「PLAYする映画」な初代『アンチャーテッド』を2が出る前にレビュー 

 アンチャーテッドをクリアしました。初代の方。
 前々から興味があって、体験版もやったことはあったのですが、その時は、あまりに銃撃戦が多かったのが予想外。
 パッケージからは遺跡を探検するインディージョーンズっぽいノリ、初代のトゥームっぽい「謎解きアクションアドベンチャー」を想像していた(2代目以降のトゥームはやってないから知らん)んですが、それとのギャップが大きすぎて保留していたのです。

 そんなワケで実は最近話題の「2」の方も当初はあまり興味がなかったんですが、2のトレーラー見るとグラすげーし「1」のネットでの評判もいいしと思っていたところ、この度ベスト版が発売され実売価格2700円ほどだったので購入してみました。

 以下レビュー。グラフィックは720p、音はテレビのスピーカー、難易度は並だったと思う。忘れた。


●アンチャーテッド:エルドラドの秘宝 PS3/SCE/2980円/2007年12月6日発売

 基本的にかなり楽しめましたが、記事的にはベタ誉ってワケじゃありません。てかけっこう文句も言ってて相変わらずな俺。
 アンチャーテッドが大好き&大好きなゲームを貶されるとイラっとしちゃう方は、以下に進まないことをオススメします。


 ついでに、レビューサイトへのリンクを2つほど。上日本語、下英語。
PlayStation mk2/アンチャーテッド 評価はS。
metacritic/Uncharted: Drake's Fortune 海外レビューサイトの平均値は88。

アンチャーテッド:エルドラドの秘宝 PV






 「アンチャーテッド:エルドラドの秘宝」は、主人公であるネイトが「エルドラドの秘宝」を求めて、ジャングルや遺跡を舞台に大活躍するアクション&シューティングゲーム。
 行く手を阻む敵たちとの銃撃戦はTPSに、遺跡探検はアクションとなり、ゲームプレイの合間合間にイベントが流れていくことでストーリーが進行していきます。

 キャッチコピーが「PLAYする映画」とあるように、ストーリー&イベントの見せ方が秀逸で、ここを楽しめるかどうかが、このゲームの評価に直結すると思います。


---------------
グラフィック
---------------
 PS3で最高級のグラフィックと絶賛されているアンチャーテッドですが、正直言うと、体験版ではそんなにスゴいと思わなかったんですよね。
 正確に言うと「技術は凄そうだけど絵が好きじゃない」。
 KILLZONEのときも似たようなこと言いましたが、完成したビジュアルの方向性があまり好きじゃなかった。体験版は野外のジャングルシーンだったんですが、葉っぱとか草木の表現がプラスチックで作ったジオラマみたいに見えるんです。多分あえてそういう方向でやっていると思いますが、僕には合いませんでした。

 そんな理由で野外シーンは低評価だったんですが、製品版ではジャングル以外のシーンも続々と登場。建造物描写や遺跡内部のシーンは実に素晴らしく「おおスゲーなー」と見入りました。ていうか、野外の草の描写だけ妙にテイスト違うような…。

 絵的には、特別アーティスティックな描き方ではないですが、オーソドックスに「綺麗な背景グラフィック」を突き詰めていった感じで、一見の価値はあると思います。
 トータルで見れば、かなりのクオリティです。


---------------
システム
---------------
 ゲームは基本的にTPSな銃撃戦パートと、壁やら仕掛けを突破していくアクションゲームパートから成り立っています。

 まずTPS部分ですが、本格的なTPSタイトルと比較するとちょっと劣る印象。「撃っている」感が今ひとつで、爽快感とか重厚感にかけるというかなんというか…。
 あと武器の種類がちょっと少ないし、入手できる機会が少ない&強めの武器は弾切れになりやすい等々、もう少し武器選択の自由度が高い方が好き。

 あと、敵の数がかなり多いのも特徴で「オイオイ、その敵の数はおかしいだろw」って思うぐらい多い。
 僕が当初「遺跡探検ゲーム」って思っていたせいもあるでしょうが、ストーリーに入り込んでいればいるほど、次から次へとおこる銃撃戦に違和感を感じるかもしません。この辺は「ゲームだから」って割り切りが必要かも。
 その反面、敵の数が多いので銃撃戦サイコー系な人は楽しめそう。カバーポジションとか、障害物から障害物へのジャンプアクションとかあるんで、気分も盛り上がるし。

 文句は言いましたが、けっしてつまらないワケじゃないです。むしろ楽しい。
 一線級のTPSやFPSと比べると、ちょっと劣るかもなぁ~ってだけです。まぁそれ専用のゲームじゃないし、当然と言えば当然かも。

uncha0922_02.jpg
とにかく銃撃戦が多い。こんな遺跡探索アクションADVを期待すると裏切られること間違いナシw
基本はTPSと思っておきましょー。つかパッケ見ただけだと確実に誤解しちゃうと思うんだが…。
あと、これもパッケ見ただけじゃまるで分からないけど、一部でグロいシーンとか
グロい敵とかも出てくるので、そっち耐性が無い人は要注意。



uncha0922_03.jpg
戦闘では銃をぶっぱなす他に、ステルス後方一撃必殺や、
弾の中を駆け抜けて接近&パンチでボコボコにする肉弾戦プレイも可能。
慣れてくるとコンボで倒すのが妙に楽しくなります。ちなみに僕がやった難易度では
敵はかなりバカでしたが、難度上げるとなかなか賢くなるらしい。


 アクションゲームパートは可もなく不可もなく。
 ルートは基本一本道で「解き方を楽しむ」という要素はほとんど無いけど、キャラのモーションやアクション自体が良くできているので楽しく遊べます。

 また失敗してもチェックポイントがかなりこまめに設定してあり、ストレス無くリトライできる親切設計。親切すぎるため達成感は減るかもしれませんが、かといって同じ所を何度も繰り返しプレーさせられてイライラするのもキツイので、個人的にはこういうスタイルの方が好み。
 最近の海外ゲームはこのタイプが多いですね。

 アクションシーンでちょっと困ったのは、グラフィックがリアルすぎて「どこが進める場所か良く分からない」ことが多かったこと。
 ステージ内で進める場所は限定されていて、それ以外の場所は進入不可なのですが、グラフィックがリアルすぎて行けるか行けないかが判別不能なことがしばしば。良く分からないので「とりあえず飛んでみる」しかなく、飛んだら落下して死亡なんてケースがけっこうありました。
 慣れてくると「行けそうな場所と行けない場所」はなんとなく区別がつくので致命的な欠陥ではありませんが、「よくわかんねーけどとりあえず飛べ&うはwクリアできたww」だと、なんか「行き当たりばったり」な気分になってしまったので、もうちょっと分かりやすくしてくれると嬉しかったです。


---------------
ストーリー
---------------
 テイストを一言で表すと「よくあるハリウッド映画的ストーリー」。
 めちゃくちゃ凝ったシノプスがあるわけではないけど、銃撃戦、カーチェイス、ロマンス、ミステリーなどなど、いろんな要素がまんべんなく取り入れれている冒険活劇。

 総プレイ時間は10時間程度と決して長くはなく、またシナリオ分岐が無い完全な1本道ストーリーですが、にもかかわらず満足度は決して低くありません。
 その理由はひとえに「物語の見せ方のうまさ」にかかっていると思います。

 さきほど「ハリウッド映画的」と書きましたが、実はストーリーの起伏はそれほど無く、けっこう淡々とした流れだったりします。仮にこのお話をそのまま映画にしたら、あまりにありふれていて「よくある2級映画の1本」で終わっちゃいそう。

 しかし「アンチャーテッド」は、ゲームへの没入感をたかめるため、非常に気を遣ったゲームデザインが成されています。ゲームパートとイベントをスムーズに切り替えている、イベント発生のテンポが短すぎず長すぎず、シナリオ展開が速く中だるみしない、そしてイベント中のキャラクターのモーションやボイスが良く出来ているので白けない、などなど、目立ちはしないけど、入り込んで遊ぶためには大事な「配慮」が積み重ねられています。

 映画的なストーリーや演出をイベントシーンで見せつつ、そこにゲームならではの「プレーヤーが自ら遊んで進めていく」ということの利点をうまく融合させることで、高いレベルで「映画的なゲーム」を実現していると言えるのではないでしょうか。

 あとアンチャーテッドは「1本道ストーリーを見せるゲーム」で、かつストーリーが「シンプルな冒険活劇」ってのも大きなポイントだと思います。
 1本道モノでテーマが「生きることとは?」とか「善悪とは?」みたいな深いものだと、自分の考えと違うときにズレちゃって困る。例えばスクエニRPG
 しかしアンチャはアイデンティティに関るような小難しい話は一切無し。深いことを考えずに素直に楽しめました。

uncha0922_01.jpg
カーチェイスとかジェットスキーを使ったスペシャルステージもちょびっと。
カーチェイスはかなりアツく、ホントに映画気分。カメラ位置がてイイ感じ。
ジェットスキーは操作性悪すぎでイライラした。いらない。



---------------
まとめ
---------------

「良くできたゲームだけど、そこまで絶賛するほど?」

 というのが率直な感想。
 プレイし始めると、画面はキレイだしお話は面白いしで、かなり楽しめますが、じゃあ過去の名作と比べて圧倒的にハマるかと言われればそんなことはありません。ここ1年だけで考えても、もっと夢中になったゲームが数本はあるし。

 ゲーム内容というかシステム自体はぶっちゃけ平凡なんですよね。
 TPS部分はギアーズなどの「アクションゲームとして作られたTPS」の方が、僕は迫力や緊張感を感じるし、アクション部分もアクション性はそれほど高くなく、決められたルートをなぞるだけ。
「アンチャーテッドならでは」というオリジナリティやクリエイティビティはあまり感じられません。

 一方で、欠点が少ないというのも事実で、そこがアンチャーテッドのアドバンテージなのかもしれません。
 このゲームを「クソゲー」だと理論的に言える人はそうはいないのではないか、そう思えるぐらいの優等生的な仕上がりで、多くの人が楽しめる作品だと思います。

 とはいえ向き不向きはあると思われ、とりあえず「向いてなさそうな人」を考えてみました。

1:TPSがダメ
2:アクションアドベンチャーもダメ
3:萌えるor美女なキャラが出てこないとダメ
4:ハリウッド風B級映画が大嫌い
5:20時間は遊ばせやがれ

 これに当てはまる人は要注意。

 日本でネックになりそうな「3」についてですが、このゲームにもヒロインキャラはいます。
 どうみてもバケモノにしか見えないヒロインが乱立する洋ゲーの中にあっては、なかなかの美人だと思いますが、それでも国産萌えキャラとは100光年ぐらい距離があるのは明らか。萌えまで求めないとしても、日本人の美的感覚からすると、やや微妙な感じだし。

 そんなワケで、ゲームにはその手のモノが必須という人は無理っぽいです。国産タイトルであやねたんとかライトニングさんとキャッキャウフフしてる方が幸せかと。
 つかハリウッド女優は日本人から見てもキレイなのに、なんでゲームとかアニメになるととんでもない方向に走るんですかねぇ…。

 あと主人公も「超絶無敵なスーパー美少年」ではなく、もっと人間味があって、少々コスいといっても良い感じな等身大ヒーロー。
 最初に書きましたがアンチャはストーリーが楽しめるかどうかが大きなウエイトをしめているので、ヒーロー像が合わない人は避けた方が無難かもしれません。


 Bestということで値段は2700円ぐらいと、クオリティを考えれば非常にお買い得。
 10時間少々というプレイ時間は「ゲームの常識」で考えると短いキモしますが、「2700円で10時間楽しめる」と考えれば、映画やDVD、その他各種レジャーと比べてもバツグンのコストパファーマンスでしょう。

 僕が少々文句をつけた、ゲームプレイの大部分を占める「TPS部分」に関しては、レビューサイトなどでは褒めているところも多いので、体験版を遊んで自分で白黒つけるのがおすすめ。
「アンチャでTPSデビュー」であれば、他の作品と比べることもなく、それほど不満を感じないかもしれません。

 まぁ、続編の「 アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」も間もなく発売されますし、その前にサクっと遊んでみるのは悪くない選択だと思います。

アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝 PLAYSTATION 3 the Best
アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝 PLAYSTATION 3 the Best
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2009-09-03
売り上げランキング : 37

おすすめ平均 star
star映画の中で遊ぶ
star映画を見ているような
starアップデート

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


B001N2LWCEアンチャーテッド 黄金刀と消えた船団(初回生産限定: 「スペシャルアイテム黄金銃」プロダクトコード同梱)
ソニー・コンピュータエンタテインメント 2009-10-15

by G-Tools


おまけ:2のIGNのレビューwith日本語字幕。



おまけ2:オープニングからのプレイ動画。雰囲気は良く分かるけど、ストーリーがバレるので注意。

関連記事
[ 2009/09/22 12:47 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(14)


アンチャは報酬が面白かった!
[ 2009/09/22 14:11 ] [ 編集 ]

いや、バリバリなTPSと間違える人がいるけど
銃のダメージ量は少なく設定されてるから
近接戦闘が主軸なんですよ、このゲーム
常にドロップキックや鯖折り、ボコボコ殴りを心がけてほしいものです
銃より強いヒーロー格闘、それがアンチャです
[ 2009/09/22 14:37 ] [ 編集 ]

吹き替えだけあればいい!

いやマジで
[ 2009/09/22 14:46 ] [ 編集 ]

「TPSがだめ」「アクションアドベンチャーもダメ
」って結構大雑把に向かない人リストにいれたね。
評価がどんなによくてもこの二つだけで購入リストからはずす気がするんだけど・・
まぁ、うちみたいに「評価よいから、初体験のジャンルだけど買うか!!」って言う人がおおいのかな?

そういえばアンチャってリアル系TPS?
ギアーズ、足鈍いけどスポーツ系TPSだとおもってるんだけど、リアルとスポーツの違いがいまいちわからん。
[ 2009/09/22 14:55 ] [ 編集 ]

「ダメ」ってのは「TPS嫌い」「アクションアドベンチャー嫌い」って人。
つまり「一度遊んだけど合わなかった」人には向かないかなと。
そういう人は基本的な部分で合わないでしょうから。

「TPSとかよく分からないけどやってみようかな」ぐらいなら、
逆にオススメかもしれません。隠れてればすぐ体力回復する
親切設定だし、 全体的な難易度設定もキツくないし。


格闘は慣れると楽しいですが、コンボが大事なとこで決まらないし
囲まれてボコられるしでリスキーなんですよね…。
チキンな僕は岩陰に隠れてちまちま撃つスタイルなんで、
むしろ銃のダメージを増やして下さい。撃っても撃っても死にませんorz
[ 2009/09/22 15:36 ] [ 編集 ]

このゲームはプロからが本当の戦いみたいなもので、
トロフィーも簡単にプラチナまで行けるので結構やりこめますよ。

それに格闘をマスターして突っ込んで行ったりしてなかなか楽しいゲームだと思います。
[ 2009/09/22 17:40 ] [ 編集 ]

アンチャはあまりPS3にソフトが無いころに発売したからな
今は十分良作が出てるから埋もれて見えるのも仕方ないと思う
だからその分2にはかなり期待しちゃうんですよね
[ 2009/09/22 18:07 ] [ 編集 ]

>まずTPS部分ですが、本格的なTPSタイトルと比較するとちょっと劣る印象。「撃っている」感が今ひとつで、爽快感とか重厚感にかけるというかなんというか…。
>あと武器の種類がちょっと少ないし、入手できる機会が少ない&強めの武器は弾切れになりやすい等々、もう少し武器選択の自由度が高い方が好き。

弾切れとか入手の機会はアンロック要素で
好きな武器選べたり無限弾選べるし(少し手間だけど
主人公の動きを速くするモードもある。
TPSとしての爽快感は日本人は剣がないと駄目なのかもわからんね。
狙うと隠れる敵のAIが賢いのも爽快感がない所以でもあるのかも。
ちなみに日本版は出血描写とか敵にカーソルを合わせた時にカーソルが赤く光る機能などが削られてます。
ネイトはゴリマッチョでもないし武器屋でも特殊部隊でもないちょっと駄目臭さが漂うキャラだから
私はキャラ的にはこのゲームバランスで良いと思いますよ。
出血表現の削除もある意味映画みたいで良い・・w
[ 2009/09/22 18:24 ] [ 編集 ]

正直管理人おかしいって
アンチャとキルゾーンのグラがすごくないならなにならすごいの?
[ 2009/09/22 18:25 ] [ 編集 ]

ベストのフリーズ問題は大丈夫ですか?
前やったら、止まってやれなくなったので…
[ 2009/09/22 18:34 ] [ 編集 ]

ベストのフリーズ問題は3.01になってなおったと
思いますよ。3.0の時は止まりましたが、アップ
デートしたら最後までノーフリーズでした。


>アンチャとキルゾーンのグラがすごくないなら
>なにならすごいの?
「すごくない」じゃなくて「好きじゃない」です。
アンチャとかKILLZONEよりは、MGSとかヘブンリーの
方が好きですね。

今までで「凄い」と思ったのはアサシンクリードと
EVEかな。EVEはPCだけど。
[ 2009/09/22 19:44 ] [ 編集 ]

アンチャのグラは個人的に好きじゃないし
そもそもそんなに凄くない…
なんで絶賛されているのいまいち疑問だ
主人公やサリー、女のキャラクターはどれも魅力的でストーリーは彼らのキャラにだいぶ助けられてるところがあるよね。
まぁ絶賛されるほどじゃないわ。2500円位ならおk
5000円は出したくない
[ 2009/09/23 01:40 ] [ 編集 ]

何かと絶賛される理由としてアンチャで洋ゲーデビューした人が少なからず居て、
「これが洋ゲーか!」みたいなインパクトを植え付けられたってのがあるからじゃないですかね、俺みたいに
だからそういう人が贔屓目に評価してしまい、それが絶賛に繋がってるところもあると思います

しかし何だかんだでアクションアドベンチャーとして良質なものであるのは間違いないし、
洋ゲーをやったことない人でもとっつき易いので仕方が無いとは言えば仕方が無いとは思うけどね
[ 2009/09/23 03:03 ] [ 編集 ]

いや、グラフィックはすごいよ
結構初期のゲームだけど今見ても一線級、テクスチャと水は個人的に超一級
最新の技術的なトレンドもほぼ押さえていてる
ただジャングルの樹木が実際以上にカラフルでCGチックなのは好き嫌いが分かれるところだろう
[ 2009/09/23 11:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/1115-5b053870