率 20~40%
 オフ:使用率 60~80%

 かなり変わりました。他にもいくつかHD動画で試したところ、同様の結果に。
 さらにニコニコの高画質モノも比較再生してみると、20%~30%ほどの使用率効率化を確認できました。

 普通にスムーズな再生ができていれば動画処理の重さを気にする必要はありませんが、「コマ落ちウゼー」なんて悪態付きまくりの方は試してみるのもいいかもしれません。
 まぁビデオカードに再生支援がついてないと意味ないんですが…。

 あぁ、あとまだベータ版なので導入して調子が悪くなっても知りませんw またh264動画でもモノによっては支援がきかないこともあるようです。ちなみに今日クソ思い動画でイロイロ試してたらOSがフリーズしました。
 すべて自己責任でどうぞ。

 以下の記事が詳しいので、興味がある方は併せて読むといいかと思います。
Flash Player 10.1のDXVAサポートを試す ~IONネットブックで1080p動画がコマ落ちなしで再生可能

<関連リンク>
動画再生支援機能で快適ニコニコライフ…!?
 かなり前の記事なのですが一応…。現在はPowerDVDの体験版からコーデック抜けないし、CoreAVCも「基本的には」フリー版の入手は不可能です。
 まぁMPC-HCがフツーに再生支援対応しているので、それ使えばイイと思いますが…。
 MPC-HCで再生支援がオンになっているかどうかは、再生中に右クリックしてフィルタ→MPC VIDEO DECORDERで「DXVA Mode」になんか書かれていればOK。Not Usingだと支援されていません。
関連記事
[ 2010/04/22 18:55 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/1416-2ceec371