今さらだけど『ペルソナ3』のエンディングについて語ってみた【感想文】 

 ふとペルソナ3ポータブルでも遊ぼうかなと思ったんですが、「そういやP3ってエンディングが最悪だったような…」とか考えだし、気になったのでニコニコでP3Pのエンディング見たら記憶どおりの最悪エンディングだったのでプレイ中止。PS2を引っ張り出してP4を遊ぶことにしましたw


 で、世間ではあのエンディングってどうなんだろ? ってのが気になってぐぐったところ「エンディング考察サイト」みたいのがあって、そこに開発者インタビューが載っていたので読ませてもらいました。

ペルソナ3ネタバレED考察スレまとめ

 以下、インタビュー引用と、それを読んだうえでの僕のペルソナ3エンディングにまつわる感想文。
 なお、僕は「人が●●話」ってだけで無条件に否定するぐらいにそのタイプが嫌いなので、今回も「まず否定ありき」な気が我ながらw 客観性とかゼロの俺的嗜好中心となっておりますので、ご了承ください。


ペルソナ3FES PV (P3エンディング後のネタばれ含む。要注意)




ペルソナ3、資料集や雑誌インタビューまとめ
 ゲームを装置として、いつかは死んでしまうことを体験してみてください。死の疑似体験を経て、現実の中で死について、生について考えて見て欲しい。

 極端な話をすると、エンディングで生き残ってもいつかは絶対死ぬので単に「生き永らえた幸福感」だけ描いて終わったら、この作品としては尻切れというか、テーマに触れない結末になってしまうと思いました。
 死が絶対的な不幸なら、全ての人は最後は不幸ということになってしまう。でもそうじゃないと自分は思いますし、この作品で伝えたかった重要な点でもあります。
 だから、万人がいつか必ず体験する結末のデフォルメとして「最高の充実の中で事切れる」というハッピーエンドを描きました。

 終わりは必ず、すべてに訪れる”ということをテーマに入れたかったんです。つまりは人生にも訪れる生にも訪れるわけで、全ての人に最後は死が待つと。
 もっとも日常的に死を思いっ放しじゃ憂鬱になってしまいますけど、目を逸らしたままじゃ充実した生き方はできないと思います。


 あぁそういう意図だったのか…と。
 コレに関しては「そういう考え方というか、作り手の思想っていうのはあるかもなぁ」と理解はできました。
 だからといって、あのエンディングを受け入れようとは思いませんがw

 以下は僕の思いっきり主観なんで同意を求めはしませんが、「死が絶対的な不幸なら、すべての人は最後は不幸になる。でもそうじゃない」って前提が納得できないんですよね。
 死が不幸かどうかで言えば、不幸に決まってるんです。死なないで済むならその方がいいに決まってる。
 避けられない不幸だから、どうすれば「マシに受け入れられるか」って悩むんであって、死なないで済むならその方が良いんです。
 よくある「人は死ぬからよりよく生きられる」みたいな哲学がありますが、あれも説得力ありません。そんなもんなくても頑張れる人は頑張れる。死の存在があることで真摯になりやすいってコトはあるかもしれませんが、死がなくても真摯にはなれるはずです。時は繰り返さないのだから。

 もちろん「大往生」ってケースはあるでしょうが、それは「死ぬことが幸せである」とはちょっと違うと思うんです。満足できるかどうかを人生トータルで評価できるか? ってことじゃないでしょうか。

 で、まぁそういった死生観は抜きにして、製作サイドのエンディングの意図を踏まえたうえでも、二つの大きな疑問というか文句が出てきます。

 一つ目は「果たしてあのエンディングを、遊ぶ人が望んでいたか?」ということ。

 死を描くお話があってもいいとは思います。僕は好きじゃないですが、目を背けたいものの物語、近づきたくないものの真実を描く物語があってもかまわない。例えば戦争のお話なんかは見ているときはイヤな気分になりますが、だからこそ戦争の酷さを理解できるのでしょう。そこまで重くなくても、薄幸の美少女の物語を見て思いっきり泣きたい時もあるかもしれません。

 でも、そういった物語って覚悟して見るもんだと思うんですよね。「悲しい話を見たい」「目を背けたいけど真実を知りたい」って。
 でもペルソナ3は明らかにそういった類の物語ではなくて、遊ぶ人のほとんどが当たり前に楽しめる娯楽的なお話を望んでいると思うんです。
 そこに哲学的な話を持ち込んでくるのとか明らかに不意打ち。製作者が語りたかった哲学に感心する以前に「なんでこんなキツい話にするかなぁ」というネガティブな気分の方が強くなります。

 もう一つは、満足する死とか言う割に、どう考えても主人公がやり残したことが多すぎて悲劇性が強くなっていることが激しく引っかかります。

 コミュニティで絆を作らせまくり、好きな女の子と恋仲になって「これからも一緒にいようね」みたいなコトを言わせてるワケですよ。
 にもかかわらずいきなり死亡と。
 どう考えても主人公は満足できなそうだし、残された人たちにも悲しみしか残らない。むしろあれで思い残すことが無いとか言ったら、どんだけ薄情な人間なんだよと。
 最低限、物語の中の人物、ゆかりや順平たちが「主人公の死を納得できるもの」程度の肉付けをしてもらわなければ、読んでいる方も納得できないでしょう。

 だいたい高校生ぐらいの年齢で死ぬのなんて「早すぎ」以外のなにものでもない。

「生きるとは何か」「満足して死を迎えること」をテーマとするには、ペルソナ3のコミュニティ&学園生活システムがまるでかみ合ってないんです。
 もし同じようなストーリーで主人公を大往生させたいなら、せめて主人公を40歳オーバーにして人生を思いっきり謳歌してきたという設定にし、さらにはコミュニティも「俺たちいろいろあったよな」と言える様な人たちにしないと違和感出まくり。

 でも、そんな設定にしたら確実に売れないでしょう。「学園生活で恋愛や友情を楽しみましょー」ってのが受けた部分なワケで。「マーケティング的なものも含めて世界観を作ったけど、ストーリーだけは好き勝手につくっちゃいました^^」みたいな印象なんですよね…。


 まぁ、ぶっちゃけ「後日談」の存在があきらかにジャマというか「蛇足」でしたねぇ…。
 あれがなきゃ遊んでいるほうが好き勝手に「生きて俺の美鶴と幸せな人生をおくった」とか「命をかけて世界を救った見事な人生」とか妄想できたんだから。

 そういうわけで「FES」は「主人公は立派に戦い…そして死んだ。見事だ!」という人たち向けということでOKなので、ぜひもう一つ「主人公は立派に戦い、生きることの素晴らしさを知って充実した人生を歩みだしました」という「FES2」をお願いします。「ペルソナ3ポータブル・FES -Another Side-」とかどうですかね。

 ていうか、ポータブルってFES分入って無いみたいですけど、物語の位置づけってどうなんだろ…。PS2で遊んでねw って感じなのかなぁ。

Powered by fun9.net
関連記事
[ 2010/01/19 14:36 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(73)


リア充になるにはそれくらいの代償が必要なんだ
ってすんなり受け入れたが……
てか、リア充以前にP3の主人公は最大5股だっけ?
大真面目に初回プレイ時はやりすぎて往生したのかと思ってたわw
[ 2010/01/19 14:52 ] [ 編集 ]

全作一人称で話が進むメガテン系列で
プレイヤーの生死という重大な選択を選べない
本編中は色々選択できるのにラストだけ強制死亡ってイミフ
その上死んだ理由も不明
後日談で判明したけど…
[ 2010/01/19 15:59 ] [ 編集 ]

田中の発言は要するにいつか死ぬんだからいつ死んでも違いはない
という点でアホかと思うわ
しーたーさんの言うとおり死ってのは不幸だし
夭逝なんて不幸中の不幸
「真っ白に燃え尽きちまったぜ真っ白によ」とかは結末としてはありだけど
少なくともHAPPYENDではない
P3FESはプレイする気が起きない…
[ 2010/01/19 16:17 ] [ 編集 ]

P3でおわらしといた方がいいと思う
後日談やってると嫌になってくる
受け入れられないのもあるけど嫌になってくるわ
1月31日まで懸命にやってきたのに主人公が片付けて死んで終わりはどうも納得できなかった
その分、P4のベストエンドは素敵な終わり方だったけど
[ 2010/01/19 16:41 ] [ 編集 ]

なんというか…まいっかw
自分が求めている終わり方と違うからやらねというのも一つの選択肢です

まぁ、メーカーさんはお客様の望まないお話をつくっちゃいやんとも思いませんし
こういう物語もありかなと結構すんなり受け入れちゃいましたw
リア充生活満喫して世界救って最後は膝枕…最高な人生じゃないか!
[ 2010/01/19 16:45 ] [ 編集 ]

というか主人公が死ぬってかなりキツいよプレイヤーは
[ 2010/01/19 17:08 ] [ 編集 ]

主はメガテン系列初だろうな
哲学的な話やヘビーな話は切ってはなせない事だぞ?
ペル1.2も同じ
いきなり変えろっつうのは違うんじゃないか?
私はこのEDによって作品として深みがましたと思うな。
P4はなんか薄かったし
[ 2010/01/19 17:43 ] [ 編集 ]

俺はこのエンドはありだと思うぜ
死が必ず不幸なんて、そんなのは勝手な価値観だろ
[ 2010/01/19 18:38 ] [ 編集 ]

 デビサマと初代メガテンとペルソナ1はやってます。やったのが昔過ぎてストーリーとかまるで覚えてませんがw

 うろ覚えな印象がもとなんですけど、pシリーズはメガテンとか前のペルソナと比べると、ゲーム中のノリが軽すぎて、重い話を語る雰囲気に無いんですよね…。メガテンならではのダークな雰囲気が漂ってないというか…。
 メインストーリー部分は重く仕上げてますが、このゲーム、さわやか青春ノリなコミュ部分にもかなり比重かかってますし。

 あと、主人公の生き様をもっとアツく描いてくれれば、もう少し納得できたかも。まっ白に燃え尽きたボクサーとか宇宙を統一したあの人みたいに…。
 あまりにあっさり死んじゃうもんだから「生きるとは何か?」を考えるとこまで到達せず、「なんで殺すかな…」で止まっちゃう気もします。

 まぁやっぱり後日談が余分だと思うw
[ 2010/01/19 18:43 ] [ 編集 ]

主人公に感情移入し過ぎちゃう人にはキツいだろうな
[ 2010/01/19 19:50 ] [ 編集 ]

その後東京受胎か核攻撃で皆死ぬから問題ない。
[ 2010/01/19 23:36 ] [ 編集 ]

P3のエンディングは良かっただろ・・・
自分の身を捨ててでも世界を守ったっていうのが
良く出てたよ。

駄目なのはP3FESの方だな、あれはマジで救いようが
無さ過ぎる。
[ 2010/01/20 00:10 ] [ 編集 ]

後日談を無かったことにされるP3FESとFFⅩ-2だけど
FFはねーよwってレベルだがP3は絶対認めない!ってレベルだからな
拒否の具合がまるで違う

まぁP3の男主人公は専用スレまでたってかなり気持ち悪い感じになってるらしいからな

「主人公は男以外認めない!女なんてありえない」
「女主人公がメンバー全員とコミュ築けるのが気に入らない」
とか最近は喚いてるし
[ 2010/01/20 01:17 ] [ 編集 ]

フェスを後日談未プレイのまま本編クリア直前で放置していたことを思い出した。
なんか評判悪いけど他人からネタバレされるのもしゃくだしなぁ。
ひっぱりだすか。
[ 2010/01/20 01:32 ] [ 編集 ]

私から見たら、ここでFES絶対認めない!!!!
とか言ってる人も、自分らが批判してる人と同じように見えますがね
[ 2010/01/20 10:41 ] [ 編集 ]

 

エンディングより、理事長が
急にありきたりの悪党に変貌したのがガッカリだった。
[ 2010/01/20 10:48 ] [ 編集 ]

主人公がどうこうより、それまでやってきたコミュとか完全無視でアイギスヒロインエンドにムカついた。
[ 2010/01/20 14:01 ] [ 編集 ]

MEMENTO MORI、直訳すると「死を思え」となる
死を傍らに意識して現実を丁寧に生きろって
メッセージを含めてんでしょう。
そういや日本橋ヨヲ子の漫画にも似たような話あったな。
[ 2010/01/21 00:12 ] [ 編集 ]

しかしメメントモリの原義は「生を楽しめ」なんだなこれがw
いわゆる婉曲表現。死は避けられない、だからこそ今を楽しんで生きよ。
特攻隊まがいのP3死亡EDは私もあんまり納得できないですな。
[ 2010/01/21 03:27 ] [ 編集 ]

>どうでもいい
[ 2010/01/21 14:21 ] [ 編集 ]

mement moriってそんな薄っぺらな言葉じゃないぞ
当時はペストの大流行で無数の村落やら都市やらが全滅したから
割とガチで社会が死の恐怖に支配されてた
[ 2010/01/21 20:50 ] [ 編集 ]

>まぁP3の男主人公は専用スレまでたってかなり気持ち悪い感じになってるらしいからな
「主人公は男以外認めない!女なんてありえない」
「女主人公がメンバー全員とコミュ築けるのが気に入らない」
とか最近は喚いてるし


これ逆に女主人公信者も散々行ってるよ。
女主人公は男主人公と違って仲間全員とコミュれたから封印から帰ってこれる、だって皆に愛されてるから
女主人公こそ正史。男主人公はそのまま封印されてればおkだってさ

つまりどっちもどっちと
[ 2010/01/21 23:35 ] [ 編集 ]

すげえ根本的な質問なんですが

女主人公は死なないの?

[ 2010/01/21 23:51 ] [ 編集 ]

>いわゆる婉曲表現。死は避けられない、だからこそ今を楽しんで生きよ。
だからそれ用のエンディングが用意されてた気がするけどな
[ 2010/01/22 01:01 ] [ 編集 ]

P3は主人公が死んで終わりじゃないとすっきりしないなぁ。
死そのものと戦って、そして勝った、っていう
最後の戦いの説得力がなくなってしまうし。

フェスはフェスで、残された者の迷いだとか成長が見られて個人的には満足できた。
特に順平の成長がよかったなぁ。
フェスの順平は「ああ、こいつの心には主人公の記憶が生きてるんだな」って一番伝わってくるキャラだった。

主人公死ぬ系の結末が苦手な人のためにマルチエンディングで生存ルートも選べてもよかったなとも思うけど。
[ 2010/01/22 06:19 ] [ 編集 ]

「メメントモリ」はゲーム本編無関係
アニメーションを発注した外注の会社が勝手に入れたって
インタビューで言ってた
[ 2010/01/22 08:50 ] [ 編集 ]

-

というか、話の中盤でこの展開は読めたのだが…。

この作品が人生、生きる事をテーマにし、死をえがいてる以上、ラストは主人公死ぬだろうなぁ~って。

だからすんなり受け入れられたし、綺麗な上手いつくりだったと思う。

主人公が40まで生きて…って感想とかについてなんだが…。

某カストルのアニキを見てみなよ。
高校生と言う年齢で、戦いの途中で死んでるだろ?
うちが高校生の時も、事故で一人死んだよ。

人は必ず大人になって老人になるまで生きられるわけじゃないんだよ。
君だって俺だって、明日死ぬかもしれないんだぜ?
そういった事をあの作品はえがいてるんだよ。
少なくとも、うちみたいなユーザーはああいう物語を求めていた。
最近のユーザーがゆとりすぎる…。
[ 2010/01/22 08:59 ] [ 編集 ]

p3やったことがないけど金払う身としては納得できない展開はやめてほしいと思うのは当然だと思う。

特に人が犠牲になるのは。
3より4が人気なのも本編は深くて考えさせられる話ではないけど楽しかったからなのかな。

最近のゲームにありがちなのか分からないけど深い話を作ろうとして不快な話になっているときがあるから。
[ 2010/01/22 21:38 ] [ 編集 ]

そんなに真面目にゲームで「死」を語らなくても良かったのにと思う。せめて後日談なんてもの作らないで欲しかった。ベヨネッタくらいの明るさで行っても良かったと思うw
[ 2010/01/23 03:10 ] [ 編集 ]

P3Pしかしたことないんで、フェスのエンディング知らないけど

主人公が死ぬっていうエンディングはありかもしれないけどさ
若くして死んだ主人公の周りの人を考えると、憂鬱やなぁ
まあ、それも人生という感じもするけど
製作者に身近な若い子が亡くなった経験が無いのかな

でも、ゲームは自体は面白かったな
久しぶりにゲームしてて、楽しかったっす
PS2を引っ張り出してきて、フェス買ってやってみよかな
[ 2010/01/23 09:37 ] [ 編集 ]

死ぬことよりも唐突なアイギス膝枕強制が不可解
FESも製作者のアイギス萌えだけで出来てる糞続編だし。
本編は面白かったけど、FESがある以上どんなに真面目なこと語られてもハイハイって感じ>製作者
[ 2010/01/23 16:57 ] [ 編集 ]

タナトスが体の中にいたから、死んでも仕方ないね!とは思えなかった
世界を守るには仕方なかった!とも思えなかった
今思い返しても納得いかんし感動もできん
FESでも生還ないし、みんな「死んだやつは忘れよう!」みたいになってて虚しくなった

ただ言えるのはこんなゲームだったけどその続編は買っちゃった。ってことだ
ゲームとしては面白かったから許せた。もちろんP3Pも楽しんでプレイさせてもらったよ
[ 2010/01/23 17:16 ] [ 編集 ]

ああ~この事無印P3の時2chとかでスレたってたな
考察本スレ住人が「主人公は死んだ!」「死んでない!」で罵り合ってお互いをアンチ呼ばわりしてたわ

本スレが罵り合ってる間にアンチスレの住人がこれ制作者の「俺が望むカッコいい死に方見て!」て自慰だよなって結論すぐにだしてたなw

「死の疑似体験装置(笑)」「主人公=橋野」とか

プレイヤーが理解できなかったのはシナリオライターが構成力無しの糞新人だっただけなのにな

主人公死亡判明後の本スレ住人の手のひら返しが凄かった記憶がある
[ 2010/01/27 23:59 ] [ 編集 ]

ここ読んだら、案外エンディングについて受け入れてる人が多くてビックリ。
まぁ、個人個人で「主人公は死んでない」とか妄想する分には全然良いんじゃないの?
でもインタビューに載ってた『死の擬似体験装置』という言葉には少し違和感を覚えたけど…。『装置』って言葉を使ってるという事は「これはゲームなんだよ」って言ってるのと同じだと思う。
ゲームはもう一つの仮想現実なんだから、シナリオライターの個人的な人生観を押し付けるのは良くなかったと思う。
[ 2010/05/28 14:37 ] [ 編集 ]

制作物にとって、製作者の個人的な人生観又は価値観やポリシーって重要だと思うよ
[ 2010/10/08 10:08 ] [ 編集 ]

ゲーム漫画映画小説でも音楽でも
そもそもが持論や思想の表現なわけだから
押し付けと受け止める時点で、さすがに
ちょっと幼稚じゃないかと言わざるを得ない
[ 2010/11/05 20:59 ] [ 編集 ]

納得している人も多いけど、全体の3分の1から半分弱位は納得してない気はする。
せめて生死選択できても良いような流れでありエンディングだった気がするわ。
だから押し付けに感じる人がいるんじゃないの。
[ 2011/01/07 22:54 ] [ 編集 ]

ペルソナ3のエンディングに関しては
あんな大層な話を語る程に製作者の力がないが正解だと思います
押し付けと感じさせるレベルでしか作れないなら
普通にハッピーエンディングでスッキリさせてほしいです
特に繰り返しやり込むようなタイプのゲームなら尚更ですし
せめて条件を満たしてトゥルーエンドが出るような
選択肢をプレイヤーに与えてもよかったのではと思います
[ 2011/08/21 13:03 ] [ 編集 ]

生き続けられる事は幸せだ、と言い切られるのは疑問が残る。
永遠に繰り返すんだよね?
肉体は衰えないの?
生まれて死なない世界なら人口増加の問題は?
死なないなら社会の秩序はどうなるのかな?
小説で散々語られているテーマだけに、今更な話題に思えた。
[ 2011/10/26 22:58 ] [ 編集 ]

 いやあ、あのキャラの突発死に納得いく人がこんなにも多いとは正直驚きです。
 そこらの小説よりも遥かに高い代金と小説を読むより長い時間を浪費させられて、あのシナリオで納得とは恐れ入ります。
 確かに長寿=幸福、短命=不幸だと一慨には言えませんが、若くかつ前途有望(能力は高く、桐条会長の知人です)な少年が死ぬことが幸福だとは考えられない。
 シナリオの都合上、彼らは桐条の力を以ってすれば簡単に捕えられたであろう敵のトリオを放置したりとミスを連発したのでバッドエンド直行は当然です。
 もはや誰かが犠牲になることはシナリオの都合上仕方ないとはいえ、普段から能動的に周囲を改善しようとはしない主人公が自分から死を選ぶのは、いかにも唐突で脈絡のない行動です。
 まあコンシューマに限らずRPGでシナリオ考える人の中には、お前らの意見は聞いてない、俺の話を聞けって人はいるからP2やP3はその類だったということでしょうかね。
 
[ 2011/11/05 22:52 ] [ 編集 ]

私は彼が幸せなまま逝けたと思っています。
彼が求められた契約の対価は「自分の選択に責任を持ち、訪れる結果を受け入れること」です。
その点では最後までプレイされた方は、免れられないと言われた世界の滅びを、命を捨ててでも守りたいと覚悟され決断されたと思われます。
そして最後に、守りたかった世界や仲間を守って事切れた。これ以上に幸せな最後があるとは私には思えません。
[ 2011/11/11 02:51 ] [ 編集 ]

自分は浮きだけどね、P3ED。
まぁひとそれぞれだと思うよ。

この中の誰も多分世界を救って死ぬ、なんて体験はしてないはずだからどう思うかは人それぞれ。
誰も主人公は幸せだった、不幸だった、なんて言い切れないと思うけど。

あくまで選択に責任を持って生きた主人公の生き様は立派だったと思うよ。
[ 2012/01/05 22:32 ] [ 編集 ]

私は結構あの終わり方好きなんだけどなぁ……。

だってあそこで主人公が死ななかったら世界が終わるわけじゃん?
それが人間一人の命で何とかなったんだから安いモノじゃないかな。

それに主人公が死ななかったら他に死ぬ人が居ない。
仲間キャラは死ぬ理由なんて全くないし、アイギスは機械だし……。

だからきっと主人公が死ぬっていうのは「特別な力」を持ってしまった人間の運命だったんだよ。本人の意思は置いといて。


主人公=自分って考え方は男しかできないだろうからね。
そう言う意味でも女の私からすれば主人公は死んでも死ななくても一緒だった。

P3Pの女主人公もまぁ主人公だし死ぬよなって思っただけだった。


ちなみにP4はP4で好きだけど、何か明るすぎて違和感あった。
P3クリアしてると、二年前はあんな不条理な死に方があったのに二年後のペルソナ使いは楽しそうに皆生きている……って感じで。

いや、別にP4主人公も死んだ方が良かったと言ってるわけでは無いですけれども。
[ 2012/02/27 17:42 ] [ 編集 ]

主人公視点に同調すると大変つらいエンディング。
大切な人たちがいる世界を守れて満足な一方で、大切な人を置いて行かなくてはいけない、離れなくてはいけない、未来を共に歩めないのは果てしなく悲しい。
ここは文句が出ても仕方ないかもしれない。

ただ、今を精一杯生きること、有限な時間を意識すること、その尊さ、命が失われる痛み…そういった大切なものを伝えるには、あのエンディングはうまい括りに部類できると思う。
良薬口に苦しで、現実で力になってくれるこれだけ良いメッセージが詰まってる作品も珍しい。

ただ良薬なんぞ結構、とにかくハッピーになりたい、スカッとして充実感を味わいたい時は、このエンディングはやっぱりきつい。


なんにしろ、pspへの移植をしてくれて本当に感謝。

こういうメッセージを考えられる、こういう作品を創れる人たちがいるという事実を知れて現実世界に対して希望が持てた。

[ 2012/05/29 21:50 ] [ 編集 ]

作品についての善し悪しの基準は正論とは別の位置の価値観などにあるので結論は出ませんが、こうして死は幸か不幸かと考える機会を得る人間がいるというだけで開発者の目的は成された、ということですね。
[ 2012/07/25 08:19 ] [ 編集 ]

いい事言うねぇ
開発者冥利に尽きるだろう
[ 2012/08/06 15:14 ] [ 編集 ]

主人公が望んで受け入れたかどうかなんて主人公にしかわからない。でも、彼はそうして世界を救ったわけだね。
自分も死とともに生きようと考えさせられた。
[ 2012/09/21 16:33 ] [ 編集 ]

あの結末を受け入れられる人が居て驚いたというコメントに、寧ろ驚かされた
ストーリー始まった時点から繰り返し、再三再四言われてたキーワードじゃん
想像つかないというのも意外
小学校の教材としてゴンぎつねのお話を取り扱うことに対して苦情を入れるような心境なんだろうな

運命に抗いスパッとハッピーエンドも嫌いじゃないけど
今回のエンディングにある主人公の死は幸福か不幸かで語るものじゃないと思うし、高校生がスパッと断ち切れるような程度のものじゃ無いと思うんだよね
そうあるべきだと思うし
P4は、相手が相手だから納得だけど
[ 2012/11/06 20:04 ] [ 編集 ]

「最高の充実の中で事切れる」という意味のエンディングだったなら、FESのストーリーは蛇足だったんじゃないのかい?
[ 2012/11/10 14:19 ] [ 編集 ]

あのエンディングは個人的には最悪でした
何というか薄っぺらいんですよ、語弊があるのを覚悟でいえば
中高生が書いたライトノベルみたいな印象しか残らないんです
押し付けがましい自己陶酔したテーマを力量もないのに描いてしまっているという感じで
見ていて「はぁ??????」ってなりました
逆に中高生ぐらいならまだあれでも感動できるのかもしれません
[ 2013/07/16 00:46 ] [ 編集 ]

書き忘れましたが
テーマ的にどうこうじゃないんですよ
もしあのテーマを描くならもっと才能溢れる人に描いてほしいワケなんです
とはいえ、それまでのゲーム内容を考えれば
あまりにゲームの内容とかけ離れすぎていて難しいとは思いますが…
(あっちこっちでいい顔して、皆をその気にさせる事が出来て、その結果死んじゃいましたよじゃ…)
[ 2013/07/16 00:55 ] [ 編集 ]

まあ、これだけ不満を持っている人がいる時点で完全に論外だわな
主人公の死を描いた作品でももっと大衆に受け入れられている作品はある、だがP3はそうじゃない、つまりはそういう事だ
[ 2013/08/23 05:07 ] [ 編集 ]

最後だけとってつけた様なエンディングだな。
[ 2013/10/27 23:39 ] [ 編集 ]

個人的には、

もし、不老不死の体を手に入れたとして永遠に生きながらえる事ができたとしても、それはそれで不幸な気もするんですよね。
漠然とですが死ねない辛さってのは有ると思うんです。
そのうち「なぜ俺は死ねないんだぁぁぁ」と気が狂いそうになったりw

別のゲームで恐縮ですが、ロストオデッセイというゲームが死ねない人々の話なので、Xbox360をもしお持ちでしたら是非やってみてください。(既プレイでしたら申し訳ない)
自分はこれをやって、けっこう死や別れについて考える機会が増えました。
[ 2014/02/18 15:56 ] [ 編集 ]

本編のエンディングは悪くない!
あれ単体じゃぼかされてたし!
開発者だって「プレイヤーのご想像に」云々言ってたし!
それをエピソードアイギスでぶっ壊したのが全ての元凶だ!

要するに続編が蛇足だったってこと。あれさえなければみんなそれぞれの解釈で本編EDを納得して終われてたのに
一度終わらせた物語の続編作るのやめーや
[ 2014/03/11 09:44 ] [ 編集 ]

これだから

P4ファンは‥なんだよな
文章の組み立ても下手だし
読む小説、観る映画全てハッピーじゃなきゃいけない視野の狭い人間ってP4ファンに多いんだなって実感だよ
[ 2014/05/24 23:02 ] [ 編集 ]

辛い現実をいっぱい知っている
視野の広さがあるからこそ、
娯楽でまで悲しい思いをしたくない
という人もいるんですよ。
[ 2014/05/28 13:30 ] [ 編集 ]

俺は逆だったな。P4をプレイしてても重みがなくて…
ペルソナはシリーズ全部プレイしたけどP2とP3が良かったな。
P4は軽くて別物って感じだね。

P3批判してる人はちょっと思考が幼稚だよね。
[ 2014/06/08 18:30 ] [ 編集 ]

何でそこで『ペルソナ2』にまで飛び火するのかが疑問。結局は「私が気に入らないorEDは糞」という風にも捉えられる。
[ 2014/06/19 09:54 ] [ 編集 ]

そんなにハッピーエンドが好きならP4でもやっててくれ
[ 2014/07/20 07:50 ] [ 編集 ]

主人公が死んだのは別にいいけど、最後仲間達が納得できる顔をしているのがおかしいと思う。
ようやく大切な人のことを思い出して、あの人を見つけて、謝て、そしてそのまま納得できて主人公を見送る?
少なくとも私は無理だね。
[ 2014/07/20 16:20 ] [ 編集 ]

これは

金払う側としては~って意見はただのクレーマーだよね。

シナリオライターを馬 鹿にするのも論外。

自分が気に入るシナリオがみたいなら、自分で書くべき。

むしろ月を人間一人で止めて生きていたら、逆に引くわwww

もし主人公が生きるエンディングを作るなら、主人公がペルソナ能力と記憶を失う、更に何か大変な何かを世界に残してしまう
からの
P4に続けば綺麗な感じになるのかの?
[ 2015/01/17 18:37 ] [ 編集 ]

主人公がかっこいい!

主人公がすごくかっこよかったのに死んでしまったなんてすごく残念。本当にかっこいいのに。。。。
[ 2015/03/28 13:06 ] [ 編集 ]

いま、かなり久しぶりにP3クリアしましたので、昔の記事ですがコメントさせてください。
私はP3のエンディング好きです。メガテン系は、胸にずっしりくる重みを求めてプレイしているので。
主人公が死んでしまうという終わり方がいやだという人が多いこともわかりますけど、ペルソナを最初からやっているのであれば、ただ明るく楽しいゲームだと思ってプレイする人は少ないと思います。
主人公が命と引きかえに世界を救うって、本当によくある話です。だけど大抵は奇跡やらなにやらで死を免れますよね。私はそっちのほうが苦手なんです。
ファンタジーファンタジーしていない、現実に近い高校生の男の子が(今はハム子ちゃんもいますね)真剣に命と向き合い、死んでいく。だからこそ考えさせられることが、私は色々ありました。
ただ、後日談は無いほうがよかったというのは私も本当にそう思います。はっきり死んだと言わないところが大好きでしたから。
[ 2015/05/05 00:26 ] [ 編集 ]

>はるさん

確かに「死ぬからこそ、考えさせられることがある」っていうのはありますよね。
僕も「人が死なない戦争映画」はダメだと思います。

ただ、一方で、貴重な時間を使って「人が死ぬ嫌な話」を見たいとも思わないんですよね…。
せめてハッピーエンドになって欲しい。

ゲームという「自己投影」しちゃうメディアだと、悲劇性がより強まっちゃうのも、苦手な原因の1つだと思います。

まぁ、僕みたいな悲劇系の話がダメな人もいれば、楽天的な話がダメな人もいるという、至極当たり前なことなのでしょう。
そういった、いろんな考え方を楽しく交換しあえると、いいですねw
[ 2015/05/08 06:41 ] [ 編集 ]

コミュとか綾時のルート分岐とかそういうので気付かねーのかな…まあこのゲームの価値観そのものを受け入れられないっていうなら別にいいけど
いずれくる死について見ないふりはできないんだよ。綾時は見ないような終りを提示したけどな。それを拒む選択をしてあのエンディングを選んだなら文句言うなよって話。
それに、主人公の内に秘めるオルフェウスやタナトス、デスとかを無視したらそれは死を超克してしまうことになるんだよなあ……いずれくる死というテーマで進行する物語で、主人公を生存させるなら人間やめないといけないな。吸血鬼とかな。

それに中高生の描くようなストーリーで別にいいだろ。高校生の主人公で進むジュヴナイルRPGだぜ?一介の高校生が遭遇するイベントじゃ難しい話は突き詰められないし、そういうのがやりたいならメガテンやればいい。ペルソナである意味がない。

でもこのゲーム色々ガバガバだから擁護できない点はあるし、ブログ主のような意見も当然でてくるわな。

俺は好きだけどね。
[ 2015/08/03 02:48 ] [ 編集 ]

最初の頃シャドウとの戦いを遊びでやってた順平がいたね、命懸けで戦ってるはずなのに。

偶然同じ日に書き込んだ↑の人も似たような事言ってるけど、戦うルートを選んだ時点でさらに命懸けの戦いが始まり死を目撃する可能性が高まる。どうせゲームだから所謂ハッピーエンドだろうと考えてた人は納得出来ないのかも。

大人しく戦わないルートを選んで初期順平のように遊びで終わらそう。どうせゲームだし。
[ 2015/08/03 10:43 ] [ 編集 ]

P3に関しては、選んだから受け入れようというほど選択が豊富だとは思えないなぁ。バッドエンド感山盛りだもんw

個人的には「せまりくる死」とか「生死について」みたいな重いことをテーマにしたいのなら、売る前の告知やパッケで、そういうことをしっかりと伝えて欲しい。

死亡ネタってOKな人とダメな人がいるから、そこはしっかりと分けて欲しいなぁ。
[ 2015/08/05 10:08 ] [ 編集 ]

後日談いらん!ってのは、P3のオチ好き派も嫌い派も一致するところだろう
脚本の質が低すぎるって問題もあるし…

ただ、あそこで「死にました宣言」をしたことで
エリザベスがキタローを救いに行った(マーガレット談)っていう
キタロー復活設定が正史に生まれたのは良かった

P4、P4Uでのエリザベス後日談を見ても復活するのは間違いなさそうだから
そしたら皆、P3の「救いのなかった結末」を受け入れられるようになるはず
[ 2015/10/05 12:14 ] [ 編集 ]

そういういろんな意見があるんだなーって思う
こうやって議論を交わしてることそのものが生と死について考えて欲しいって制作側の意図に沿ってるとも思える
作中でもストレガや主人公たちや登場人物もそれぞれ違う死生観を持ってたように
答えを一つに限定出来ないからこそ毎日の中で自分だけの答えを探すんだな思う
[ 2016/03/03 23:01 ] [ 編集 ]

納得した
ハッピーエンドこそ至高であるとは考えない
この物語によってあまり考えなかったことを考えさせられたこともある
所詮ゲームだからシナリオなんかどーでもいいとも考えない
自分の価値観に影響を及ぼ すものが映画や本や実体験だけである必要もない
まして自分の分身として主人公を操っている上では主観的に入り込める世界はゲームならではと考える
素晴らしい作品だったと思う
[ 2016/11/03 15:32 ] [ 編集 ]

P3Pのみをプレイしました。
映画も#1~#4見ました。

たまに「いつかは死ぬんだよな」とか、夜何かに考えてしまう事がありました。
僕は結局はそう思うだけであって考える機会はありませんでした。
ですがP3では逃れられない死に対して深く考えさせられましたね。
主人公が幸せの中で死んでしまうのも、ちゃんと意味があったのだと自分なりに解釈しました。
いつ死ぬかは分からないし途中で仲間が亡くなってしまうかもしれない。
一日をより大切にしようと思えた…ような。

客観的にはハッピーエンドとは言えないと思いますが、
私がもし、本当に主人公の身ならハッピーエンドだと思います。
確かに今は幸せの絶頂にいる。
でも、私には大切な仲間たちを犠牲にはできません。
救って、正解だと思いました。
私はリアルの仲間たちと重ねると尚更、見送ることができないです。
そう考えるとバッドエンドだと思えませんでした。
[ 2016/11/22 02:27 ] [ 編集 ]

最近プレイしました。

エンディングに納得出来なくて、こちらに辿り着きました。

皆さんの意見を全部読んで、自分にとって何が1番腑に落ちないのかわかりました。

主人公が、みんなにお別れを言わないことです。

卒業式まで頑張って生き抜くよりも、ニュクス守るって決めた時点で言えよっ!そしたら気持ちの整理もつくわっ!

主人公の死で終わることで、普段考えないこと考えたり、ユングの思想に興味もったり、P3が私の世界を広げてくれました。
大好きだからこそ、いろいろ真剣に考えちゃいます。苦しいです。アトラスさん助けてーっ(泣)
[ 2018/02/06 04:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/1294-b7a5b3a1