「人が死ぬのは不快で当然」。海外FPSが「リアルなダメージ表現」を追及 

私達は死をとても軽く、そして簡単には描きたくなかったのです。
ダメージはリアルで挑戦的なものとなり、死を出来るだけ不快なものとする事で、私達はプレイヤーの行動をより慎重にしたいと思っています。あなたは弾丸が行き交うオープンフィールドを走り抜けるという事は無いでしょう。ゲームがそう教えてくれます。


OPFDR0816.jpg


 09年秋にPC、PS3、360で発売予定の「OPERATION FLASHPOINT: DRAGON RISING」
 オールドゲーマーにとってはFPSの名作の続編と言うことで、そうでない人にとっても、リアル系ミリタリーFPSの大作として、注目を集めている作品です。

 その話題作のプロデューサーが「ダメージ表現」について述べたのが冒頭の言葉。

『Operation Flashpoint: Dragon Rising』は現実的なダメージ表現を追求

 これに関しては、素直に「なるほどなー」と受け取りました。
 僕は海外ゲーのエグい暴力表現とかキライで、できればやめて欲しいとは思っていますが、少なくともも大人になるまでに「人が戦争で死ぬシーンはエグい」ってのは何度か見せつけられているわけです。

 CEROあたりだと「血が出るシーンは年齢制限」みたいなくくりがありますが、子供には「人が死ぬときに血が出まくる」のを見せないんじゃなくて、まず最初に「死ぬときは血は出るし、ものすごく気持ち悪い」ってのを教えておかないと、かえってよくないんじゃないですかね。
 いっそトラウマになるぐらいの勢いできっついシーンを見せつけないと、戦争が酷いものだって認識できないのでは、と思います。
 スタイリッシュな暴力シーンや痛そうでもなんともない暴力シーンは、「実はそうではない」って想像できるだけの下地がないと、ただの暴力賛美だし。

 このゲームでの「死を軽く扱いたくない」というのは、あくまでゲーム的な部分で「死をおそれずに向こう見ずな行動を取って欲しくない」というニュアンスのようなので、戦争や暴力の善悪について語っているワケではないようです。

 もっとも、仮にこのゲームで「戦争における暴力や死の本質」を描こうとしても、普通の人から見れば「戦争で銃を撃つという行為を娯楽化している」としか見られないのが現実でしょうけど。
 未来的な可能性としてはともかく、少なくとも現状では、「ゲーム」は映画や小説、さらにはマンガと比べて「文化」というよりは「遊び」でしかないですから。
 ゲームが「表現するメディア」として認められるようになるには、もう少し時間が必要だと思います。
(なお僕個人は仮にゲームが遊びでしかないとしても、「戦争を遊びにするな!」とか言う気は毛頭ないんです。むしろどんどん遊ばせろ、みたいな…。最低限、戦争や暴力を「ゲームとして割り切るだけの感性」が、作り手にも遊び手にもあればいいかな、と思っています)

 まぁゲームとしてだけ見ると、弾幕の中に突っ込んで2,3発食らっても平気な上に、ちょっと隠れていればすぐ回復しちゃうゲームよりは、あっさり死んじゃうぐらいの方が緊張感があって好きです。
 前作の「OPERATION FLASHPOINT」はそんなゲームだったので、新作にも大きく期待したいところです。
関連記事
[ 2009/08/16 19:32 ] 海外ゲーム事情 | TB(0) | CM(22)


しかし世界の今の風潮って、人の命<金の方向に向かっている気がするなぁ。
「人の命は重い」って建前さえも弱くなっているように感じる。
どっかの国がビジネスのために戦争起こしたりしてるし。
[ 2009/08/16 20:33 ] [ 編集 ]

かっこいい。惚れた。
このプロデューサーなら掘られてもいい///
[ 2009/08/16 20:57 ] [ 編集 ]

cod4なんかでFPSやりはじめた奴はきっとクソゲー扱いするんだろうな。
[ 2009/08/16 21:01 ] [ 編集 ]

 

で、具体的にどんな表現に?
[ 2009/08/16 21:09 ] [ 編集 ]

早くやりたいぜ
限かけていいから、表現削除は止めてくれよ!
[ 2009/08/16 22:12 ] [ 編集 ]

失礼
上のコメントの「限」てのは、「年齢制限」てことでヨロシク。
[ 2009/08/16 22:14 ] [ 編集 ]

新井英樹か
[ 2009/08/16 22:15 ] [ 編集 ]

日本もアメリカもどこの国もずっと作りたかっただろうな。バカが偽善者がうるさいからだめだったけど、リアルなダメージ表現で戦争の悲惨さを演出はしたかっただろう。
ちゃんと「人の命」を重くみてのダメージ表現だから買がいありそうだな
[ 2009/08/17 08:27 ] [ 編集 ]

カジュアルが流行りの今、リアル路線を維持することは好感を持つが
売れないだろうな。
[ 2009/08/17 10:06 ] [ 編集 ]

前作の「一発食らって運よく生き延びてもほぼ役立たず」
みたいな状態は非常に熱かった
と、同時にブラックホークダウンみたいな映画を鼻で笑っちゃうようになったけど
銃撃戦の最中に道のど真ん中で話し合いとか正気と思えん
[ 2009/08/17 11:09 ] [ 編集 ]

CoDWaWみたいに選べるようにしてくれ

ずっとゴア表現は何とも思わなかったが、最近ダメになってきた
[ 2009/08/17 11:57 ] [ 編集 ]

しかし、年齢制限してZとか区分けしているのに
なんで更に修正まで施すんだろうか?

欧米では普通に大人がプレイするタイトルという認識の下、
修正などせずに明確な年齢区分されているのに。

まるで日本は未成年が対象の中心みたいだよな。

[ 2009/08/17 21:24 ] [ 編集 ]

殺戮を楽しみたいだけのくせに、うまい言い訳をかんがえたもんだ。
[ 2009/08/17 21:24 ] [ 編集 ]

グロいのが見たいでいいんじゃない?
何で戦争までいたったか、利権組織、宗教、色んな問題ほったらかしだもんね
なんか戦争ゲームばっかでてるくせに、一行にそっちの教育は進まないのね
死を…とかえらそうにいってほしくないし
[ 2009/08/17 21:31 ] [ 編集 ]

おお・・・何と言う素晴らしい考え
確かにそこは重要だよな
死の重さ的にも、グロ好きの気分を満たす事でも
死を甘ったれた表現で塗りたくる幼稚さと比べると非常に清々しい
[ 2009/08/19 21:19 ] [ 編集 ]

俺殺戮の抵抗を限りなく麻痺させたいから
今まで戦争映画の殺人描写とか戦争ゲームやりまくってたけどなんか物足りなかった
でもこのゲームが発売されたら満足できると思う
[ 2009/08/19 22:16 ] [ 編集 ]

グロ=爆笑
[ 2009/08/20 08:41 ] [ 編集 ]

いやちょっとまて。前から思うんだけど海外って似たりよったりな戦争FPS多すぎないか?戦争をどう表現するかとか言ってる間にもっと多彩なジャンルのゲーム作れよ・・・・。
[ 2009/08/20 11:04 ] [ 編集 ]

>利権組織、宗教、色んな問題ほったらかし
それをゲームで扱う必要があまりない上につまんなそうだからじゃね?

表現を規制することはその表現の過激化を抑制するのが目的だけど、実際はただ作り手側が婉曲して表現すればいいだけなんだよな。血の色を単に変えたりとかね。

個人的にそれは過激描写の抑制にはならないと思う。
そもそも過激な表現を含む作品がソフトな表現に変えたらはいオッケー、なんておかしな話だしね。

[ 2009/08/21 20:40 ] [ 編集 ]

>俺殺戮の抵抗を限りなく麻痺させたいから

こういう馬鹿が出てくるとこが問題なんだよな
[ 2009/08/23 23:56 ] [ 編集 ]

というか前作は戦闘はできるだけしない方が
いいってバランスだったぞ
殺戮を楽しむとかそんな余裕はまず無い
そもそも弾が中々当たらんし、爽快感は皆無

敵スナイパーや戦車から必死に逃れるって言った方が
良いかもしれん
[ 2009/08/24 17:37 ] [ 編集 ]

コメントで、どの程度の知性か分かるね
[ 2009/09/13 07:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://graffito.blog.fc2.com/tb.php/1067-899589c1