ゾンビを轢き殺すドライブバカゲー『Zombie Driver HD』が無料配信中。急げ 

 Steamで『Zombie Driver HD』という、定価1280円のゲームが、12/7未明まで無料で配信されています。

 見下ろし2Dマップ上にワラワラと沸いているゾンビの群れを、タクシーやリムジンなど、さまざまなタイプの車に乗って

 轢き殺しまくってアツくなる気分爽快バカゲー。

 オールドゲーマーであれば『GTA2』をゾンビゲーにした感じ…を想像すると、分かりやすいかもしれません。

 つまらなくはないです。
 ゾンビゲー的バカくせー世界観はしっかりできあがっているし、ビジュアルやUIもちゃんと作り込まれているして、知名度低めの1300円タイトルとして考えれば、なかなかの良ゲー。
 ただ、個人的にぶっちゃけると、「買うほどおもしろいか?」と言えばちょっと微妙かも。

 このゲームの基本コンセプトは「ゾンビを轢いて俺ツエーを楽しむ爽快感」だと思うのですが、「俺ツエーゲー」って「アクションゲームとしての難しさ」と両立させるのが難しい。
 簡単すぎると単調ですぐ飽きるし、難しすぎると爽快感がそがれる。

 で、『ZOMBIE DRIVER』では、アクションゲーム的ハードルとして「見下ろし型マップで車を自由自在に動かす難しさ」を用意しています。
 真上から見ている状態で、車を自在に運転するのってワリと難しい。

 ところが、この仕組みが「爽快感」を削いでしまっているんです。

 結果、爽快ゲーとしてもアクションゲーとしても突き抜けることができず、「悪くない良ゲー」に落ち着いている…印象です。

 車を自在に運転できるようになるまで上手くなれれば、爽快感だけが残りそうな気もするのですが、そこまで遊び続けるモチベは沸きませんでした。

 基本的にはしっかりできたゲームだと思うので、雰囲気が好きだったり、車運転ゲーが大好きだと、足りない部分を補えるので神ゲー昇格できるとは思います。
 残念ながら僕はどちらも当てはまりませんでしたが…。


 とはいえ、無料でもらえるゲームとしては十分なクオリティ。
 ハマって遊ぶほどではなくても、ちょっとしたヒマつぶしにはもってこいだと思います。
 無料配信はすぐ終わってしまうので、急いで確保しておくことをおすすめします!

felix2zのゾンビ轢き殺しゲーをwww.twitch.tvから視聴する

[ 2019/12/06 02:37 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

Steamで『ダークソウル2』を買おうとしたら、おまバザ&おま値で海外より5000円も高かった件 

 Steamでオータムセールが始まりました。

 ダクソ3がおもしろかったので、前からオータムセールで「ダークソウル2」を買おうかなーと思ってたんです。

 ところが、去年のセールでは安く売っていたのですが、今年はダークソウル2はおろか、ダクソシリーズは全部セール対象外。
 「あー、今年はセールしないのかぁ」と思ってあきらめることに(定価で買う気は無いもよう)。

 ただ、Steamのトップを見ていると「おすすめフランチャイズ」に「ダークソウルシリーズ」の文字が。
 さらによく見ると「最大0%オフ」という、ただの煽りとしか思えない注意書きが…

 もしや? と思い、海外版Steamでダクソの値段を調べてみると…

 全部セール中でした!

 ちなみに海外でのセール価格は…
 ダクソ2が10ドル。     (日本人通常価格5720円)
 初代リマスターが30ドル。 (日本人通常価格4730円)
 ダクソ3は15ドル。     (日本人通常価格4620円)

 おま値格差がスゲーな!!!

 まぁバンナムといえば「おま国&おま値」の総本山なわけで、普段は正直気にしないというか、そもそもバンナムのゲームはできるだけ購入希望対象から意識的に外しているので、今まで被害は少なかったのですが、いざ欲しいと思ったゲームが「おま値」対象だとやっぱりイラっとしますねw

 ついでだったので、バンナムの他のゲームのおま値もチェックしてみました。
(海外価格はドル小数点以下適当削除価格に0.9掛けて算出。2019年11月27日時価格。実際の購入だと為替レートがもう少し悪くなるので価格差は縮まると思います))


タイトル海外価格国内価格価格差
コードヴェイン504063141274
ソウルキャリバー618002508708
テッケン713501320-30
スパロボV585083602510
MAN OF MEADEN21602112-48
ゴッドイーター3288045101630
エースコンバット7288041801300
テイルズオブヴェスペリア27003135435
塊魂リロール10801760680
SAO ロストソング7201232512
二の国224302992562
ダークソウルRe270047302030
ダークソウル2 SotFS90057204820
ダークソウル3135046203270
ドラえもん牧場物語おま国
ドラゴンボール系おま国
ワンピース系おま国
ナルト系おま国
テイルズオブゼステリアおま国


 新作だと2000円ぐらいの価格差で、古い作品でも500円ぐらいは日本の方が高い感じでしょうか。

 しかし、基本販売価格よりセールの有無の方が圧倒的に影響がでかいw
 まさか一番内外格差の酷いタイトルが、僕の欲しかった『ダークソウル2』になるとは、なんという不幸中の不幸。
 価格差5000円は酷いでしょw
 いっそVPN使って強引に買ったろうかと思ったけど、めんどくさいからヤメました。

 ジャンプとかドラえもん系のタイトルが「おま国」になっているのは、版権処理がめんどくさいからですかねぇ…。
 海外では版権問題をクリアして売れてしまう理由はわかりませんが。

 ゼステリアがおま国なのは…なんでだろ?w たぶんビジネス判断なんでしょうね。



 しかし、500円程度のおま値は、まぁ別にいいかというか、たいした影響ないと思うんですよ。
 1000円が1500円でも、欲しい人は買うと思うし、多少購入者が減っても、単価が高い分、総売り上げで見たら損はしてないのかな…と。

 ただ、新作のおま値というか「日本だけ定価が2000円ぐらい高い問題」は、どうなんですかね?

 正直、僕は6000円以上するゲームはもう買ってないです。
 RDR2やボーダーランズ3の「ぎりぎり6000円」ぐらいが購入限界ラインw
 その値段以上払うと、他に欲しいゲームを2~3本買えちゃうんだもんw

 よっぽど欲しければ8000円とかでも買うかもしれないけど、ライバルが多すぎて、現実問題としてはかなり難しいでしょうね…。
 最近だとめちゃくちゃやりたかったRDR2ですら「価格6000円」「他に積みゲーがいっぱい」の2重ブロックによって、購入見送り中ですから。

 バンナムだと、最近のタイトルでは『コードヴェイン』とか『スパロボV』は欲しかったけど、ベース価格が高すぎて、ウィッシュリストに突っ込んで放置しているのが現状です。


 「おま国」「おま値」問題は、日本語対応コストとか、版権問題とか、声優音声権利問題とか、CSと小売りとパッケ版との兼ね合いとか、いろいろややこしい問題が絡みまくっているのでしょうから、一概に「悪い」とは言えないのかなぁ…とは思います。
 メーカーも理由もなく悪者になろうとはいないでしょうから(しないよね?)、なにかしら合理的な理由があるのでしょう。

 とはいえ、そういった部分を飛び越えて「日本だけ高い」とか「日本でだけ売ってくれない」って、やっぱり印象がよくない。
 なので、僕の中では、バンナムとかセガは、イメージがすごく悪いですw

 ゲームを買うか買わないかでの一番の判断基準は「ゲームの中身」なので、企業イメージが腐っててもいいゲーム出してくれれば買います。

 とはいっても、メーカーのイメージが悪いと、完全新作だとクオリティに不安が残るとか、定価が高いと完全版商法しそう…なんて不安がでてきて、購入やめたり様子見したり…ってケースが増えてくるのは間違いないところ。
 あと、同時期にライバル商品があると「あっちメーカーの方が好きだらかあっち買おう」なんてケースもあり得ますよね。

 とにかく、嫌われメーカーのタイトルは、購入のハードルが爆上がりするんです。

 最初は、おま国おま値にも理解すべきところがあるのかなぁ…なんて考えながらこのエントリを書き始めたんですけど、やっぱり「あっちでは安いけど、あなたには高く売りますね」を納得して受け入れるのは難しい模様。

 なんか、今度は、和ゲーというかおま国おま値している、国内某3(4?)大メーカーのゲームは遊ばなくなりそうだなぁ…。
 ていうか、すでにほとんど買ってないんですけど。

 時代の流れで仕方ないこととはいえ、ファミコンスーファミのスクエニコーエーで育ってきた世代としては、なかなか感慨深いものがありますね。



【参考リンク】
・音声の権利が日本は高い(Game Spark)
なぜ日本製ゲームで”おま語”が起きるのか?―CD PROJEKT本間氏がTwitterで語る
 ダークソウル系は関係ないよなぁ…
[ 2019/11/27 21:39 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

知る人ぞ知るSteamのエロゲー『Mirror』が、中身は本格派パズルでかなりオススメな話 

 パズルゲームが好きです。

 古くはテトリスからコラムスぷよぷよとつづき、その後はXaiとかずーっとやってました。
 JUMBOより初代がすきです。

 で、暇だったので、積みゲーが山のようにたまっているMY STEAM ライブラリを眺めていたら、まだ遊んだことがないパズルゲーが混ざってました。

 その名は「Mirror」。

 そそくさと遊んでみたところ…
 エロゲーでした。
 いや、美少女脱衣系パズルってのは知ってたんですけど、まさかココまでガッツリとしたエロゲーだとはw

 Steamって随分昔からこっそりエロゲ売ってたんですねw


 で、エロゲーパズルということで、ゲームとしての作りは安っぽいだろうと思われがちな本作ですが、実は「パズルゲーム」としてのクオリティはかなり高いです。
 落ちモノパズルが好きなら、わりと本気でおすすめしたい。

 ゲームの内容は、カラフルブロックを3つそろえると消えて落ちて連鎖するという、よくあるタイプ。
 ただ、ステージごとに「攻撃力が高い」とか「やたら回復する」といった特徴があり、そこを攻略するために、さまざまなスキルを装備して挑んでいくスタイルになっています。

 また、コラムスなどと違い、「ブロックを1回動かすごとに止まる」というルールなため、ロジックパズル的な要素もアリ。
 落ちモノ連鎖をロジカルに組み立てていくのは、なかなか楽しかったです。


↑直線4個消しでスキル発動用ブロック育成。直線5個消しでスーパーブロック育成。連鎖狙いだけでなく、多数消しを狙って
ブロック配置をコントロールしていくのも楽しい。動画は英語UIだけど日本語もあり。


 こちらのゲーム、定価200円、セールだと100円以下という、超お買い得価格。
 セールはもちろん、定価200円でも余裕でもとがとれます。

 ちなみに僕は全キャラクリアして、そのままの勢いでチャレンジモードをプレイ中。
 チャレンジモードはなかなか歯ごたえがあるので、じっくりやりこめるのもいい感じです。

 エロ要素強めなので「フレにばれるのが恥ずかしい」など、いろいろ抵抗はあるかもしれませんが、パズラーであれば、ぜひ一度は試して欲しいタイトルです。



[ 2019/11/15 23:13 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

Steamでお手軽マルチプレーを実現する「Remote Play Together」を試してみた 

 Steamで新たに提供された「Remote Play Together」を試してみました。

 どういう機能かというと、「ネット経由でフレンドのゲームを共有できる&操作もできる」というもの。
 ホストのゲーム画面をリモートで眺めつつ、マウスやコントローラーで操作することもできます。
 Windowsのリモートデスクトップのゲーム版って感じでしょうか。

 一つの画面をネット越しに共有する機能なので「みんなでプレイできる」といっても、ひとつの画面で共有するタイプのゲームでないとマルチプレイはできません。
 具体的にいうと格闘ゲームとか、ツインビーとかガントレットとかファイナルファイトのような同一画面複数キャラアクションゲームが相当します。
 もしくはマリカーみたいに画面分割して遊ぶタイプ。

 ひとつのゲーム機にコントローラーいくつもつなげて、みんなで遊ぶ系のゲームですね。
 大きなポイントとして、ホストにアクセスする側はゲームを所有する必要がないので、通常のネットプレイと比べると、フレを誘う間口がかなり広くなります。すばらしい!

 そんな「Remote Play Together」を実際に試してみたところ、機能的には申し分ありませんでした。
 使い方は、Steamオーバーレイ出して、フレリスト右クリからの「Remote Play Together」を選択するだけという簡単さ。
 ラグもほとんどないので、アクションゲームも全然オッケーでした。

 ただ、あくまで「ホストのゲーム画面を使っている」という仕様のためか、想定外の動作もいくつか見られました。
 通常は、ゲームを起動して二人目がスタートボタンなどを押せばゲームに参加できるのですが、『Divinity Original Sin』や『Portal2』では、ホスト側のPCに接続しているコントローラーが一つだと「一人プレイ中」と判断されてしまい、二人目がコントローラーでいくら操作してもゲームに参加できませんでした。
 ホスト側にコントローラーを2つつなげると、無事プレイできるようになりました。

 あと、ストアのタグに「Remote Play Together」とあるタイトルでも実際は「マルチプレイ」ができないものが少なくありません。
 僕が持っているゲームだと「Murderous Pursuits」も一画面マルチには対応していないのにタグがついてました。
 他にも、どうかんがえてもシングル専用のタイトルや画面分割に対応していないタイトルが混じってます。

 まぁSteamのタグってわりといい加減ですけどね…。もう少しタグの正確性を担保してほしいなぁ…

 とはいえ、この辺のゲームでも「リモートでの画面共有」は可能だったので、リモート経由で一人プレイすることはできるようです。
 友達にプレイさせて、自分はその様子を眺める…なんて使い方も可能かと。
 Discordの身内配信のお手軽版って考えると、いいかもしれません。

 『Gremlins, Inc.』みたいな、ボードゲーム系がかなりオススメ。
 とくに「みんながもってなくても遊べる」ってのは、このてのライト系マルチプレーヤーゲームと相性抜群かと。

 格ゲーも仕組み的にはピッタリなんですけど、さすがに遅延がネックとなるかもしれません…。

[ 2019/11/09 00:23 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

個人的史上最高級JRPG『GRANDIA』がSteamで配信開始。ただし英語版 

 Steamで「GRANDIA HD REMASTER」が発売されていました。

 「GRANDIA」和名で「グランディア」は、1997年に「サターン専用」タイトルとして発売された大作RPG。
 王道まっしぐらの冒険譚を、当時の先端技術を集めて描いた「グランディア」は、僕の中ではあまたのRPGの中でも間違いなくトップクラスの1本。

 そんな名作が、SteamおよびSwitchでHDリマスター版として発売されました。
 画面がHDになってカットCGが超絶綺麗に! ワイドスクリーンにも対応! これでPCで気軽に遊べるぜ!!!! ヒャッハーーー!

 と言いたいところなのですが、こんかい発売されたのは、実は「英語版」。
 一応、日本語音声も入っていますが、テキストが英語なので、ガチで遊びたい人にとってはちょっとツラい。
 このゲーム、テキストというかストーリーがとても良いですし、キャラ同士の掛け合いもすばらしいので。

 リリースによると「後日、日本語テキストも追加される」とのことですが、いまいち信じ切れないのは僕だけでしょうか。
 しれっと放置したまま年月経過とかありそうすぎて怖いんだよなぁ…。
 


GRANDIA HD COLLECTION(公式)
「グランディア」PC向けHDリマスター版の配信がSteamでスタート。日本語は後日追加予定



[ 2019/10/17 20:51 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

「おま値」「おま国」チェックに最適!? 「Opera」ブラウザのVPN機能で快適PCゲーマーライフ 

 Steamを使っていると、わりと遭遇する機会があるのが、ゲームの価格が特定の国だけ妙に高い値段で販売される「おま値」。バンナムとかセガあたりのゲームでよく見られる現象です。

 まぁ販売戦略上しょうがないんだろうな…とは思いつつ、だからといって高い値段で買うのはイラつくので、この辺のメーカーのゲームを買うときは、日本価格と世界価格を比べがちです。

 ただ、Steamでの価格表示は、接続IPをもとに表示されるようなので、日本から海外での販売価格を調べようと思ったら、世界中の販売価格をまとめている「価格まとめサイト」で調べるか、「Soft Ether」などのVPNなどを使ってIP偽装して調べてました。

 正直、どっちも微妙にめんどくさいw

 そこでオススメしたいのが、最近使いはじめた「Opera」ブラウザ。(Opera公式はコチラ
 そう、昔から存在する超老舗ブラウザ。多機能かつユーザーフレンドリーと一部からは高い評価を受けつつも、シェアは低空飛行を続ける、あの「Operaブラウザ」です。

 多機能で有名な「Opera」ですが、今のバージョンではなんと「VPN接続機能」を内包。
 URLウィンドウに表示されるボタンをオンオフするだけで、VPNの有無を切り替えられるという、それはそれは便利な仕組みを持っています。

 さらにVPNサーバーの利用料は無料で要領の制限もなし。
 さすがにVPN接続にすると通信速度が大幅に低下しますが、安心できるVPNサーバーを無料で使い放題というのは、強烈なインパクトがあります。


 たとえば、先日発売されたバンダイナムコ様の新作大作「コードヴェイン」ですが、「Opera」でSteamのストアページにアクセスすると、価格は9020円と表示されます。
 そこでおもむろVPNボタンをオンにしてからページをリロードすると、販売価格は驚きの59.99ドルに早変わり!
 価格差は2500円ほどですか…インディーズゲームが2,3本買えますね。

 なお、おま値おま国をまとめてチェックしたいときは、メーカーページのタイトルリスト表示が便利ですよ!


 ガチのPCゲーマーにとって「おま値おま国おま無料配布」は割と身近な問題。
 VPNを利用しようと思っているのなら、「OPERA」は非常に有力な選択肢だと思います。

[ 2019/10/05 04:26 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(1)

Steamでプレイ人口が多いゲームBEST30。古いゲームやマニアなゲームが多くて驚いた 

 現在、自分内目標としてブログ更新強化月間としているのですが、本日はネタがありません。
 そこで、Steamが公開している「STEAM & ゲーム データ」のページで、「現在、世界のゲーマーがSteamで遊んでいるタイトルランキング」をのぞいてみました。

 9/25のプレイ人口ランキングがコチラ
このページで100位までのランキングが見れます)
Dota 2638,965
Counter-Strike: Global Offensive586,083
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS561,652
Tom Clancy's Rainbow Six Siege103,408
Grand Theft Auto V81,726
MONSTER HUNTER: WORLD81,430
Rust58,203
Team Fortress 253,069
Warframe48,117
Football Manager 201950,464
ARK: Survival Evolved39,934
Dead by Daylight33,578
Source SDK Base 2013 Multiplayer36,637
Dota Underlords29,781
Rocket League50,129
Path of Exile34,639
Garry's Mod27,879
NBA 2K2022,474
Sid Meier's Civilization VI24,537
Total War: WARHAMMER II26,188
Euro Truck Simulator 224,955
Wallpaper Engine18,455
Sid Meier's Civilization V22,361
World of Tanks Blitz21,025
Terraria16,178
Hearts of Iron IV19,222
War Thunder17,070
The Witcher 3: Wild Hunt15,850
Unturned14,711
Paladins17,139

 1位がDOTAで、2位がCS:GOってのは、日本だとあまりピンとこないものの、ワリとよく知られた事実だったりするので驚きはなかったり。
 3位は最近人がめっきり減ってきた印象のPUBG、4位の根強い人気を誇るSiegeが入っているのも、まぁ妥当な感じ。

 上位はわりと定番&メジャーなものが並んでて「まぁそうなのかな」ってところ。
 モンハンが6位に入っているのを見ると、「あぁモンハンもワールドワイドなタイトルになったんだなぁ…と感慨深かったりしますが。


 で、その下をつらつらと見ていくと、『テラリア』とか『シヴィライゼーションV』とか、古めのタイトル&定番インディーズゲームが、多数ランクインしているのが、ちょっとした驚きでした。

 『Hearts of Iron』とか、あんなマニアゲーが26位とか、世の中戦争マニアだらけだな!
 ちなみにユニバーサリスの方も31位に入ってまして、個人的には「ニッチな層にアピールするパラドゲー」というイメージだったのですが、実はSteamを代表するメジャータイトルだったようですw

 あとは『ユーロトラックシミュレーター2』も意外。
 僕も持ってますが、あれってタダのドライブシミュですからねぇ…。まぁ好きな層は好きなんですけど、とても21位にランクインするようなタイトルとは思わなかったw
 「持ってる人は少ないけど、買った人はずっと遊ぶ」系の代表作なのかもしれませんね。

 ちなみに、僕は30位までのタイトルはほぼ全て知ってましたが、29位の『Unturned』だけ知りませんでした。
 見てみました。

 マインクラフトっぽいグラのゾンビ血まみれサバイバルゲームっぽいです。

 なにこれバカっぽそうww

 タダらしいので、とりあえずインストールしてみました。
 ランキング見て、知らないゲーム探してみるのも楽しそうです。





 僕の場合、Steam使ってゲーム遊んでいると、新作発売日プレイとか、あまり興味がなくなってきて、むしろ型落ちセールタイトルで嗜好をくすぐってくるようなモノを重視するようになってくるんですが、Steamユーザー全体でもそういった傾向が強いのかもしれません。

 5年ぐらい前のゲームが全然現役だと、選択肢は大幅に広がりますよねぇ…。
 この辺はCSにはない強みなのかも。それとも、CSも最近はストアで古いゲームが売れてたりするのかなぁ…

 ともあれ、Steamで大量に販売されているゲームの中には、古いゲームでも、遊んでみると古さを感じさせない、もしくは古くさくても面白さは今のゲームと同等クラスの名作が、いろいろ隠れています。
 自分が好きなジャンルのゲームが安く売られていたら「ダメでもともとー」気分でチャレンジしてみると、運命の1本に出会えるかも知れません。

 もし、なにか隠れた名作でオススメしたい1本があれば、ぜひ教えて下さいw
 僕は、最近遊んだ「ダンジョンシージ2」がワリと楽しかったです。超オススメってほどではありませんが、見下ろし型のRPGが好きならイイ感じだと思いますよw
[ 2019/09/26 23:50 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(3)

『Kingdom Come: Deliverance』レビュー:中世ヨーロッパ生活を楽しめるシミュレーターRPG 

 週末フリープレイで、硬派なリアル中世再現オープンワールドRPG『Kingdom Come: Deliverance』を、3~4時間ほどプレイしてみました。
 序盤のプロローグ的な部分を終えたあたりです。

1:リアル中世が舞台だと、ゲーム的にはわりと地味

 このゲームは舞台がリアル地球15世紀のチェコはボヘミア地方。
 史実を再現しているので、ファンタジー的な「魔法」とか「モンスター」は出てきません。
 剣を使って、敵の兵士や山賊といった人間を相手に戦います。

 で、こう書くと「へー、そういう設定もおもしろそうじゃん」と思うかたもいるかもしれませんが、ことゲーム的な側面から見ると、魔法もなけりゃモンスターもいないゲームって、地味で単調で飽きやすいです。

 だって、戦闘をタイミングをはかりながら武器を振り回すだけ。敵はいつも似たような相手ってことですからね。

 まぁ戦闘はコンボとかカウンターとかあって、「単調」とは言い難い部分もあるんですけど、「少ない技でコンボとカウンター重視の格闘ゲーム」が、RPGのエンカウント戦闘システムとして適当かどうかは、賛否が分かれると思います。

kcd01.jpg
↑リアル系らしく「食事」「睡眠」などの要素もアリ。食べないと死ぬし、
寝なくても死ぬ。序盤は食糧確保も大きな課題となる。


2:「ロールプレイング」という言葉通りのゲーム

 ファンタジーな要素がないがゆえに、世界に「リアルさ」がうまれ、物語への没入感や感情移入のしやすさが、ファンタジー系よりも高いと思います。
 たとえば、スカイリムやウィッチャーでも、このゲームと似たようなプロットのクエストはあるのですが、魔法もモンスターも出てこない本作の方が「現実感」が圧倒的に高いです。

 「中世に生きたら、こんな感じなのかなぁ…」を、体感しやすかったです。

kcd03.jpg


kcd02.jpg
↑ビジュアルクオリティはかなり高め。レベルデザインがよくできていて、歩いているだけで
楽しくなってくるほど。中世ヨーロッパの風景を楽しみながら探索できる。


3:「世界史とゲームが好き」な人におすすめ

 RPGとして見ると正直微妙ですが、中世ヨーロッパ体感ゲームとしてみると、このゲームの特異性が際立ちます。

 ちょっとした街でのイベントや、人との関わりを見ているだけでも、ヨーロッパの文化や習慣、人と人のコミュニケーションはこんな感じなんだなぁ…というのが伝わってきて、実に興味深かったです。

 ゲームの舞台となる15世紀チェコについての政治・人物・生活・歴史などの豆知識が、ゲーム内で閲覧できることもあり、「中世ヨーロッパの歴史を知りたい」人には、かなりおすすめです。

kcd04.jpg
↑事典の充実度はかなり高い。ちょっとした世界史ウンチク本クオリティ。ちなみに日本語は
有志MOD。この膨大なテキストを翻訳してくれた人達に深く感謝!




おまけ:クラッシュが多すぎて困る
 ゲーム本編とはちょっと外れるのですが、僕の環境だと、わりとクラッシュが頻発しました。
 だいたい1時間遊ぶと不正終了する感じ。

 オートセーブはあるのですが、間隔がかなり長め。
 しかも、手動セーブは「特定アイテムを消費して行う」スタイルなので、気軽にセーブできません。
 結果、数十分単位で巻き戻される自体がしょっちゅうありました。
 正直かなり萎えます。

 MODでセーブ制限を解除できるので、そちらの導入は必須かと。
 それでも、セーブ忘れで巻き戻される恐れは低くないですが…

 最近、Steamゲーの「バグ多すぎゲーム」増えてきましたよねぇ…。
 一時期はかなり減ったと思ったんですけど。
 小さいメーカーの参入が増えてきた証と、好意的に捉えておこう…
 

[ 2019/09/08 22:27 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

名作インスパイアのインディーズゲームは、評価が高くても安心できない…という話し 

 ここ最近、「EPIC GAME STORE」が毎週、無料でゲームを配布しています。
 「ENTER THE GUNGEON」とか「SUBNAUTICA」とか「THE WITNESS」とか、ワリと有名かつ評価が高いタイトルが並んでまして、とりあえず何も考えずに毎回確保だけはしてます。

 で、けっこうな数が貯まってきたので、いくつかピックアップして遊んでみました。
 そのタイトルがこちら。


『AXIOM PERGE』:2D横スクロールアドベンチャー。メトロイドっぽいらしい。レトロドット絵。
『MOONLIGHTER』:2DアクションRPG:そこはかとなくローグとかシレン。レトロドット絵。
『HYPER LIGHT DRIFTER』:2DアクションRPG。ゼルダっぽいと言えなくもない。レトロドット絵。


 全部、いわゆる「インディーズ系」。
 ちなみに、Steamでのユーザーレビューは、すべてのタイトルが「非常に好評」でした。
 これは期待大!


 だったのですが、んー…正直「非常に好評」というほどには楽しめず……

 唯一DRIFTERはエンディングまでやってみようかな…と思って現在進行中ですが、AXIOMとMOONLIGHTERは序盤でお腹いっぱいになったので、たぶんこのまま終了しそう…。

 なにがダメって、ゲームの作りがものすごく古くさい。
 マップのどこかに、ノーヒントで貴重なアイテムを隠しているから、マップをしらみつぶしにチェックしないと見つけられない。
 セーブポイントがなかなかなくて、途中で死ぬと5分とか10分のプレイが余裕で巻戻ってやりなおしになる。
 必要な情報が提示されないから、「遊び方」から探さないといけない…etc.etc.

 基本的な作りの部分が、けっこうストレスフルになってるんです。
 ストレスフリーがもてはやされる今どきのゲームでやったら、多分間違い無く叩かれるレベルw

 ただ、Steamレビューを見ると、この辺の作りそのものも評価されてるっぽいんですよね。
 「面倒を乗り越えた先の達成感が堪らない」とか、「ゼルダのような探索ゲー好きならハマるはず」とか。

 ただ、僕はゼルダもメトロイドもやっていないので、そのへんの意見にシンパシーがまったく沸かないorz
 きっと、このタイプのゲームって、「あの思い出の作品をもう一度遊びたい!」という、オリジナルのファン向きなタイトルなんだろうなと思うんです。


 で、なにが言いたいかと言うと、Steamのレビューってあてにならねーな、とw

 というか、レビューみるだけじゃなくて、そのタイトルのコンセプトみたいのをちゃんと考えないとダメだなーと痛感しました。
 まぁ、今回は自分で買ったわけじゃないから合わないのを掴んだ…とも言えるんですが。

 ともあれ、Stemaで新作買う時は、「ゼルダ好きなら~」とか「メトロイド好きなら~」とか「ダークソウルが好きなら~」みたいな、枕詞をみたときは要注意。
 オリジナルを遊んでいて「あの感動をもう一度…」ならアタリを引く確率が高いけど、オリジナル未プレイなら、多分オリジナルを遊んだ方が楽しめると思います。




【おまけ:超簡単! 今回取り上げた3タイトル寸評。】

[ 2019/08/26 14:43 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

EPIC Gamesの「時限独占配信」が、どうして批判されまくるのかよく分からない 

EGS時限独占移行の『Ooblets』巡り議論が過熱、Epic Gamesも声明する事態に
メックアクション『MechWarrior 5: Mercenaries』のEpic Gamesストア独占販売切り替えに批判集まる。開発元は、変更理由を説明

 最近「EPICが新タイトルを時限独占してユーザーが反発」みたいなニュースが、立て続けに報じられました。
 正直、僕は「なんで反発するの?」って感じなんですよね…。

 かってのプレステvsXboxみたいな、コンシューマー機での独占戦略への反発は、まぁ分かる。
 排除された側は遊べないからね。

 でも、SteamとEPICは、そんなことありえないじゃないすか。たんに起動用のランチャー変えるだけ。
 ランチャーは無料だから、経済的損失とか一切ない。
 どのランチャーで起動しても、ゲームの中身は変わらない。

 なにも問題なくね?w

 なぜ、利用するランチャーが変わるだけで批判が集まるのかが、あまりに気になったので、ゲムスパの該当ニュースのコメント欄をちょっと眺めてみました。

 ノイズっぽい意見を削除すると、どうも「機能的に圧倒的に便利なSteamで使えないのは勘弁しろ」ってのが、根本にあるような…?

 あぁ、そういう人もいるのかーと。目からウロコ。
 僕はSteamにはランチャー以上の機能を求めてないから気づきませんでしたが、コメント読んでたら、Steamのコミュニティ機能とかMOD導入機能、VR機能などの統合環境としての便利さに、心酔している人がけっこういる模様。
 Steamって愛されているんですなー

 この手のサービスは競争があった方が、ユーザーが受ける利益は大きくなりやすいので、EPICには頑張って欲しいというのが正直なところ。
 とはいえ、ユーザーの反感を買いまくってもいいことはないので、「シェア拡大」と「ユーザーの心理」のバランスを取っていって欲しいなぁと思います。



 ちなみに、僕はメーカーがどの配信元(ランチャー)選ぼうと、どうでもいいですw
 ゲームの起動はアイコンダブクリ派なんで、ランチャーを意識しないし。
 MOD対応タイトルであれば、Steam workshopに対応してくれると楽ですが…まぁ専用管理ツールとか直導入でも問題はない。
 「EPICで出せばEPICがお金くれて次回作を開発できる」というなら、次回作を楽しめる可能性が発生する分、そっちを選んでくれたほうがいいかなw

 ちなみに、「仮に同じゲームが複数タイトルで出た場合、どのプラットフォームを使うか」のランク付けはこんな感じ。

1:いちばん安いところ(価格優先)
2:GOG:DRMフリーだから。
3:Steam:いちばん便利。様々なトラブル対応もしやすい。
4:EPIC:とくにメリットはない。無料ゲーム配布ありがとう。
5:ORIGIN:使いにくい。タイトルも少ない。

 結論:機能より価格。
[ 2019/08/06 12:23 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)