おすすめブラウザ2019年夏版:「Cent Browser」と「Firefox」が多機能かつ拡張性も高い! 

 最近、ブラウザをいろいろ試しております。

 昔はFirefoxを使っていたのですが、例のアップデートで愛用アドオンがほぼ壊滅したので、頭にきてMozzilaより離反。

 旧式アドオンを使い続けられるWaterFoxに逃げたのですが、基本設計が古いためか、最新型のChromeやFirefoxと比べると、起動もブラウジングも、なにもかも重い。
 機能を取るか軽さを取るかで悩んだ末に、Vivaldiへ移行。

 ここ1年ぐらいはVivaldiでおおむね満足していたのですが、どうも最近動作が不安定で、ちょいちょいクラッシュするように…。
 Vivaldiが悪いというよりも、他のアプリとの相性だと思うのですが、原因特定できないし、このままだと困るしなので、やむなくVivaldi以外のブラウザを探すことに。

 Chromium派生の「Cent Browser」がなかなかよかった&Firefoxも愛用していたアドオンが揃ってきたので戻ってもいいかな? って感じとなりました。
 とりあえず、Cent、Firefox、くわえて今まで使ってたVivaldiの3つを比べてみます。

Cent Browser

Webベンチのスコアがいい(早い)。
「Mac Type」が使える。
スーパードラッグが標準装備。
マウスジェスチャも標準装備。
タブ回りやリンク操作など、基本的に多機能。
Chrome系なのでGoogleサービスと相性が良い。
サイドバーがない。


FireFox

ベンチのスコアはChrome系と比べやや劣る。
「Mac Type」が使える。
タブグループ機能をアドオンで利用可能。
No Scriptもアドオンで利用可能。
スーパードラッグ、マウスジェスチャはアドオン対応。
詳細設定をいじると高度なカスタマイズができるが、設定が面倒かつ難解。
サイドバーがある。


Vivaldi

Chromiumなので、だいたいCentと同じ。多機能。
マウスジェスチャ標準装備。
スーパードラッグはオドオン。
タブスタックが使える。
タブグループは使えない(アドオンも多分ない)。
「Mac Type」も使えない。
サイドバーがある。Firefoxのより多機能。Webパネルが超便利。


 モバイル連動は、ぼくは利用していないので対応状況がわかりません。
 Firefoxはモバイル版が出てるので問題なさそう。
 Centはgoogleアカウントで同期できる模様。
 Vivaldiは独自アカウント同期。モバイル版が(まだ)ない。



 個人的には、いちど「Mac Type」のフォント表示に慣れてしまうと、デフォルト表示の汚さに我慢できないので、Mac Type非対応のVivaldiは対応外に。

 CentとFirefoxは甲乙付けがたいのですが「安定性・速さのCent」か「タブグループが使えるFirefox」の選択。
 で、僕はタブグループの優先度が高いので、Firefoxを選びそうです。Centもイイのでサブで使っていこうかなーと。

 なおFirefoxのアドオンは、リリース直後からするとかなり改善かつ充実してきてました。
 Firefoxを見切った人は、いちど再チェックしてみるとよいかもしれません。


[ 2019/06/28 08:01 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)