ファイナルファンタジー14のβテスト応募開始&和田社長意気込みを語る 

 来年のリリースが噂されている国産期待のMMORPG「ファイナルファンタジーXIV」(以下FF14)のβテスト応募受付がスタートしました。なお、βテスト・リリースのスケジュールはまだ未定。
 対応機種はPCとPS3ですが、βはPC→PS3の順で行われるとのことです。

FF14、βテストエントリーサイト
『ファイナルファンタジーXIV』のβテスターが募集開始!

 応募資格は「18歳以上」「スクエニアカウント所持」「積極的に参加し日英独仏のいずれかで不具合報告を行える」など。この条件を見る限りプロモーション目的よりは、本当の意味でも「テスト」的な意味合いが強そう。まぁ初期はそれが当たり前かもしれませんが。

 今回の応募はとりあえずの「第一弾」とのことで、今後も随時増員していくとのこと。また1度応募しておけば、1回目の抽選で外れても2回目以降の追加選考の際に自動で選考対象となるそうです。

 あと、僕知らなかったんですけど、FF13に「14ベータテスト特別枠参加権コード」とか付いてたんですねぇ…。まぁ人数多すぎで何人参加できるのかは分かりませんが、普通に応募するよりは当選確率は高そうなので、どうしても参加したい人はこのコードを利用してみてはいかがでしょうか。



 さて、βテスト応募もはじまり、いよいよ期待の高まってきた14ですが、和田社長がその意気込みを語っています。

 FF14は『WoW』の競争相手になる-スクエニ和田社長
 Final Fantasy XIV a serious WoW rival, says Wada(ソース)

 日本ではトップシェアと思われるFFですが、海外ではそれほどではありません。
 FFがサービス開始から2年後で50万人ほどでしたが、海外の圧倒的王者である「World of Warcraft」はおよそ3年で1000万(北米250、欧州200、アジア550)を突破しています。
 もっと言えばWarcraftどころか、それ以外のタイトルでもコナンとかWarhammerあたりは100万本タイトルだったりします。

 とはいえ、新作をリリースする以上はトップを目指すのがメーカーの気概というもので、和田社長の「厳しい相手だがライバルたりえたい」という受け答えは至極当然かと。頑張れスクエニ。

 ただあっちからユーザー引っこ抜くのは、FF14がよっぽどユーザーフレンドリーじゃないと難しいだろうなぁ…。
 個人的な感想ですが、WarcraftはFFと比べるとはるかに「遊びやすい」んです。
 僕はFF好きですけど、FFが遊びやすいゲームかと言われれば否定的にならざるを得ません。なにをヤルにしても時間がかかるし、一人での遊び方が貧弱だから「ログインしたはいいけど遊べることがない」ってケースが多すぎます。
 高レベルならまだしも、FFの場合は序盤からそれなので初心者は取っつきにくいだろうし。

 FFも最近はかなりサービス精神旺盛になってきましたが、初期の頃はめちゃめちゃ絞り気味のゲームバランスだったのも気になるところ。
 14があのノリでスタートしたら、とてもじゃないけどWarcraftユーザーは耐えられないだろうなぁ…。


 まぁ時代も変わってきているので「いかに長く課金させるか?」じゃなくて「いかに遊んでいる時間を楽しませるか」をコンセプトにして欲しいなと希望します。
関連記事
[ 2009/12/18 17:19 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(1)


DIABLO3はどうなるの!
[ 2009/12/23 12:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/1251-74a66ef2