ゲームストリーミング「STADIA」は、カジュアルゲーマーに寄せた方がよさそう 

Google、Stadia専用ゲームの開発を中止、チームは解散

--------------------------------------------------------------------------------
Googleが「Stadia」のオリジナルゲーム製作をあきらめた理由
アマゾンの「Luna」がグーグル「Stadia」より成功しそうな理由
アマゾン、クラウドゲームサービス「Luna」を発表--グーグルの「Stadia」に対抗
グーグルのゲームストリーミングサービス「STADIA」は業界に革命を起こすか(2019/3)
--------------------------------------------------------------------------------

一時期話題になった「ストリーミングのゲーム配信サービス」ですが、最近はちょっと下火になってきたようです。

 上記のニュースのように、話題をさらっていたGoogleのSTADIAはトーンダウン。
 日本ではサービスを始めていませんが、すでにサービスが始まっている欧米でも大成功といった感じではないようです。

 結局、現在のネットインフラでは、高画質・高速反応を求める最新ゲームの要求に応えきれない。
 ラグの問題からフォトナやAPEXのような通信対戦型FPSのプラットホームとして選ばれることはないし、それ以外のタイトルでも、ネット環境次第でゲームが止まったりプレイ画質が悪化するのは避けられない。

 また、定額のサブスク型配信サービスでは、開発コストがかかり販売価格が高くなるAAAタイトルを大量に提供するのも難しい。
 MSのGame Passのように「自社開発の大型タイトルを提供する」ことができないのであれば、提供タイトルはインディーズ系を中心とする「小粒な良作」に寄せざるを得ない。

 以上のことを総合すると、AAAタイトルを最高の環境でプレイできるPS5やゲーミングPCの「代替サービス」となるのが難しい以上、小粒な良作をたくさん集めて低価格で提供して「Youtubeで動画を見るようなノリでいつでも気軽に遊び始められるサービス」をめざすしかない気がします。

 実際、僕はGame Pass入ってますけど、もしGame Passと同等のラインナップで「Chrome起動してタイトル選べばすぐ遊べるサービス」が始まれば、真剣に加入を検討します。
 Game Passは間違いなくいいサービスなんですけど、100本以上のタイトルを「毎回インストールして」プレイするのって、わりとおっくうなんですよね…。

 ガチで遊ぶのであれば、ちゃんとインストールしてラグのない快適な環境でプレイしたいですけど、ちょっと空いた時間に気軽にプレイする程度であれば多少の不便さも許容できますしね。


 つうか、SteamとかEPICあたりで「ストリーミングで体験版プレイできるサービス」とか初めてくれないかなぁ。
 超絶便利そうw

[ 2021/02/15 17:54 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

コスパ抜群の「Xbox Game Pass」。使ってみてイラっとしたところをつついてみる 

 最近、マイクロソフトのサブスクリプション型ゲーム配信サービス「Xbox Game Pass」がゲーマーの間で注目を集めています。
 1000円前後の低価格で、PCゲームが200本以上、Xboxなら500本近いタイトルが遊び放題という、「頭おかしいんじゃねーの?」というレベルの価格破壊超お得サービスなので、そりゃゲーマーなら入りたくなるよね! というシロモノなのですが、実際に数ヶ月ほど利用したところ、いろいろ問題点も見えてきたので、加入するかどうか悩んでいる人向けに、ヤバいところをまとめてみました。

 なお、大前提として僕はゲーパスに大満足してます。
 問題点は多いけど(少ないとは決して言わない)、それを補ってあまりあるコストパフォーマンス。
 Steam辺りで、お得なインディータイトルを見つけては後先考えずにポチってしまい積みゲーが山のように盛り上がっている人なら、大量の「わりと注目度の高いタイトル」が低価格で大量に遊び放題となるゲーパスがオススメであることは間違いありません。


問題点 その1

 ランチャーがクソ使いづらい

 ゲーパスの利用は専用のランチャーを使います。インストールも起動もここが起点。
 つまりSteamランチャーみたいなものです。

 で、これが超絶…とまではいいませんが、かなり使いづらい。
 どうしてMSはOSメーカーなのに、UI関連を作るのがココまでヘタクソなのか。

 MSとUIについて語り出すと、グチと中傷があふれ出てきかねないのでやめとくけど、ともあれ使いにくいので覚悟しておこう。
 まぁインストール&起動専用と割り切って、他の機能に手を出さなければまぁまぁ我慢できる。

問題点 その2

 日本語非対応がわりと多い

 Xboxは海外主戦場で日本は所詮オマケなので、日本語対応じゃないゲームがけっこうあります。
 といっても6~7割は日本語対応してるので、十分といえば十分ですが。
 まれに「日本語」と書いてあっても、日本語選択できなかったりするけど、そこは我慢。

問題点 その3

 MODが基本的に使えない

 PCゲームといえば、ゲームを改造する「MOD」の存在が大きな特徴ですが、ゲーパスではMODの使用に大きな制限があります。

 基本的に、ゲーパスはDRM処理によって「ファイルをいじることができない」仕様です。
 ファイルの差し替えはもちろん追加もダメ。
 なので、ほとんどのMODが使用不可です。(ドキュメントフォルダーのiniをいじるとかセーブファイルを書き換えるとかはできる)
 日本語化MODもだいたいダメです。

 一部、ファイルをいじれるようにしてMOD使用をOKにしているタイトルもありますが少数派です。
 
問題点 その4

 ログインまわりでトラブルが発生しやすい

 ゲーパスは、まずMSアカウントでランチャーにログインし、そのアカウントとゲームを紐付けてからゲームを起動というプロセスをとります。
 Steamでも同様のことをやっているはずですが、あまり洗練されていない印象で、紐付けに時間がかかったりログインに失敗したりと、わりと面倒な印象があります。

 今まで遊んだタイトルで「紐付けできなくてプレイできなかった」ことはないので(複数回リトライすればいけと or 無視して突破できた)致命的ではありませんが、煩わしいところではあります。

問題点 その5

 起動不可やクラッシュなどのトラブルが多め&対応が難しい

 ゲーパスは、Steamなどと比べるとDRMの関係でややこしい処理をしているせいか、SteamやEPICと比べると起動不可やクラッシュなどの問題が起きやすい印象です(多発…というワケではないです。SteamやEPICがほぼ皆無というレベルに対し、ゲーパスは「たまにある」といったところ)。

 さらに困ったことに、「ファイルに触れない」という仕様なので、ユーザー側がファイルを差し替えたりなんだりして対策をとることも難しい。
 また、特殊仕様なうえにユーザー数が多いワケでもないので、情報も少なめで、Steamでトラブった場合と比べると、自力情報収集&解決も難度アップしてます。


 まとめると、サービス内容はいいんだけど、UIまわりが使いづらいうえに、トラブルが発生するわ&発生しても対処しにくいわで、PC初心者だと途方にくれることがあるかもしれない…といったところです。

 すでに述べましたが、基本的にはオススメなんですけど、ちょっとでも不具合があると我慢できない人や、なにかあったときに懇切丁寧に対応してくれないと我慢できない人は、やめた方がいいかもしれません。

 Steamが大手航空会社だとするとゲーパスは格安航空って感じですかねw



 ちなみに、ただいま3ヶ月間月100円での超得キャンペーン中。
 100円だったら多少トラブってもかまわないような気がするので、この機会にサクっと試してみてはいかがでしょうか。
[ 2020/12/10 15:43 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

「Xbox Game Pass」:『Fallout 76』で、ログインできない&開始時画面がまっ暗問題を解決する 

 ゲーパスさんで、まもなく『Age of Wanders:Planet Fall』が配信終了になるということなので、その前に遊んでみることにしました。

 起動しませんwww

 起動してもすぐクラッシュ。
 起動してチュートリアルを始めるも、ターン経過でクラッシュ。
 なんとかターンが進んでも、戦術戦闘モードへの以降で完全停止。

 トラブル多すぎ。
 とりあえず、一回全部消して、再ダウンロード&インストールすることに。

 気を取り直して、ダウンロード中に、これまた初プレイとなる『Fallout 76』を遊んでみました。

 「リージョンピン無し」とか出てサーバーにアクセスできませんwww
 時間がたつとアクセスできますが、画面がまっ暗で遊べませんwww

 いやいやいや、トラブル多すぎだろ「Game Pass」。
 まぁMSとベセスダの組み合わせとかトラブル臭しかしないというか、むしろノートラブルだったら驚愕するよね。

 とはいえ、実際にトラブるとムカつくんだけど。

 いろいろ調べたところ、ベセスダ公式(英語)に対処法が書いてありました。

「\Program Files\ModifiableWindowsApps\Fallout 76」にある「Project76.ini」をドキュメントフォルダの「My Games\Fallout 76」にコピったのち「Project76Custom.ini」に書き換える。

 とのこと。
 言われたとおりにやったら直りました。

 どう考えても、ゲーパスのDRM仕様のせいです。ありがとうございました。
 これぐらい、プログラム側で対応して欲しいところですが…まぁベセスダだしね!



 ちなみに、再インストールした『Age of Wanders:Planet Fall』ですが、再インストールをしようとすると「失敗」と表示されアンインストールもできない状態に。
 途方にくれたので取りあえずWindowsを再起動してからランチャーを起動したところ、さきほど「失敗」と表示していたことを無言で葬り去って、「プレイ」の文字を表示していやがりました。
 そして普通にプレイできた。



 ゲーパス関連のトラブルは
・ゲームを一回起動する。
・ファイアウォール通過設定などを全部すませる。
・ゲームを終わらせて再起動する。
・それでもダメならWindowsを再起動する。

 これで、対処できることが多かったです。
「設定関連を弄ったら、適用されたように見えてもとりあえず再起動しとけ」がよさげ。

[ 2020/12/08 15:37 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

PS5は驚きの低価格。サブスク型に軸足を移しつつあるXboxとの対決の行方は!? 

  PS5のお値段が発表されました。

PS5発売は11月12日!通常版が49,980円、デジタルエディションは39,980円…予約は9月18日スタート!

 光学ドライブ搭載のフルスペック版が49980円。
 光学ドライブ無し版が39980円。

 いやー、超絶安いすねw
 とくにドライブ無し版の4万円は破格だと思います。

 発表前はスペックの高さから「6万円もあるのでは?」と言われていたことを考えるとウソのよう。
 ていうか、前評判が「高め予想」だっただけに、割安感が大幅増幅されている感すらあります。

 僕は、軸足が完全にPCゲームにシフトしてしまい、やりたいゲームはだいたいPCでできることもあり、PS5は当面見送る予定なのですが、それでもこのスペックと値段は魅力的。
 とくにカスタムSSDによる高速ローディングはかなり興味があります。
 どれぐらい速くなるのかなー。


 さて、これでXboxとPSの新型機がともに発売日が決まり、次世代ゲーム機の全容があきらかになりました。

 気になる次世代のゲーム市場バトルの動向ですが…
 正直なところ、いまとあまり変わらない気がします。

 というか、PCとPSとXboxってわりとキレイに棲み分けできそうな?

 PCとPSってあんまり客層が被らないと思うんですよね。
 スペックとゲームの値段とカスタマイズ重視勢はPC。
 コスパと遊びやすさ、あとネット環境の快適さ(チート対策含む)重視ならPS。
 この2つは平和に共存していきそう。

 問題となるのはXboxとPSなんでしょうが、正直、Xboxってハード売ってシェア上げてソフトのロイヤリティで儲けるっていう従来の売り方をメインストリームにしているのではないような…。

 ファーストタイトルをPC版と同時発売するやり方とか、サブスクサービスの「Xbox Game Pass」に猛烈に力を入れているスタイルとか見ていると、MSとしてはハードの売れ行きにはそこまで拘ってなくて、サブスクサービスが売れればOKと考えている気がします。

 「Series S」を出してきたのも、プラットフォームとしてのシェア拡大というよりも「手軽にサブスクサービスを利用するためのプラットフォーム提供」なのかもしれません。

 ただ「無料でいろいろなゲームが遊び放題のサブスクサービス」って時間泥棒ですから、そういった観点からすると、PS5とは「可処分時間を奪い合うライバル」になりそう。

 PS5というハードを中心に従来型のゲームビジネスを進化させていくスタイルと、最近流行りのサブスクライブ型サービスによるゲームビジネスの、どちらが主流になっていくのかは、なかなか興味深いところです。

[ 2020/09/17 09:37 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

新型Xboxに3.3万円のグレードダウン版。「Game Pass」とのセット運用で驚きのコスパに!? 

新型Xboxが3.3万円で。Game Passのコンボが強力すぎる

 新型Xboxの発売日と価格が決まりました
 発売は11月10日(US時間)。
 4Kに対応した高性能な通常版=「Series X」が49980円。
 フルHDをターゲットにした光学ドライブなしの廉価版「Series S」が32980円。

次世代Xbox「Xbox Series X」は11月10日に499ドルで発売
「Xbox Series X」も「Series S」と同じ11月10日発売 価格は499ドル
世界同発で49,980円! 日本マイクロソフト、Xbox Series X、Xbox Series Sの日本展開を発表

 個人的には、ゲームはPCで事足りてるので、次世代機については当分様子見と思ってました。
 ただ、「Series S」が3万円なら、ちょっと欲しいw
 Xboxはサブスク型のゲーム配信サービス「Xbox Game Pass」が超お得でして、それ専用機として用意してもいいかなぁと。

 「Game Pass」の細かい説明は省きますが、とにかくコスパが素晴らしいくて、ゲーム好きなら必ず押さえておきたいサービス。

 Game PassはPC版とコンシューマー版があります。
 PC版だと月200本ぐらいラインナップがあるのですが、コンシューマー版はそれよりも数が多くて250本ぐらい。
 さらにコンシューマーオンリーのタイトルは、ちょっと前の大作が多いが大きなメリット。
 僕は、すでにPC版を利用中ですが、3万円で本体用意すれば、コンシューマー版Game Passのタイトルもプレイできるようになるというのは、かなり魅力的。

 PCとコンシューマーの両方で利用できる「Game Pass Ultimate」は月1100円なので、「Series S」買って月1100円払えば、次世代のゲーム環境の大部分を満喫できそうな予感がします。
 また、今年のホリデーシーズンからは、Game Passに加入するとEA Playも利用できるようになるらしく、お得度大幅アップ!

 正直、「MS大盤振る舞いしすぎw ここまでやって儲かるの?」ってレベルなんですが、それでも日本ではPSに勝てるどころか比肩する未来が見えないのがなんとも…。
 とはいえ、『Game Pass』はホントにお得なので、ゲーム好きな方はいちど調べてみることをオススメします。

関連エントリ「『Xbox Game Pass』で『EA Play』も遊べるように。月500円で250本ものゲームが遊び放題!? 」


「Series X」と「Series S」と廉価版のスペックの差が気になる。

 Sはスペックを下げた廉価版という位置づけですが、スペックダウンがゲームプレイにどれだけ影響するのか? が気になるところ。

 PCでのゲームハード事情から考えると、「4K対応60FPSをターゲットにした高性能機を1080p/60FPSまで落として価格を2万円下げる」ことは不可能ではないと思います。

 むしろ4Kいらない人からすると、4K対応したGPUってオーバースペックでコスパが悪い。
 そこをズバっと削ってFHDターゲットにした廉価版の存在は、なかなかツボを付いた存在だと思います。

 ただ、不可能ではないですが、実際にどうなっているかは、実機でプレイしてみないと分からないというのが正直なところ。
 SのFHD画像はFPSがガタ落ちしたり画質がハデに落ちちゃう…なんて可能性もあるわけで、「人柱上等」とか「在庫切れダメ絶対」とかでなければ、少し様子見してから買うのが賢いかもしれません。



 しかし、廉価版に外付けドライブ付けて360タイトル遊べるとかなら、さらに購入意欲アップするなぁ…。
 360のゲームで遊びたいのが数本あって、このあいだちょっと引っ張りだして遊んだんですけど、旧360の爆音ドライブには耐えられなかったw

 あれ、でもわざわざ外付けドライブ買い足すぐらいなら、いっそ「Series X」買えばよくね?w

「Xbox Series S」スペックの更なる詳細公開
※XとSのスペック比較が掲載されています。

[ 2020/09/12 11:39 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

『Xbox Game Pass』で『EA Play』も遊べるように。月500円で250本ものゲームが遊び放題!? 

「Xbox Game Pass」加入者は「EA Play」も無料で利用可能に
「Xbox Game Pass for PC」現地時間9月17日から正式サービス開始

 EAも遊べるようになるとかマジかwww

 僕にとってEAタイトルって「買うほどじゃない」ってのが正直なところなんですが、サブスクでプレイできるならやってみたいのはけっこうあるんです。

 料金変わらずEAも対応とか、単純にタイトル数大幅アップなので嬉しい限り。

 「初月100円、それ以降は月425円で、月々200本近いタイトルを遊び放題。サードパーティの最新AAAは少ないけど、MSの最新AAA&サードパーティ型落ちAAA、さらにはインディーズの名作新作話題作が目白押し」とか、Game Passの無敵感がスゴくないですか?

 ていうか、PCゲーマーなら全員加入してしかるべきレベルだと思うんだけど、なんでイマイチ認知度が低いんだろう…。



 ちょっと気になるのは「正式サービス開始」ってところ。

 今、PC版の料金は「月425円(期間限定)」で、正式な料金は850円。そして期間限定がいつまでかは未定。
 正式サービス開始を期に、料金が850円になるとけっこう痛いです。
 まぁ、それでもメチャクチャお得なサービスですけど。

 ちなみに、今なら初月100円なので、まだ利用したことが無い人は、ぜひお試しすることをオススメします。

Xbox Game Pass 公式

※補足の蛇足追記
 専用ランチャーがクソ使いづらいうえに、MODがほぼ導入できないとか、英語版が多いとか、日本語対応ってあるのに日本語表示できないとか、おま国タイトルがあるとか(回避かfjk)、いろいろケチを付けたいところが多いのも事実。
 「完璧なサービス」を望むひとにとっては辛いかもしれません。

 
[ 2020/09/10 13:01 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

『マインクラフト ダンジョンズ』レビュー。カジュアルハクスラの良作だがシンプルすぎる面も… 

 マインクラフトの名を冠したハクスラ『マインクラフト ダンジョンズ』(Minecraft Dungeons)をプレイしてみました。

 最初に断っておくと、本作は「マインクラフト」と付いていますが、マイクラらしさは見た目だけで、ゲーム的には共通部分がまったくないです。
 ブロックを崩したり積んだりはできないし、クラフト要素も一切なし。
 マインクラフトのビジュアルが好きならかまいませんが、ゲーム性の部分でマイクラっぽさを期待して本作をプレイすると多分裏切られます。

 というわけで、このあとは「ハクスラとしてどうなの?」って視点のみで語っていきます。



 難度ノーマルのエンディングまで進めましたが、本作を一言であらわすと

 よくできたカジュアルハクスラ。

 です。
 この場合「よくできた」は誉め言葉ですが、「カジュアル」はポジネガ両方の意味です。

 ハクスラとしての作りはとにかくシンプル。
 攻撃方法は近接と弓にくわえ、チャージしたエネルギーを使う特殊技のみ。
 クラスはなく、スキルも武器に付与されているもののみで、キャラが独自にスキルを覚えたりはしない。
 同時に使えるスキルの数は3つで、ほかのハクスラにあるスキルビルド的な要素はありません。

 ここまでシンプルにすると、ゲームとして飽きやすそうではありますが、そうなっていないのが本作の「よくできた」ところ。
 スキル数は少ないもののできることのバリエーションが多く、それぞれの組み合わせによって、「殴って撃つだけ」ではないアクションバトルに仕上がっています。
 それにくわえ、シンプルではあるが決してヌルすぎないバランス取りによって、「敵を殴って倒すのが楽しい」というハクスラ本来の魅力を存分に引き出せています。

ハクスラ初心者が気軽に始められる…という点において、本作は間違いなくトップクラスの秀作です(断言)。


 ただ、「シンプルなハクスラ」としての完成度はとても高いのですが、そうはいっても「シンプルさ」ゆえの欠点から逃れられていないのも確か。
 クラスがない、スキルビルドもない、戦闘アクションも練られてはいるが本格ハクスラと比べるとできることは少ない…では、ハクスラ好きとしては物足りなさを感じずにはいられません。

 正直なところ、ハクスラを遊びたい人にコレを勧めるか? と言われるとウーンと唸らざるを得ません。
 僕が人に勧めるなら、ハクスラ初心者には『Diablo3』を、ある程度慣れている人には『Path of Exile』か『Grim Dawn』を推します。
 マイクラダンジョンはよくできているけど、既存の人気タイトルと比べると底が浅すぎる。

 僕が『マインクラフト ダンジョンズ』を勧めるとすれば、凝ったゲームが辛い小学生低学年とか、小難しいゲームが嫌いでサクっとハクスラしたいライトゲーマー。あとは、手軽にCOOPしたい人…あたりでしょうか。

 ちなみに僕は、ノーマルクリアまで数時間プレイしてだいぶ満足。
 もうちょっと遊ぼうかなぁとは思いますが、そう遠からず飽きそうな気がしますw
 プレイ時間でいうと10~20時間ぐらい遊べる…ってところかなぁ。

 ハクスラマニアな視点から見たので少々辛い点数になってしまいましたが、3000円で(ゲームパスなら月100円~500円)20時間遊べるって考えれば、かなりのコスパと言えるかもしれません。
 まぁ個人的にはその20時間を『Diablo3』か『Grim Dawn』に突っ込むことをお勧めしますがw

 「マインクラフト」をいう偉大な名前がついたことで過大な期待がかかっているのがよくないのかも…。
 3000円で遊べるインディ系のカジュアルハクスラ…と考えれば、間違いなく「非常に好評」という評価を得られると思います。





 しかし、僕はカジュアルゲーへの評価が低くなりがちですねぇ…w
 マイクラダンジョンも、よくできているのは間違いなくて、気にしてるのは「カジュアルすぎる」という一点のみ。

 そのあたりを踏まえて、当ブログを読んで頂けると幸いですw
[ 2020/05/31 21:10 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)