『Epic Games ストア』が好調な気配。独占&無料配布戦略がうまくいった模様 

 オープンワールド工場建設ゲーム『Satisfactory』売上130万本突破。

 『Satisfactory』は、Epicで次元独占販売で発売、そして1年後にSteamでも販売を開始しました。

 Epicが95.8万@1年。
 Steamが36.7万@1ヶ月
 合計132.5万。

 EPICでも、けっこう売れてるんですねぇ。
 正直、Steamにはかなり及ばないのかなぁ…と思っていたので、この数字にはけっこう驚きました。

 Epicの独占販売戦略は、一部ユーザーの反発を買いはしたものの、ガリバーSteamを追いかける後発ストアのやり方としては効果的だったのかなと思います。


 なんだかんだで、Epic Games ストアの存在感って大きくなってきてると思うんです。

 毎週配布される無料タイトルを確認するためや、無料配布されたタイトルが増えてそれらを遊ぶために、「EPICランチャー立ち上げる」ことがかなり増えてます。
 販売サイトとしては、とにかくお客さんが来てくれなければ話にならないワケで、そういった意味では、無料配布施策はEPICの発展に大きく寄与しているのではないでしょうか。

 あと、販売価格も、基本的にはSteamの方が安いんですけど、EPICでも同じぐらいもしくはより安くなるケースもなくはない。
 とくに大規模セールのときは、なかなかお得なクーポンを配布してあることもあって、お買い得感が高いです。

 今の僕は、週に数回はエピックランチャーを起動するんですけど、毎週の無料配布実施や、無料配布やセールで買ったゲームをプレイすることがなければ、週に数回どころか、月に1回立ち上げるかどうかもあやしかったと思います。

 なお、「店を覗かないから、お得な情報を目にすることもなく、ますます何も買わなくなる」という悪いサイクルにハマっているのが、僕の中ではOriginとUBIのストアだったりします…。
 APEXもSiegeもやらないから、どっちもほぼ起動しないんですよね…。



 ちなみに、僕がEPICで買ったゲームは「ボーダーランズ3」「Outward」「Operancia」「HADES」の4本なんですが、ライブラリに並んでいるタイトル数はいつのまにか130本を越えてました。

 無料で120本ほど配ったってことですよね…すげーなEPIC…。

 深く考え出すと「無料配布でゲームの相場観がだだ下がりするのってどうなの?」みたいな話も出てきますが、その辺は、また改めて妄想しようかと思います。

[ 2020/07/13 19:36 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

格闘+SLGなインディータイトル「AZTEZ」レビュー。良作だが決め手に欠ける…かも? 

 epicで無料配布していた「AZTEZ」というゲームを遊んでみました。

 ゲーム内容はシンプルな格闘アクションに、シミュレーション的要素をくわえたもの。

 ゲームはターン制で進み、ターンごとにさまざまなイベントが発生。
 イベントが発生した拠点を選択すると、シンプルな格闘ゲームパートに移行。
 そこで勝利すると、イベントクリアとなり、さまざまな報酬が得られる。

 自国の兵士がいなくなると滅亡となりゲームオーバー。
 国が滅ぶまでに、どれだけのスコアを稼げたかを競う、スコアアタック的ゲームとなってます。

 格闘ゲーム部分は、ストリートファイターとか鉄拳と比べるとさすがにシンプルだけど、それでもガードにパリィ、カウンターに打ち上げからの空中コンボなど、かなりの要素が詰め込まれた、なかなかの本格派バトル。
 コントローラーにもキッチリ対応していて、気持ちよく敵キャラをボコれて楽しい。

 またビジュアルがほんとによくできてて、キャラデザはもちろん、キャラの動きもいい感じ。
 モノクロの世界に真っ赤な血飛沫が弾ける様はとても鮮やかで、見てるだけで楽しいです。






 と、丁寧に作られた、悪くないゲームではあるのですが、トータルで評価すると「お金を払ってまで遊ぶかというと微妙」というのが正直なところ。
 悪くはないどころか、むしろ良ゲーであるとすら思うのですが、「同じ値段を払うなら他にもっとおもしろいゲームがありそう」なんです。

 そう、けっしてつまらなくはない。
 ビジュアルはセンスがあり、格闘アクションもほどよく爽快。
 スコアを稼ぐための仕組みにも一工夫あり、攻略方法を考えながらの「繰り返しプレイ」もできる。

 全体的に隙が無い。

 ただ、「このゲームならでは」の突出した部分が少なくて、プレイするモチベが続かなかった。

 本作のメインは格闘パートだと思うんですが、格闘ゲームとして遊ぶなら、セール価格で安く購入できる『ストリートファイター』なり『鉄拳』なりを選んだ方が「濃い時間」を体験できると思うんです。

 じゃあ、格闘とSLG要素を組み合わせたことで、このゲームならではの体験ができるか? と言われると、正直そこまでの相乗効果は感じられない。

 小さく綺麗にまとまっていて、クセがなさすぎ…とでもいうのかなぁ…。


 ただ、よくよく考えると、これは僕が「カジュアルなゲームを遊ぶなら、その時間を重いゲームにつっこみたい」というタイプだからであって、「ちょっとした時間に手軽にゲームを遊びたい」というカジュアル指向であれば、むしろ非の打ち所がないタイトルなのかもしれません。




 しかし、このゲームの出来で「この値段でこの内容なら、他のゲームをおすすめするかなぁ…」と思えてしまうって、今のPCゲームのタイトル充実度ってハンパないですよねぇ…。

 コンシューマー機に市場を制圧され、海外直輸入タイトルをラオックスやカオスあたりで吟味していたPCゲーム暗黒期が嘘のようだw


[ 2020/02/19 03:57 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

ローグとシューティングが融合した傑作『ENTER THE GUNGEON』が無料配信中! 

 ただいま、EPICで『ENTER THE GUNGEON』というゲームを無料配信してます。

EPIC GAME:STORE

 こちらのゲームは、通称「ガンジョン」と呼ばれている、「弾幕シューティング系ダンジョン探索ゲーム(from公式紹介)」。
 ざっくり言うと、「ローグ系RPGのゲームシステムで、戦闘をガチのシューティングにしました」というもの。

 ローグ(いわゆるシレン・トルネコ)のように、毎回生成される2Dのランダムダンジョンを探索して武器やアイテムを集めつつ、次々と沸いてくる敵キャラをシューティングで倒していきます。

 ゲームの軸はシューティングバトルで、それをローグ的システムで味付けしている感じです。
 なので、ゲームの本質は「シューティングゲーム」。ローグライク”RPG”とは言い難いかな。


※日本語対応。コントローラーもOK。

 4~5時間プレイしたのですが、かなり遊びやすく、かつ作りが丁寧で「シューティングゲームの気持ちよさ」と「ローグならではの探索のワクワク感」が、イイ感じでミックスされた良作に仕上がっています。
 シューターとハクスラ系RPGの両方が好きであれば、間違い無く楽しめるはず。
 どっちかのみ…って人もけっこういけると思うw 敵が強いので俺ツエープレイはムリですが。

 ともあれ、6/21までEPIC STOREで無料配信中なので、ぜひ手に入れておくことをおすすめします。

[ 2019/06/18 03:11 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)