「Oculus」の次は「Vive」も大幅値下げ。VRヘッドマウントが買いやすくなってきた 

 先日、PC用VRヘッドセットの「Oculus Rift」が価格改定で499ドル、さらに夏のセールで399ドル(日本は5万円)で入手可能となりました。

 それに呼応するかのように、もう一つのPC用VRヘッドセット「VIVE」が2万円ほどの値下げを行い、従来の99,800円から77,880円まで下がっています。

 1年前は10万越えてたVRヘッドセットですが、だいぶ安くなりましたねぇ。

 ただ、2万円値下げしたものの、ライバル「Oculus Rift」が現在はキャンペーンセール中で5万円、セール終了後でも6万円ほどで買えるため、価格的な劣勢をひっくり返すほどではありません。
 Oculusと比べて、より強力なルームトラッキングを備えることや、Steamとの強力な連携を強みに、2万円程度の価格差をひっくり返せるかどうかは、なかなか興味深いところです。

 なお、個人的には、OculusとViveなら、現時点では「Oculus」を選びます。

 Viveのメリットは「日本の量販店で売っているので、初期不良や故障時の対応が簡単(Oculusは海外サイトからの通販なのでやりとりが面倒)」、「ルームトラッキングが強力」といったところですが、その程度だと「価格が1万以上安い」「コントローラーが”掴む”動作にも対応している」といった、Oculusの強みに魅力を感じるので。

 逆に言うと「日本に正規代理店があって、サポートもしっかりしている」「強力なルームトラッキングを活かした”立ち歩きプレイ”に魅力を感じる」なんて人はViveがイイかと。


 どちらにしても、VRヘッドセットの価格がこなれてきて、対応タイトルが増えてくるといいなぁと思います。
 Oculusが僕のもとに届きましたからね!


 そういや、PSVRもまだ品不足っぽいですよねぇ…。
 これだけたっても品不足ってことは、潜在需要がけっこう多いのかしら?
 最近はPCとCSのマルチが増えてきたし、両方の相乗効果で家庭用VRタイトルが盛り上がっていくといいなぁ。


 
[ 2017/08/26 03:43 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)

『Oculus Rift』が5万円になったので買った→いつまでたっても届かないw 

 PC用のVRヘッドマウント「Oculus Rift」がコントローラー付きで5万円になってました@公式サイト。

 気がつけばポチってた。

 もともと10万ぐらいしてたんで、気がつけば半額に。
 PC用VRは「HTC VIVE」の方が好調で、Oculusはちょっと押され気味。
 そんな状況での価格大幅ダウンなので、正直「投げ売りですか^^;;」って警戒感はあるんですが、それでも5万ならいいかなーと。
 PC系だと、本体が発売中止になっても有志による改造対応などが細々と続きそうですし。

 ところが、購入手続きをすませたものの、いつまでたっても注文状況が進行しません。
 20日にポチったのに、6日たっても「発送日未定」のまま。状況のお知らせメール的なものも一切送られてきませんorz

 価格急落で購入殺到して処理しきれないのかなぁ。
 米国アマゾンだと8/7頃出荷になっていたので、それまで放置される予感がしないでもない…。

 このへんの大雑把さというか適当さ加減が、いかにも新興ベンチャー企業。
 Oculusってもともとの評価はかなり高かったのに、発売直後の売り方や顧客対応の下手くそっぷりで一気に評判を下げた感が…。なんというかもったいないですねぇ。

 まぁそれほど急いでいるワケではないので、ゆっくり待つことにします。
 これから購入しようとしている方は「購入してもいつくるか分からない」つもりでどうぞw



 ちなみに、ライバルの「VIVE」と比べた場合、Oculusのスペックは「似たり寄ったり」といったところ。
 発売初期、「VIVE」に搭載されていた「ルームトラッキング」と呼ばれる「一定範囲内での移動を検知」する機能がOculusには非搭載だったり、VIVEにはあったモーションコントローラーがOculusには無かったりと、機能面でVIVEの方が上回っていました。
 が、その後のアップデートなどでOculusもルームトラッキングに対応(追加センサーが必要ですが)し、評価の高いモーションコントローラーも追加されています。

 なので、現状、PC用VRで「VIVE]か「Oculus]かを選ぶ基準となるのは「対応タイトルの数」と「値段」の2点。あとは将来性でしょうか。

 対応タイトルはVIVEの方が多いです。Steamでの対応本数だと1000vs1800ぐらい。
 STEAMだとVIVEもOculusも対応していますが、STEAMのメインVRはVIVEなので、今後の伸びしろはVIVEの方が堅いと思います。

 ざっと調べたところ、
 DOTA2とFallout4VRはVIVEのみ対応。
 DiRT RallyはOculusのみ。
 ARK、Assetto Corsa、Project Cars、ELITE:Dangerousは両対応。

 VIVEとOculusは似たようなハードなので、両対応にするのがそれほど面倒ではない模様。
 ある程度規模の大きなタイトルだと両方に対応することが多いようです(FalloutはZenimaxとOculusが裁判してるだかで対応しない…なんて話が出ていました)。


 VIVEとOculusの将来性を考えると、「SteamとVALVEがVIVE押している」という点から、VIVEの方が優位であると言えそうです。
 ただ、Oculusが大幅に値下げしたことで「性能がほぼ同じなのに値段が倍以上違う」という状況になっています。
 これを活かしてOculusがある程度のシェアを握られれば、状況をひっくり返す、もしくはイーブンに持っていけるかもしれません。



Oculus Rift cv1 製品版 2016 オキュラス リフト (Oculus Rift cv1 製品版) [並行輸入品]

【国内正規品】VIVE HMD VRヘッドマウントディスプレイ HTC VIVE
PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

 AMAZONのコメント見たところ、Oculusは公式サイトと認定ショップ以外で購入したものはサポートしないらしいです。
 日本で並行輸入品を買う場合は、購入店が対応してくれないと「初期不良でも死亡」なんてケースがありえるので気をつけましょう。 

 Oculusは公式で買っても修理対応は本国送付らしいですし、サポートに不安がある人は止めた方がいいかも。
 PCでVRしたいなら、すなおに国内流通しているVIVEを選んだほうがよさそうです。
 さもなきゃ非公式外部ツールの開発に期待してPSVRってのも…ちょっとリスク高すぎですかねw

[ 2017/07/26 09:17 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)