『ドラゴンクエストIX』が終わったので感想文を書いてみた【レビュー】 

 最近なぜかCIV4ばっかり遊んでます。
 ついつい朝まで遊んじゃう妙な中毒性があって困りもの。
 ラオックス閉店セールで買ってきた英語版BS PACIFICが手付かずなままです。

 てか、ラオックス閉まっちゃうんですねぇ…。
 PC黎明期からお世話になっていた店舗ですが、ここ数年は明らかに迷走感でまくりでしたからねぇ…。
 で閉店セールというので、長年の感慨に浸りつつ、安物買いにワクワクしながらのぞいたのですが、やっぱりそれほど安くなっていないのがラオックスらしいというかなんというか。
 ギアーズ2日本語リミテッドとマグナ2が2980円で売ってたのが目立ってました。

 雑談終了。
 
 さて『ドラゴンクエストIX』が無事終了しました。

 クリアにかかった時間はだいたい40時間ぐらい。せっかくなのでレビューというか、「感想文」でも書いてみようと思います。
 いつも以上に書きなぐりですが、お付き合いいただければ幸いです。

・良かった所
 日本を代表するRPGのナンバリングタイトルがDSという携帯機で出されると言うことで、あまり好意的にはとらえていなかったのが正直なところでしたが、実際に遊んでみると丁寧に作られた良作RPGということが伝わってきました。

 インターフェースまわりでイライラするところはほとんなく(ステータスの確認がしづらいなどはありましたが)、ストーリーの進め方、ヒントの提示、ダンジョンの構造など、トータルで見た「遊びやすさ」は素晴らしいレベル。
 まさに「誰もが楽しく遊べるRPG」だと思います。国民的タイトルの面目躍如。

 グラフィックもDSの低解像度を考えると、非常に綺麗に仕上がっています。ドットの打ち方とか良く考えられてるなという印象で、スクエニ&レベル5の昔ながらのキャラ絵・背景絵技術のレベルの高さを再確認。

 また、IXは「長く遊べる」ということを重要視したせいか、キャラクター育成システムの自由度が高く、「やりこみ派」が楽しめるようになっているのが大きな特徴。
 普通、この手のやりこみシステムは往々にしてマニアックになってうのですが、ドラクエの場合は、マニアックになりすぎないよう「分かりやすさ」を残しつつ、それでいて育てる楽しみもしっかりと実現しているのがポイント。
 ゲームマニアから、「ドラクエだから遊ぶ」ぐらいのミドルゲーマーまでを、幅広くカバーできるのではないでしょうか。

 他にも、素材を世界中から集めて強力な装備を作り出す「錬金」や、ランダムなダンジョンに潜って宝探しやボスバトルを楽しむ「たからのちず」など、やりこみ要素が満載で、かつその要素が「簡単すぎず、難しすぎず」と良い感じでプレーヤーのモチベーションを煽ってくれるのは、さすがドラクエって感じでした。


・悪かったというか、気になった所
 一番気になったのは本編のボリュームの少なさというか、あっさり終わった感が強かったこと。
 今回のドラクエは、メーカー発言によると「長く遊べる」「クリアした後も楽しめる」を気にかけたということですが、そのせいか「クリアするまで」の密度が薄まってしまった気がします。

 まずレベルアップの速度に対して、特技や呪文を覚える速度がとにかく遅い。
 ある程度レベルがあがっても、それほど強い魔法が使えないので「強くなった」気があまりしない。
 装備も「練金で強い武器を揃える」ことや「アバターが見た目重視で装備できる」ことを重視したせいか、種類も強さも正直貧弱。宝箱からもあまり出ず、お金を貯めるのもそこそこ大変なので、僕の場合、足装備とか初期装備のままで後半までいってしまいました。

 本編で強力な武器や呪文を開放してしまうと、クリア後のモチベーションが続かないと考えたのかもしれませんが、メインは「本編クリア」でクリア後はむしろオマケ。オマケのために本編を犠牲にするのは、本末転倒な気がします。
 まぁ9はクリア後が本番で、それまではオマケだと言われればそれまでですが。

 もう少し序盤に覚えられる技の数を増やす&後半に強力な魔法を足すなどして対応してくれるとだいぶ違ったんじゃないですかね。RPGの場合、装備や魔法を揃えながら「強くなっていく」のを実感できるのも楽しみの一つなので、もう少しサービスしてくれてもいいんじゃないかなぁと思います。


 本編のストーリーですが、すでに述べたようなボリューム不足とあいまって、「壮大な冒険譚」とはほど遠いのですが、全体的な構成そのものはシンプルながらもツボを抑えていて「無難な」仕上がりな印象。
 個人的にはやたら人が死にまくるのはカンベンですが、一般的には全然許容範囲なのかなーと。
 「つまらなくは無い」程度が率直な感想です。


 最後に今回のウリの一つ「通信プレー」について。

 僕的には、通信プレーには面白みをほとんど感じませんでした。
 通信プレイでは、それぞれが自分のキャラを操作しながら一緒にプレーできるようになるのですが、戦闘は従来どおりのコマンド選択バトル。
 相手の入力待ちが毎回発生するというテンポの悪さにくわえ、ドラクエのバトルがもともと戦略的とは言い難いこともあり、あまり「一緒に戦うことの面白さ」を感じることができませんでした。

 もっとも、これはネトゲRPGに慣れている僕だからそう感じたのであって、ドラクエユーザーの多くを占める「ライトゲーマー」「通信プレー未体験ゲーマー」にとっては、繋がっているだけで楽しいかもしれません。

 そういった意味では「ドラクエで協力プレーができる」ということ自体に意味があり、あまり難しいものにする必要はなかったのかもしれません。
 ただネトゲを遊んだことのあるユーザーも少なからずいるわけで、そういった人に対しても、「ドラクエの通信プレーはココが楽しい!」という部分を見せて欲しかったです。
 例えば4人パーティ同士で遊べるようにして、複数ルートで同時進行しないといけないクエストとか、8人じゃないと勝てないような強力ボスを置くとかね。

 正直、今の仕様だと低レベルプレーヤーのレベル上げを手伝うぐらいしか遊び方が思いつかないんですよね…。
 うがった見方をすれば、今の仕様だとWi-Fiで知らない人とやってもつまらないだろうから、DSワイヤレスのみ対応ってのもアリかもなーなんて気もしましたが。

 あぁ、すれ違い通信は超楽しかったです。あれはヤバいす。めちゃハマる。思わずビックとかヨドバシにも行っちゃったし。
 まぁちょっぴり恥ずかしかったので、DS閉じたままそーっと通り抜け、人気の無いところで呼び込み人数を確認してたチキンですけどね!

まとめ
 気になる部分も無くはありませんが、僕は十分に楽しめました。
 海外の最新ゲームに見られるような、革新的なアイデアやシステムなどはカケラもありませんが、ドラクエならではの「安定感」はバツグンで、昔ながらRPGをじっくりと楽しめる感じ。
 まぁ良くも悪くも「保守的」なゲームってところ。

 ドラクエというブランドの価値をさらに押し上げる名作、とまでは言いませんが、ドラクエブランドに恥じないだけの作品ではないでしょうか。

 とりあえず、僕はもう少しクリア後の世界で、メタルキング相手にレベル上げを楽しもうかと思います。
 つかレベル上げしてるとドラクエモンスターズが無性にやりたくなってきたので、ゼヒ続編をお願いしますm(_ _)m
関連記事
[ 2009/08/30 21:30 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(6)


ドット…?
3Dでしょ?DQ9って…
[ 2009/08/30 23:52 ] [ 編集 ]

ああ、ごめんなさい。一般的なドット絵って意味を
考えると分かりにくい表現になってますね…orz

思ったのは、背景のテクスチャのドットの打ち方が
キレーだなーと。FFXIもそうですけど、スクエニの
ゲームってローポリなのに、それっぽく見せるのが
上手な気がします。

最近はドットにこだわるよりは、リアルなテクスチャを
ガツンと貼っちゃうやり方が主流ぽいですが…

文章いじっておきます。orz
[ 2009/08/31 00:22 ] [ 編集 ]

脇役のキャラはドット絵だったけど。
アレってどうやって乗せてるんだろうね。
ドットに見える3D?そんな無駄なことしないか。
脇役に関してはドットだったとおもいますよ。
[ 2009/08/31 02:02 ] [ 編集 ]

>赤外線のみ対応
をいをい。
[ 2009/08/31 03:22 ] [ 編集 ]

>赤外線のみ対応
DSワイヤレスのみに修正しました
[ 2009/08/31 12:07 ] [ 編集 ]

9も出たしそろそろ6DSについての情報が欲しいなぁ
けどやっぱりFF13が出てからなのかな
[ 2009/09/01 07:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/1087-2637ce4c