ゾンビ虐殺がクセになる「LEFT4DEAD2」のプチレビュー 

 最近ちょこっと遊んでいる『LEFT 4 DEAD 2』(以下L4D2)のプチレビューです。

 LEFT4DEAD2は、ハーフライフで有名なValveから発売されている360/PC用のFPSタイトル。協力プレイ=COOPに特化したタイトルで、最大4人までの同時プレイが可能です。
 ゲームの内容をざっくりと言えば

 バンバン襲いかかってくるゾンビをバンバン撃ちまくるゲーム

です。そして同時に「死なないように頑張るゲーム」でもあります。
 この「撃ちまくる」と「生き残る」を絶妙なバランスでブレンドしているのがこのゲームの魅力だと思います。

 L4D2にはその他のシューターのようにカバーアクションみたいな特殊アクションはありません。さらに防御壁もなければスナイプポイントも存在しません。防御の基本は「死角が少ない場所にポジションする」ことぐらい。

 それに反して、敵の攻勢はハンパありません。L4D2のゾンビラッシュを体験すれば、CoDやGoWの猛攻が少々生ぬるく思えてしまうほど。
 さらによくあるFPSのように「生命力の自動回復」はないので、体力回復は有限の回復薬に頼るしかありません。

 つまり「あっさり死ねるゲーム」なワケです。

 そこで頼りになるのが仲間の存在です。
 敵に囲まれれば援護をしてくれ、死にかけたら治療をしてくれ、大群が攻めてきたら互いの死角をカバーしながら戦います。
 あっさり死ねて、一人では攻略不可能な難易度であるが故に「助け合う」必要が自然と高まってくるワケです。

 と、まぁこのへんはCOOPタイトルであれば基本的なコトだと思うんですが、けっこうコレを気にしてないタイトルも多かったり。

 最近僕が遊んだCOOPといえばギアーズ2。けっこう良くできたCOOPシステムだと思いますが、L4D2ほど「助け合う」必要はありません。ていうかめちゃくちゃ上手ければ仲間を気にしないで一人でガンガン行けちゃう。
 しかしL4D2だと、かなりうまくても一人は厳しいっていうか多分ムリ。そもそも回避不可能アタックとかもあるんで、一人で突っ込むと「回避不能アタック食らう→誰も助けてくれない→ゾンビに囲まれそのまま死亡」という黄金コンボを食らうこと確実です。

 みんなで遊ぶことを強制しつつも、それに乗っかって遊ぶことがストレスになるどころかむしろ心地いい、そんなシステムを実現している完成度の高いタイトルと言えるでしょう。
 

 あと、ちょっとスゴイなと思ったのが「あれだけの数の敵を表示しつつヌルヌル動く」ってところ。
 僕はPCスチーム版で遊んでいるのですが、敵ゾンビの数がちょっと桁違いに多い。あれだけ動くオブジェクト表示してグリグリ動かすのは技術的に大変そう。
 グラフィックの美しさはそこそこですが、そのかわり数と動きでゲームへの没入感を促進してくれます。「シューティングアクション」ってことを考えると、こっち方面に特化させるのは、それはそれでスゴいことだよなーと。
 まぁ「動き」って実際にやらないと分からないし、グラフィックは地味だしだから、マーケティング的には損をするってのは否めないでしょうが…。


 L4D2というと「ただひたすらゾンビを撃ちまくる」ゲームで、よく言えばシンプル、悪く言えば大雑把なゲームという印象が強いです。
 確かに難易度イージーあたりだと適当に撃ってりゃいいのですが、難易度を上げると突如タクティカル性が高いゲームにはやがわり。武器の選択、ポジション取り、仕掛けの攻略、ラッシュへの対処準備、仲間との連携などなど、実に奥の深いゲームであるということが分かります。

 初心者からゲーマーまで、幅広い層が「COOPの醍醐味」を楽しめる、なかなかオススメのタイトルだと思います。


 なお、PCの方はけっこうな数のプレーヤーがいるので、野良ネットプレイも待ち時間はほぼありません。
 360の方は未プレイなので分かりませんが、噂を聞く限りでは多分大丈夫ではないかと。なんといってもミリオンタイトルですしね。




レフト 4 デッド 2【CEROレーティング「Z」】
レフト 4 デッド 2【CEROレーティング「Z」】
エレクトロニック・アーツ 2009-11-19
売り上げランキング : 280

おすすめ平均 star
starなかなかですよ。
starいいっっ☆
starいいかな?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

XBOX360 Left 4 Dead 2 輸入版 アジアXBOX360 Left 4 Dead 2 輸入版 アジア

by G-Tools

PC版買うならSteamの方をオススメします。日本語パッケージ版よりかなり安いんで…。
あとアジア版も日本語表示が可能らしいです(個人ブログなどで確認。僕は持っていないので直接確認したワケではありません)。値段はアジア版のが安いので、そっちを買うのもいいかも。






【おまけ】
 L4D2でCOOPデビューしようって人にお届けするマルチプレイ心得みたいなもんを。
 つっても、僕もCOOPはほぼ初心者なので、心得っていうよりは実体験ですけど。
 初心者体験談なので、もっといい心得があれば教えて頂ければ幸いです。随時修正させてもらいますorz


 いきなりみもふたも無い話ですが、もし友達がいるなら友達と遊ぶのがベストというか、そこで慣れるのがオススメ。友達同士なら多少のヘタプレイも笑ってOKですし、プレイ方法を試行錯誤しながら考えていくことも楽しめますし。

 あと、友達プレーの場合はボイスチャットでコミュニケーションしながら遊ぶのもお手軽かと。野良プレーだと会話はあまり無いケースが多かったです。野良は野良で楽しいけど、やっぱりワイワイやりながら遊んだ方が盛り上がりますしね。


1:最初はシングルでクリア方法を会得しよう
 L4D2はところどころ「仕掛け」があり、何をどうすればいいのかを知らないとクリアするのが困難です。難易度はイージーで構わないので「仕組み」を最初に覚えておきましょー。なんなら遊ぶ前に攻略Wikiをチェックしておくのもアリです。


2:ネットデビューは難易度はムリせず「イージー」で
 すでに書きましたが、このゲームは難易度にそって難しさがどんどん上がっていきます。初心者にとっては「ノーマル」も十分難しく思えます。
「いきなりノーマルではじめる」→死にまくる→すげー気まずくなる→さようならネットプレイ。
 なんてコトも珍しくないと思うので、最初はイージーで様子見するのを激しくオススメします。背伸びしないで簡単難易度で始め、徐々にステップアップしましょう
「クイックマッチ」でも、難易度を適当に選んでくれるので大丈夫ですが、「オンラインでプレイ」を選べば難易度を指定して遊べます。


3:迷惑プレイを覚えておこう
 L4D2では「味方に被害を与える」行動がいくつかあります。多少はやむを得ませんが、あまり連発すると嫌がられるので覚えておくといいでしょう。
味方を撃つ
 いわゆるフレンドリー・ファイア=FFというヤツです。味方を撃つと味方はダメージを食らいます。マシンガンで狙い撃つのはもちろん、ショットガンの散弾などでも味方にダメージがいきます。ノーマルぐらいまでは大したダメージではないのであまり神経質になる必要はありませんが、できるだけ避けるようにしましょう。

爆弾・火炎瓶
 火炎瓶の炎は敵味方おかまいなしにダメージを与えます。味方がゾンビに囲まれているところに火炎瓶を投げてしまうと、味方に大ダメージを与えたり、最悪焼き殺してしまいます。

一人で特攻しない
 L4D2は一人で行動するとすぐ死にます。そういうデザインになっているので仕方がない。
 で、どんなにヘタクソでも死んでしまうと戦力が大幅ダウンになりますし、死なないまでもハデにダメージを食らうと回復薬をムダに消費することになってしまいます。
 普通にプレイしてダメージを受けるは当たり前ですが、一人で勇者プレーかましてボロボロになってしまうのは誉められた行動ではありません。

ウィッチに注意
 ウィッチとは泣いている女のゾンビです。放っておけば襲ってきませんが、近づいたり攻撃したりすると猛烈なスピードで襲いかかってきます。勝てない相手ではないので、手を出しても致命傷ではありませんが、暗黙の了解で「ウィッチは放置」みたいなモノがあるので、姿形を覚えておいて、ウィッチがいる方向は攻撃しないようにしましょう。

 L4D2攻略Wikiの「初心者講座」とか「上達へのコツ」あたりが詳しいので一読しておくのもいいでしょう。



Left 4 Dead 2 Wiki その1
Left 4 Dead 2 Wiki その2


関連記事
[ 2009/12/13 23:09 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(1)


毎晩職場の人とボイチャしながら遊んでますが全く飽きないなぁ。
対戦が熱いよね、やっぱ。
[ 2009/12/15 04:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/1245-12065b6e