PS5の強みは超高速SSDにあり。ゲーミングPCと遜色ない力を発揮するかも? 

 PS5の具体的な情報が出てきました。
 かなり高性能みたいですね。

SIE、PS5向けゲームソフト28本を一挙公開 「スパイダーマン」続編に「グランツーリスモ7」「バイオハザード8」なども

 今明らかになっている情報でPS5の特徴といえるのは、「高性能PCと比べてもハイスペックなSSD」。
 読み込み速度が5.5GB/S、さらに各種テクノロジーの併用で8~9GB/sに達するとのこと。
 めちゃめちゃハイスペックです。
 PC用の高速SSD(NVMe)がだいたい3GB~4GB/s。一世代前の普及型SSDは0.5GB/sぐらい。
 高速タイプと比較しても2~3倍ですよ。3倍とか凄すぎるw
 最速SSDをRAIDにして倍速化すれば、PS5と同じぐらいの速度が出せる…のかなぁ?w

 ゲーム用途において、ストレージからの読み込みはとても重要です。
 というか、個人的にはCPUやGPUよりもストレージの方が体感速度に与える影響は大きいと思うんです。
 分かりやすい例は、ゲームをDVD読み込みで遊ぶかHDDインストールするか…でしょうか。
 HDDインストールを経験したら、光学ディスクには戻れないはず。
 最近だと、モンハンワールド アイスボーンがHDD→SSDで劇的な体感速度向上を実現してました。

 そういった観点からすると、読み込み速度を重視したPS5は、ゲーム体験においてハイスペゲーミングPC並、もしくはそれ以上のクオリティを提供できる可能性はあると思います。


 あと、もうひとつ、かなり重要というかカギとなるのが「出力先の解像度」だと思うんです。
 PS5やXboxSXでは、やたらと「4K出力」が話題になってますけど、そもそも論として「4K」がどの程度標準化するかは、まだまだ不透明なんですよね…。
 4Kのゲーム向けモニターとかまだまだ高いですし、対戦シューター系やるなら解像度よりFPS重視だろうし。

 で、PS5のスペックが予想より多少上下したとしても、一般的に普及しているフルHDモニターで考えた場合、60FPSは問題なくクリアできると思うんです。
 だから、FHDのモニターで60FPS想定であれば、PCとPS5は同じ程度のクオリティに落ち着くんじゃないかなぁ…と想像してます。

 これが60じゃなくて120FPSまでハードルを上げるとどうなるか…ってのは判断が付きかねるところ。
 PS5の性能が、予想の上の方ならクリアできるけど下の方だと多分ムリ。
 このあたりでやきもきするのはApexやCoDなどの対戦シューター系ガチ勢ですかねぇ…。
 120でるかでないかは、シューターだとかなり重要でしょうからね。


 まぁどちにしても、PS5は、ゲーム機としての表現能力から考えると、5万~7万程度で買えるならかなりお買い得だと思います。
 5万超えちゃうと、ゲーム機ビジネス的には売れ行きが心配にはなりますけど…。
 いくらぐらいになるのかなぁ?



・スペック関連の記事では、下記のものが具体的に性能をはかりやすかったです。
 まとめサイトで取り上げているようなスペック予想って、正直かなり眉唾なんすよね…
 CPUとGPUの断片的な情報だけ取り上げて、「20万相当のゲーミングPC並」はさすがにムリがあると思います…。
 過去のゲーム機スペックって、ピークを上げる代わりに不要な部分を削ってコストカットすることが珍しくなかったですからね。

PS5の新発表を前におさらい!PS5の特徴を今一度かみ砕き、その特徴を解説
※SSDが速くなると、ゲームがどう変わるかが分かりやすく説明されています。

西川善司の3DGE:Mark Cerny氏のPS5技術解説プレゼンテーションを読み解く(前編)
西川善司の3DGE:Mark Cerny氏のPS5技術解説プレゼンテーションを読み解く(後編)
西川善司の3DGE:PS5のスペック予想はいくつ当たったか?

※上記3つはかなり専門的。より詳しいスペック解説を読みたい人向け。
[ 2020/06/16 01:27 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(1)

『Xbox Series X』は360のゲームもガッツリ遊べるらしい。ちょっと欲しくなってきた… 

 Xbox Series Xは史上もっとも互換性の高い家庭用ゲーム機であるために革新的な技術を導入。数千タイトルを擁して2020年ホリデーシーズンにローンチする

 その成果もあり、すでに10万時間以上のプレイテストが完了しているが、大ヒット作からカルト的な名作など、何千ものゲームがXbox Series Xでプレイ可能なのだという。世代間の切り替えもシームレスに行えるとのことだ。チームでは、Xbox Series Xのローンチに向けて、さらに20万時間以上の時間を費やして、ゲーム ライブラリの準備を整えていくという。

 Xbox360の積んだままゲームがわりと残っているので、Series Xに完全もしくは強力な後方互換性があるなら、けっこうな購入動機になります。
 ちょっと前に初代のRDR遊びたくなって360を引っ張り出したんですけど、爆音に耐えられなくて止めちゃったんですよね…w

 「互換性とかどうでもいいだろ」って声をわりと聞くんですけど、個人的には「なくてもいいけど、あれば嬉しい」系の機能でして、あるかないかは、買うか買わないか…に影響してくるんです。

 実機があるので後方互換が必須ってわけじゃないんですけど、複数ゲーム機を一つにまとめることで設置スペースが稼げるってのはとても大事。
 ケーブルまわりがすっきりするし、HDMIという最新の出力系統によってモニターを簡単に共用できるのも大きい。

 正直、最近はPCで事足りてしまうので、PS5もSeries Xも、今のところ購入予定は無いんですが、『Xbox Game Pass』という低価格でさまざまなゲームを楽しめるサービスがあり、かつ後方互換もがっつり確保されているのであれば、Series Xに俄然興味がわいてきますねぇ…。



 できればPS5にもPS3以前の後方互換があると嬉しいのですが…どうなるんでしょう?
 ディスクとアーカイブス両方対応してくれるのがベストですが、少なくともアーカイブスだけでも動いてくれれば、けっこうな購入動機になるんだけどなぁ…。

 でもPS4でアーカイブス切っちゃったのにPS5で復活させるか…というと難しそうな気も…。
 いっぽうで、PS5の性能なら旧世代期のエミュをがっつり動かせそうだし…。
 ちょっと期待しておこうw

 当面は、PSPLUSで大量確保したアーカイブスをプレイするために、PS3に現役として頑張ってもらいます。
 ていうか、PS4をしまってもPS3は動き続ける…って可能性もわりとあるよなーw

 アーカイブス用にVitaの新品を一台確保しておいたほうがいいかも…と真剣に悩み中です。
[ 2020/06/03 09:24 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

ついにPS5が公式発表されましたね。正統進化でイイ感じだけど…値段はいくらかなぁ 

 PS5が2020年の年末に発売されるそうです。価格は未定。

特報:見えてきた「プレイステーション 5」の姿(WIRED)
PS5の気になるポイントをソニーに直撃(ファミ通)
「プレイステーション 5」 2020年の年末商戦期に発売(PS.Blog)

 春頃からリークがあったので、驚きというよりも「やっとか」って感じでしょうか。
 リークで新情報を得るのは楽しいですけど、同時にサプライズを奪われちゃってちょっと切ない。

 今回の発表では、以下のようなことが明らかになっています。

1:CPUはAMDの「Zen2」8コア/16スレッド
2:グラフィックチップはAMDのRADEONの「RDNA」ベース。
1:グラフィックは8Kまでサポート
2:3Dオーディオ機能の強化
3:コントローラーの繊細なバイブレーションで、ゲーム世界を「触感」によって再現する。
4:カスタムSSD搭載。(どう「カスタム」なのかは、まだ発表されていないもよう)
5:PS4との互換は「実現に向けた設計」をしている。
6:PSVR互換
7:物理メディアとして100GのウルトラHDブルーレイを採用。

 機能的には、あまり突飛なものはないようなので、スペックを時代に合わせて向上させた「オーソドックスな正統進化ゲーム機」と言えそう。
 下手にギミックつっこんで基本スペック落とすよりは、きっちりとベースの性能を上げた方が売れると思うので、この方向性はよかったかと。



 問題は価格ですかねぇ…。
 「Zen2の8コア16スレッド」って、今のPCパーツだとRyzen3700になるんですけど、これって単体で4万ぐらいします。
 まぁPS5で使うのは、PCのZen2とは違って、いろいろスペックダウンした省電力版になると思うので、価格は大幅に下がるとは思いますが…それでも、ある程度はしそう。

 SSDも最新型のNVMeだと512GBでもけっこうなお値段。つか512じゃ足りないと思うんですよね…。
 容量少なめの高速NVMeSSDをキャッシュにして、データはHDD保存のほうがコスパはいいと思うんだけど…。
 「カスタム」SSDって表現が微妙だなーw

 あと、コントローラーが超高そうw

 価格については、ソニーの人が「「希望小売価格での販売ができると信じているし、この価格はゲーマーにとって、その性能を考えれば魅力的なものとなるだろう」と述べています。

 「ゲーマーにとって、性能を考えれば」ってのはなかなかのパワーワードw

 APUまわりのスペックがわからないので、価格設定は難しいのですが…、この言い方だと「一般層でも魅力的」な4万以下はなさそう。

 49800円だとゲーマーは喜びそう。
 59800円だと「まぁそんなもんか…」ってところ。
 65000円超えたら「高ぇ」じゃないかなぁ。

 個人的には、5万を超えるゲーム機は爆発的には売れると思えないんだけど…ジワ売れ戦略でもいけるかな?

 あぁ、あとさすがに8K対応はやりすぎw
 4Kまでにして表現力向上させたほうがいい。
 解像度ってパフォーマンスに直結するから無理しないほうが…。

 正直、家庭用ゲーム機ならHDでも十分だし、HDでリッチエフェクト&60FPS確定&低価格のほうが喜ぶ人は多いと思う。
 ヘビーゲーマーの受けは悪くなるかもしれないけどな!w


[ 2019/10/11 08:38 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

PS5はハイスペックだけど値段も高くなりそう? PCとの差別化を期待したい 

「プレイステーション5(仮)はハードコアゲーマー向けニッチ製品」ソニーCEO語る
ソニー、PlayStation 5はハードコアプレイヤーのためのニッチな製品であると語る

 PS5はスペック重視路線のようです。

 スペック重視自体は正解だと思うんですけど、問題は価格との兼ね合いですよねぇ…。
 PS5に関する報道を見ていると、あまり安くはならないようで、少なくとも5万円は超えてきそうな気配。へたすりゃ7~8万ってケースもあるかなってレベル。

 「ハードコアゲーマー向けのニッチな製品」とはいっても、5万越えると買う人が極端に少なくなりそう。

 昔と比べると、大型タイトルはマルチ展開が当たり前になっているので、普及台数が多少少なくても、PSブランドのパワーで一定数のタイトルは確保できると思うのですが、そうはいっても台数が少なすぎると、ロイヤリティ収入やPS PLUSのサブスク数減少、さらにはネットプレイ対応タイトルの過疎化などなど、デメリットが噴出してくるのは間違いない。

 また、ハイスペ路線だとゲーミングPCが競合相手となり、そこに対して、どうアドバンテージを築き、どう棲み分けていくのかという点も重要になってきそう。

 スマホやゲーミングPC、さらにはストリーミングサービスの台頭により、CSゲーム機を取り巻く環境は厳しくなってきていますが、ソニーがどう舵取りしていくのか、興味深いところです。



 個人的なことを言うと、最近はPCとPS4で遊びたいタイトルがほぼ丸かぶり状態で、PS4を起動しなくなってきました。
 正直、現状のまま未来へ進んでいくと、PCだけで足りてしまってPS5は買わなそう。
 できればPS5では「PS5ならではのゲーム体験」が山盛りになってくれると嬉しいなぁ。
 
[ 2019/07/04 05:41 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)