新生FF14を遊んでみた。良作だけどオリジナリティに欠ける気も… 

 新生FF14をプレイしています。
 レガシープレーヤーなのでアーリーエントリーOKだったので、週末からちょびちょび遊んでいました。
 正式サービスが始まっても14日ほどは無料で遊べるようなので、まだ課金していません。

 まったりとソロプレイで、ただいまレベルが11になりました。
 で、ここまで遊んだ感想ですが…

 あの14のクソ出来から、よくここまで頑張ったな…

 と。プログラム面からゲームシステムに至るまで、ストレスの塊のようだった初代14と比べると、これでもかというほどにストレスフリーになっています。思いっきりユーザーフレンドリー。

 とても遊びやすい作りになっているので、MMO初心者でも安心して遊べると思います。
 これが14ローンチの時に実現できていればなぁ…と思わずにはいられない。

 さて、基本的には褒めたい出来なのですが、残念ながらネガティブな面もなくはありません。
 それは「FF14ならでは」という部分が感じられないこと。

 14のシステムは、戦闘システムからクエスト、FATEにいたるまですべて、WoWやGW2などの既存作品で見たものばかり。際だった個性や革新性はまったく感じられません。
 多くの要素を破綻無くまとめたことは評価できますが、やはり14でしか経験できない興奮やワクワク感がが欲しかったなぁ…というのが素直なところです。

 ちょっと毒を吐きましたが、ここまで丁寧に作り込まれている「国産の」MMOは、他に見当たらないのも事実。
 日本人が、じっくりと月額課金型のMMORPGを楽しみたい! というのであれば、まっさきにピックアップされるべき1本と言えそうです。






 以下、ネガティブなチラ裏話続く。

[ 2013/08/27 22:48 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)