話題のNatalは50ドル? 周辺機器に50ドルは高いか安いか 

 ゲームアナリストとして有名っていうか、この人以外はほとんど名前がでてこないMichael Pachterさんが「ナタルは50$」と大予想しているようです。

Michael Pachter「Project Natalの販売価格は50ドルになる」

 僕はこの人の言ってることは全く信用しないというか、思ったことをそのまま口にしている占い程度にしか思っていないので、この発言自体はぶっちゃけどうでもいいというか華麗にスルーなんですが、おもしろかったのは、この記事が載っているGameSparkのコメント部分。

 50ドルは高い派と安い派に割れてます

 僕は「妥当な値段」か「あえて言えば安い」ぐらいと思ってますが、単に「周辺機器」として考えれば高いのも確か。

 ただWiiとか地味に周辺機器が高くて、Wiiコンとか単体購入で3800円とかするんですよね。ボードもソフト込みで8000円ぐらいするし。
 Wiiとかかなりの人がコントローラーやボードを追加購入していると思われ(2個目コントローラ商売でかなり儲かってると思う…)、ソフトさえしっかりしていれば5000円ぐらいなら大丈夫なのかなって気はします。

 まぁゲーマーよりはファミリーユース狙いの方がいいんじゃないかなって気はしますが。そっちの方がお父さんが贈り物ノリでドーンと購入しちゃいそうだし。

関連記事
[ 2010/02/22 15:30 ] 海外ゲーム事情 | TB(0) | CM(1)


高い安いを判断する前にまずNatalの仕様を確定させて欲しい
E3'09発表時の内容で50ドルならLiveビジョンと比較しても安いと思うけど
その後の情報だと期待半分ぐらいで待ってた方が良さそうだし
[ 2010/02/22 19:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/1336-25a40de0