PS5は驚きの低価格。サブスク型に軸足を移しつつあるXboxとの対決の行方は!? 

  PS5のお値段が発表されました。

PS5発売は11月12日!通常版が49,980円、デジタルエディションは39,980円…予約は9月18日スタート!

 光学ドライブ搭載のフルスペック版が49980円。
 光学ドライブ無し版が39980円。

 いやー、超絶安いすねw
 とくにドライブ無し版の4万円は破格だと思います。

 発表前はスペックの高さから「6万円もあるのでは?」と言われていたことを考えるとウソのよう。
 ていうか、前評判が「高め予想」だっただけに、割安感が大幅増幅されている感すらあります。

 僕は、軸足が完全にPCゲームにシフトしてしまい、やりたいゲームはだいたいPCでできることもあり、PS5は当面見送る予定なのですが、それでもこのスペックと値段は魅力的。
 とくにカスタムSSDによる高速ローディングはかなり興味があります。
 どれぐらい速くなるのかなー。


 さて、これでXboxとPSの新型機がともに発売日が決まり、次世代ゲーム機の全容があきらかになりました。

 気になる次世代のゲーム市場バトルの動向ですが…
 正直なところ、いまとあまり変わらない気がします。

 というか、PCとPSとXboxってわりとキレイに棲み分けできそうな?

 PCとPSってあんまり客層が被らないと思うんですよね。
 スペックとゲームの値段とカスタマイズ重視勢はPC。
 コスパと遊びやすさ、あとネット環境の快適さ(チート対策含む)重視ならPS。
 この2つは平和に共存していきそう。

 問題となるのはXboxとPSなんでしょうが、正直、Xboxってハード売ってシェア上げてソフトのロイヤリティで儲けるっていう従来の売り方をメインストリームにしているのではないような…。

 ファーストタイトルをPC版と同時発売するやり方とか、サブスクサービスの「Xbox Game Pass」に猛烈に力を入れているスタイルとか見ていると、MSとしてはハードの売れ行きにはそこまで拘ってなくて、サブスクサービスが売れればOKと考えている気がします。

 「Series S」を出してきたのも、プラットフォームとしてのシェア拡大というよりも「手軽にサブスクサービスを利用するためのプラットフォーム提供」なのかもしれません。

 ただ「無料でいろいろなゲームが遊び放題のサブスクサービス」って時間泥棒ですから、そういった観点からすると、PS5とは「可処分時間を奪い合うライバル」になりそう。

 PS5というハードを中心に従来型のゲームビジネスを進化させていくスタイルと、最近流行りのサブスクライブ型サービスによるゲームビジネスの、どちらが主流になっていくのかは、なかなか興味深いところです。

[ 2020/09/17 09:37 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)