「人は簡単に死ぬ」:一撃で敵兵が死にまくる『OFP:DR』最新ムービー 

 現在、当ブログにて最も注目していると言ってもいいかもしれないのが「OPERATION FLASHPOINT:DRAGON RISING」。
 日本の北方に位置する架空の島「スキラ島」を舞台に、天然資源の所有権をめぐる争いを描いた「リアル系現代戦FPS」。PCの名作が8年ぶりに復活だとか、めちゃめちゃリアルなグラフィックとか、声が大塚明夫だとか、マップが広くて本当の戦場にいるような気分になれるとか、まぁ見所はいろいろなワケですが、一番の特徴はなんといっても

 銃弾一発で余裕で即死

という、現代戦のリアルさを追求しているところ。
 今回、そのリアルさの一端を垣間見れる新しいムービーが公開されました。
「Look and Feel」と題された映像では、開発者のコメントを交えながら、モーションキャプチャーの様子や「人を撃ち殺すシーン」を公開。
 一回の射撃で、いとも簡単に敵兵が倒れていく様子を垣間見ることができます。



 また、このゲームには、FPSに良くあるHUDやクロスヘア、コンパスなどの表示をすべて排除し、「兵士の視覚そのまま」を画面に表示する「ハードコアモード」が搭載されています。 
 開発者いわく、ハードコアモードで目指したのは
「FPSの原点に戻った体験ができるところです。あなたが森の中を進んでいるとき,いつ,どこから弾丸が飛んでくるかまったく分かりません。これこそがFPSの緊張感です」

 とのこと。ちょっとどきどきしてきます。早くやりたいなー。



 最近、Gears of War2とかアンチャーテッドといった海外の人気シューティングを立て続けに遊んだんですが、全部面白いんですけど、どれも「なかなか死なない殺せない」なんですよね。
 数発喰らっても死なないから、弾幕の中を駆け抜ける勇者プレーとかも普通にできちゃうし、撃たれることの恐怖も麻痺しがち。まぁ簡単に死んじゃうとゲームとしては敷居が高すぎるともいえますが、そればっかりってのも寂しかったり。

 しかしOFDRは一発で死ぬし一発で殺される。
 簡単に死ぬってことは、戦場を先導する恐怖とか、身を隠していてもいきなり後ろから撃たれる恐ろしさとか、そういったモノがあふれ出してくるワケで、最近のFPSとは一味違う緊迫感が味わえそうな予感。


 マニアックなタイトルであるのは間違いありませんが、だからこそ実現できるものも少なくないはず。
 FPSで「緊張感」を味わって見たい人ならぜひ注目してもらいたい1本です。

 まぁ実物やってないんで、もしかしたら僕の妄想で終わるかもしれませんが…。とりあえず体験版なり製品版なりが出たら速攻で遊んで報告しようと思いますm(__)m
[ 2009/10/05 15:45 ] 海外ゲーム事情 | TB(0) | CM(18)

「人が死ぬのは不快で当然」。海外FPSが「リアルなダメージ表現」を追及 

私達は死をとても軽く、そして簡単には描きたくなかったのです。
ダメージはリアルで挑戦的なものとなり、死を出来るだけ不快なものとする事で、私達はプレイヤーの行動をより慎重にしたいと思っています。あなたは弾丸が行き交うオープンフィールドを走り抜けるという事は無いでしょう。ゲームがそう教えてくれます。


OPFDR0816.jpg


 09年秋にPC、PS3、360で発売予定の「OPERATION FLASHPOINT: DRAGON RISING」
 オールドゲーマーにとってはFPSの名作の続編と言うことで、そうでない人にとっても、リアル系ミリタリーFPSの大作として、注目を集めている作品です。

 その話題作のプロデューサーが「ダメージ表現」について述べたのが冒頭の言葉。

『Operation Flashpoint: Dragon Rising』は現実的なダメージ表現を追求

 これに関しては、素直に「なるほどなー」と受け取りました。
 僕は海外ゲーのエグい暴力表現とかキライで、できればやめて欲しいとは思っていますが、少なくともも大人になるまでに「人が戦争で死ぬシーンはエグい」ってのは何度か見せつけられているわけです。

 CEROあたりだと「血が出るシーンは年齢制限」みたいなくくりがありますが、子供には「人が死ぬときに血が出まくる」のを見せないんじゃなくて、まず最初に「死ぬときは血は出るし、ものすごく気持ち悪い」ってのを教えておかないと、かえってよくないんじゃないですかね。
 いっそトラウマになるぐらいの勢いできっついシーンを見せつけないと、戦争が酷いものだって認識できないのでは、と思います。
 スタイリッシュな暴力シーンや痛そうでもなんともない暴力シーンは、「実はそうではない」って想像できるだけの下地がないと、ただの暴力賛美だし。

 このゲームでの「死を軽く扱いたくない」というのは、あくまでゲーム的な部分で「死をおそれずに向こう見ずな行動を取って欲しくない」というニュアンスのようなので、戦争や暴力の善悪について語っているワケではないようです。

 もっとも、仮にこのゲームで「戦争における暴力や死の本質」を描こうとしても、普通の人から見れば「戦争で銃を撃つという行為を娯楽化している」としか見られないのが現実でしょうけど。
 未来的な可能性としてはともかく、少なくとも現状では、「ゲーム」は映画や小説、さらにはマンガと比べて「文化」というよりは「遊び」でしかないですから。
 ゲームが「表現するメディア」として認められるようになるには、もう少し時間が必要だと思います。
(なお僕個人は仮にゲームが遊びでしかないとしても、「戦争を遊びにするな!」とか言う気は毛頭ないんです。むしろどんどん遊ばせろ、みたいな…。最低限、戦争や暴力を「ゲームとして割り切るだけの感性」が、作り手にも遊び手にもあればいいかな、と思っています)

 まぁゲームとしてだけ見ると、弾幕の中に突っ込んで2,3発食らっても平気な上に、ちょっと隠れていればすぐ回復しちゃうゲームよりは、あっさり死んじゃうぐらいの方が緊張感があって好きです。
 前作の「OPERATION FLASHPOINT」はそんなゲームだったので、新作にも大きく期待したいところです。
[ 2009/08/16 19:32 ] 海外ゲーム事情 | TB(0) | CM(22)

ドラクエ9、過去最高の売上げもvs違法ダウンが大盛り上がり【ニュース】 

ドラクエ9は過去最高の売上となる見通し (暇人速報)
 もりあがってまいりました。
 2chスレまとめなので、いろんな「ドラクエ感」が読めて楽しいです。


ドラクエ9がいよいよ nyなどに大量に流通し始めた模様(読みゲー)
 もうなんと言えば良いのやら…
 5の時みたいなプロテクト騒動もあるのかな…?


DS用GTA『チャイナタウン・ウォーズ』、日本語版発売決定
 秋発売予定らしいです。
 海外ではGTAシリーズとは思えないほどの「厳しい売上げ」だったそうですが、日本じゃもっと厳しいんじゃねと思わないでも…。個人的には好きなテイストですけど、DSでやるかと言われれば正直微妙。


スクエニ最新作『光の4戦士 -ファイナルファンタジー外伝-』今秋登場
FF外伝「光の4戦士」を発表、サガシリーズに未発表企画も
 GTAよりははるかにDSっぽいタイトルですが…。これ以上FFブランドの新作を増やしてどうするつもりなんでしょう…。すでにナンバリング以外のFFブランドってすさまじく価値が下がっている気がします。
 普通に新作RPGとして見れば、丁寧に作られている良作な雰囲気かと。


鈴鹿や筑波も収録。「Forza Motorsport 3」続報
 360用のカーシミュレーターFM3のまとめ記事。
 僕は車の車種とかまるで分からない人なんで「100種類以上のレースカー!」とかどうでもいいんですが、痛車コレクションは楽しくてハマりそうですっていうかFM2ではハマってましたorz


「OPERATION FLASHPOINT:DRAGON RISING」夜間戦闘最新ムービー



Blizzardが語る「MMORPGのコンソール展開における4つのハードル」
 まぁPCで思いっきり成功しているブリザードですから、新しい問題が発生するコンソールに積極的じゃないのも当然かなと。
 個人的にはゲームのプラットフォームとしてはPCの方が高性能かつフレキシブルだと思いますが、コンシューマーはそれを補ってあまりある「お手軽さ・プレイアビリティの高さ」があるんですよね。
 そういった意味では「コンシューマーならではのネトゲ」があるといいかな。比較的それっぽいのはPSOかなぁ…。FFはコンシューマーならではって感じがあんましない…。POLとか余計なもんでゴテゴテしてるからかなぁ…。


シングルRPG「Two Worlds II: The Total Experience」の開発が発表
 ドイツのメーカーが開発するファンタジーRPG。発売中の「Two World」はPC用RPGとしてなかなかの高評価を得ています。英語ですけど。


カプコン竹内「Xbox360は深い」、フロム竹内「Xbox360はキツイ」
 ちょっと前のはちま起稿さんの記事で、元ネタはゲーム雑誌(ファミ通360?)と思われ。
 こうして並べるとカプ竹さんカッコいいこと言ってんなw
 フロ竹さんの言い分も分からなくはないが、正直「だからどうしたいんだ?」としか言いようがない発言。つか100万は無理でも、20~30万ならPS3でも充分狙えるんだから、そこで頑張ればいいんじゃね? と。
 僕の中だとフロムって「中堅メーカー」なんで、「海外狙わないとコストが合わない」って言えるほど、大コスト大量販売スタイルには見えないんですが。


フリーとは思えないほど超絶クオリティの2on2対戦格闘ゲーム
 ドット絵クオリティすげぇ。セクシー萌え表現もいい感じらしいですよ!



初代Xboxを超える性能のPSP後継機が開発中
 なんていうか携帯機のボトルネックは「小さな液晶画面」だと思うんだ。


ほとんど本物、進化した『iPhone』コピー商品
 ニセモノもパロディならいいんですけど、「誤認させて買わせる」タイプはもっとハデに取り締まるべきだと思うんだ。


10分で分かる,実勢価格2万円以下のGPU事情
 4gamerさんにて、最近のグラボ事情を解説してくれています。
 我が家の4850は発熱がやばくて、高負荷ゲームをプレイしているといきなりリセットかかります…。水冷考えようかなぁ…。

[ 2009/07/09 22:26 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)