PS3と360は「ほぼ互角」? 意外と小さいフランスゲーム市場のお話 

 ファミ通.COMでマイクロソフト・フランスのブランドマネージャーがフランスのゲーム市場について語ってました。

『聖闘士星矢』のフィギュア全種類を持つ仏Xbox 360のキーマンがオタク文化を熱く語る

 MS関係者の発言ということなので、ある程度というか結構な割引が必要かもしれませんが、ヨーロッパのゲーム市場情報って、イギリス以外は出てこない&出てきても古かったりソースが怪しい&ゲーム機メーカー自社調べが一番信頼できそうなどなど、ハッキリしない印象なので、まぁネタとして見ておくのも楽しいかなと。

 発言まとめ
・フランスはイギリスについで欧州第2位のゲーム市場
・フランスでの家庭用ゲーム機の総売上は140万台。
・Wiiの売上げは360よりかなり上。
・PS3は360よりほんの少し上。
 →初代Xbox(100万以下)とPS2(544万)を考えれば追い上げている。
・360ユーザーの5割がLIVEにつなげている。

・売れているのは「Halo3」「ギアーズ2」「CoD:MW2」「FIFA10」「ウイイレ」「バイオ5」「ロスプラ」など。
・フランスは日本文化に興味を持っている人が多く、日本ゲームの人気は高い。FFとか。
・今まではウイイレが人気だったけど、今年初めてFIFAが抜いた。

 ゲーム関係はこのくらい。他にもフランスにおける日本文化の受け入れられ方を語ってくれているので、そういうのが好きな方にはなかなかオススメ。

「ゲームマシンの総売上が140万」って多分1年での売上げだと思うんですが、だとしてもかなり少ないですねぇ…。
 WiiがぶっちぎりでPS3と360が良い勝負だとしたら、360の年間売上げ台数って30万~40台ぐらいじゃなかろうか…。
 日本の09年の360売上累計が確か35万ぐらいだったと思うんで、そう考えると日本の360市場ってバカにできなくね? って気がしてきます。

 2位のフランスでその規模なので、スペインとかイタリアとかはもっと小さいはず。「ヨーロッパ」とひとくくりにしがちですけど、それぞれの国で言葉は細かく別れているワケで、ローカライズ問題とかどうなってるのかちょっと気になります。
 なんにしても、アメリカ&イギリスの英語圏が巨大すぎるなぁ…。

 ヨーロッパで言語が入り乱れているってことは、ローカライズのシステムが洗練されていく可能性があるわけで、その波に日本語版もうまくのっかって、日本でも海外ゲームがずっと遊べるようになると嬉しいと大妄想。

 まぁ英語覚えろよってことかもしれませんが…。
関連記事
[ 2010/01/17 18:15 ] 海外ゲーム事情 | TB(0) | CM(4)


そして忘れられる英語圏のカナダとオーストラリア・・・
[ 2010/01/17 19:33 ] [ 編集 ]

一時はいい勝負でしたが新型以降はソフトもハードも結構差つけられてますよPSにも
[ 2010/01/17 19:35 ] [ 編集 ]

累計
・Wii 410万台
・PS3 210万台
・360 170万台

2009年売上    2008年売上 
・Wii 120万台 ← 160万台(-25%)
・PS3 90万台 ← 70.8万台(+27%)
・360 60万台 ← 56.6万台(+6%)

互角だったけど差が開き始めた。
しかし全体的に売上が少ないのでそんなに急に差が広がることはない。

といった感じでしょうか
[ 2010/01/18 12:57 ] [ 編集 ]

どこのなんの数字かまったく分からないんだけど、
少なくともフランスの09年累計がすでに出ているとは
考えにくいんだけど…。

「欧州はPS3!」って言う人ってソースつけてくれないから、
どうにも信用できない…。これどこソース?
[ 2010/01/18 18:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/1292-3b2b400c