「FF15」はFFっぽくないと思うけど、バトルシーンのPVは楽しそう 

 先日、FF15の発売日が2016年9月30日と発表されまして、それにともない家電量販店などでの予約が始まっていました。
 まだ半年も先の話なのに豪勢に盛り上げてて、ファイナルファンタジーというブランドのの凄さをを改めて感じたり。

 けっこうなスペースを取って宣伝してるところがほとんどで、大型モニターによるゲーム画面ムービーも流していました。





 実は、個人的にはFF15にはあまり興味がなかったんですけど、ゲーム画面見たら少々興味が出てきました。
 僕が見たのは戦闘シーンのもので、シームレスっぽいフィールドをイイ感じに転がりまくりつつ反撃しているもの。
 既存のRPGの戦闘というよりは、見た目のカッコ良さに拘ったアクションゲーム的な戦闘で、あれがRPGとしてうまく消化できていたら、すばらしいものになるような予感がします。
 一歩間違うと「ただのボタン押しゲー」になる危険もはらんでいますが、その辺は良い方に期待するってことでw

 海外のRPGって、名作RPGでも戦闘システムはざっくりしたものが多いので、久々に「AAAなRPGでありながら、戦闘がガッツリ作ってありそう」なタイトルを見れた気がします。


 正直、個人的な期待の無さもあいまって「15は100万本はいかないんじゃないかなぁ」なんて思っていたのですが、あのプロモーションのハデさと、PVから感じられるゲームのクオリティを見ると、いい方に上方修正したくなりました。

 また4gamerの方で、FF15クリエイターな方のインタビュー記事が公開されていました。
 なかなか読み応えがありますし、クリエイターの想いも伝わってくるオススメ記事です。

「FINAL FANTASY」は再びゲーム業界の最先端を目指す。田畑 端氏と野末武志氏が語る「FFXV」の展開戦略と物作りとは




ファイナルファンタジー XV
初回生産特典武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱&
【Amazon.co.jp限定】「ゲイボルグ/FINAL FANTASY XIVモデル」特典セット付









【雑記】 大作シリーズで「みんなが満足する新作」は大変そう
※ちょっぴりネガティブなので、了承のうえご覧下さい

[ 2016/04/12 18:43 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(4)