PS Plusが大幅値上げでライトユーザーに打撃。値上げするならサービス拡充して欲しい… 

PlayStation Plus、通称PS Plusが大幅値上げしました。
価格は以下のとおり(すべて税込)。

1ヶ月:514円 → 850円(65%UP)
3ヶ月:1337円 → 2150円(61%UP)
12ヶ月:5143円 → 変更なし
「PlayStation®Plus 利用権の価格改定に関するお知らせ」(公式)

ちょっと、ありえない値上げ幅ですよねw
どうみても「たまに課金するのはやめておけ、1年通して課金してください」って値段設定。

Plusに課金するのって、ほぼ「PS4での通信プレイを行うため」だと思うんです。
一応、Plusにはその他のサービスもいくつかあるのですが、正直、サブスクしてまで利用するほどではない。
以前はフリプ目当てでって選択肢がありましたが、最近のPlusのフリプラインナップはもはややる気がないとしか思えないし…

で、世の中には「普段は通信プレイとかしないんだけど、たまーに必要になる」…って人がけっこういると思うんです。
そう、俺のことだw

僕がPS4で通信プレイ必要なのって、年に1タイトル~2タイトルぐらいなんですよね。最近だとモンハンワールドぐらいしかないw

そういったスタイルの人にとって、年額5143円払うってのは「ありえない」んです。
いくら月額換算すれば圧倒的にお得だと言われても、せいぜい2ヶ月ぐらい通信プレイをするために、新作1本分の値段とかバカらしい。

で、今までは1ヶ月か3ヶ月単位で利用してたんですけど、それが月850円とかになると、正直、躊躇する。
よっぽど友達と遊びたいってタイトルなら850円ぐらいなら払うかもしれないけど、そうでなければPC版で遊ぶorゲーム自体スルーするって選択の優先度がかなり上がることは間違いありません。

まぁ、僕の場合、そもそも年に数ヶ月分ぐらいしか払ってなかったので、値上げについては「随分高くなるなぁ…」って感じで、現実問題としては、たいして痛くはないのですが。
ただ、今後は、PS Plusへの加入は、ほとんどしなくなりそう。今までで権利確保していたフリプタイトルが遊べなくなるのが、かなりもったいないですが…。


この値段設定だと、もともと1年契約しているようなヘビーユーザー以外は、けっこうな数で加入しなくなると思うんですけど、加入者数減少リスクをおかしてまで年額移行推進を進めるってのは、どうしてなんですかね?

GoogleやAppleが参入してくる「課金型ゲーム配信サービス」でのビジネス展開を考えているのかもしれないですけど、だとしたら値上げと同時に、フリープレイを豪華にするとか、PSNOW的な配信サービスをくっつけるとかして、「通年サブスクしてもいいや!」って思えるぐらいのサービス拡充を発表すべきだと思うけどなー。

[ 2019/06/07 17:28 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)