『Windobound』レビュー:ゼルダっぽい見た目だけど、中身はまるで違う海洋探検ローグライト 

 イカダにのって数多の小島を巡りながら、故郷への帰還をめざすサバイバルクラフト『Windbound』をクリアしました。

 こちらの作品、Steamだと評価がかなり低めです。
 低い理由の根本が「クラフトゲーなのに素材が少ない&管理が大変」「難度が高すぎ」といったもの。
 要は「まったりクラフトサバイバルを楽しみたいのに、難度がキツすぎて無理」という意見が多いです。

 トレーラーなどのぱっと見が「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」っぽいので、そういったゲームを想像してプレイしてみたら、「これじゃないよ!」って反応と思われ。





 この意見には同意するのですが、そもそも

 このゲームは「まったりクラフトサバイバル」じゃないんです。
 本質は死んでやり直すのが前提のローグライト系サバイバル。


 『Windobound』は、ゼルダじゃなくてドンスタなんです。
 そりゃゼルダ遊ぼうと思ってドンスタだったらキレるよね…という。


 ローグライトとして見ると、『Windobound』のゲーム難度はそれほど高くありません。

 Steamレビューで目立つ「難しいから低評価」は、要は「初見でクリアできないとかクソ」って意見なんですが、このゲームは「ある程度経験を積むと楽になる」難易度になっています。
 たしかに、初見だと、敵はクソ強くてまったく勝てないし素材は全然足りなくて満足に探索できません。
 ですが、ある程度経験を積んでくると、敵への対処法が分かって楽に勝てるようになりますし、素材の管理も「どの素材がどの程度必要か」が分かってきて管理が容易になってきます。素材管理なんかは、むしろやりくりが楽しいレベルとすら言えます。

 つまり「ローグライク」って考えればフツーの難しさなんです。
 むしろ、難しすぎず簡単過ぎずで、初心者向けの雰囲気重視ローグライトとして見ればよく出来ている方だと言えるでしょう。



 このゲームの低評価については、ひとえに「マーケティングの失敗」としか言いようがないですねぇ。
 そりゃ、あのトレーラー見たら『ゼルダBotW』と『風のタクト』をくっつけたゲームを想像しますって…。

 その方が注目を集めたかもしれませんが、結果としてトレーラー詐欺になってしまい、ユーザーもメーカーも得をしない結果になってしまった気がします。

 ちゃんと「このゲームは、死んだら最初からやりなおしのローグライトです。オープンワールド冒険ゲームではなくて、素材をやりくりして先へ進むサバイバルゲームです」って明言しておけば、ローグライト好きの注目を集め、そういった人たちが購入した結果として正統な評価を得られただろうなぁと思うと、残念でなりません。

[ 2020/09/08 16:49 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)