BDFF新作に有料アイテム。DLCするなら「コンテンツ」を売って欲しい 

「ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル」,与ダメージの限界突破を可能とする新システム“ブレイブリーセカンド”を紹介

 スクエニの3DS用RPG「ブレイブリーデフォルト」の次回作において、有料のゲーム内アイテムが存在するそうです。
 有料アイテムを使用する新システム「ブレイブリーセカンド」について、記事をざっくりまとめると…

・バトル中に「SP」を消費して、時間を止めてコマンド割り込みできる。
・SP使用中はダメージ限界が引き上げられ9999以上のダメージが可能に。
・SPは、スリープ状態による時間経過もしくは課金アイテムのSPドリンクで回復する。

 BBDFも課金ゲーになったか…。

 まぁ、この記事だけでは、どの程度の課金バランスなのか分かりません。
 もしかしたら課金とかまったく不要なバランスかもしれません。
 一方で課金によってゲームバランスに影響を与えるほどのものかもしれません。

 実際にどうなのかは買ってみないと分かりません。でも、買って試して外れを掴まされたらたまらない。
 買う前に判断するには「スクウェア・エニックス」というゲームメーカーの過去の実績や姿勢で判断するしかなく、そうなると、スクエニは「全面的に信用できる」にはほど遠いメーカーなわけで…。
 困ったもんですねぇ…w


 もっとも、そもそもフォーザシークウェルは小銭稼ぎの完全版臭が強すぎて買う気はなかったりw
 僕が心配しているのは後に控える「2」の方。
 アイテム課金ゲームというか「ゲームバランスに課金要素が浸食してくるゲーム」が苦手な僕としては、「2」でこの手のアイテムがもりもり実装されると萎えちゃうこと間違いなし。

 この課金でシークウェルが非難囂々になって、BDFF2では課金要素がキレースッパリなくなってくれると嬉しいw



 しかし、このシステム、正直誰も得をしない、まさにLose-Loseなモノにしかならないような気も。

 そもそもBDFFが高評価だったのは、昔ながらRPG的なスタイルのゲームを、丁寧に作ってあったからだと思うんです。
 で、そういうのが好きな層は、多分ソシャゲチックな課金スタイルは好きじゃなさそう。

 まぁ僕みたいに課金されたらすぐ撤収! というほどガチガチに嫌っている人は少ないでしょうし、そもそもSPドリンク程度であれば気にしない人がほとんどだとは思いますが、それでも一定数はネガティブに受け止める人がいそう。

 で、多少反感を買っても、それ以上のリターンを得られれば、販売方法としては成功なんでしょうが、正直あのゲームで「SPドリンク」なんてものが大量に売れるとは思えないんですよねぇ。
 コンシューマーにおける課金スタイルの実験だとしても、適当なサンプルにはなり得ない気がします…。



 なんていうか、最近の国産ゲームのDLCとかアイテム課金って、ほとんどが「ぼれるところからぼったくる」って商売にしか見えないのが困った。
 回復アイテムとか時短アイテムとか強力装備とかを売るのって、その「商品」を作るためにどの程度の労力を費やしたのかと…。

 海外ゲームのDLCも、以前はそういうタイプのものがちらほら見られたのですが、最近は「しっかりと作り込んだモノを」「正当な対価を得て提供する」という方向、つまりDLCという言葉どおりの「追加コンテンツ」の販売になってきている印象です。

 国産も「追加アイテム」や「パラメーター開放」で金を取るんじゃなくて、しっかりコンテンツを作って、それを売る方向にシフトしてくれるといいんだけどなぁ…。
[ 2013/10/13 00:38 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(3)

今度は有名ポルノ女優参戦!『セインツロウ2』にカオスな追加DLC登場 

 かって「街中でやりたい放題やっちゃうカオスゲー」というばGTAシリーズですが、あちらが4になってややシリアス路線に進んでいったのに対し、旧GTAのバカでカオスなノリを思いっきり漂わせているのがコチラの『Saints Raw2』。
 正直グラフィックこそイマイチな見た目ですが、本作の魅力はそんなところを超えたところにあったり。

 そんなバカゲー大好き野郎注目の『Saints Raw2』に、追加DLCが4/16に配信されます。お値段は約1000円。残念ながら日本でのリリースは発表されていません。

 一番の注目はアメリカを代表する大物ポルノ女優テラ・パトリックをフューチャーしたこと。なんでもゲーム中にゲストキャラとして登場するようです。テラ・パトリックがどんな人からはTera Patrickでぐぐってどうぞ。画像ググールすれば、さすがポルノスターな画像も次々と楽しめちゃいます。(貼ろうと思ったけど普通にエロいので自粛)



 新たなミッション、対戦COOPモード、4つの新マルチプレイマップ、6つの乗り物、バカっぽい新コスチュームの数々など、なかなかなボリュームの模様。
 おもしろけりゃあイイんだよ! とばかりにバカのりで遊びたいアナタにオススメの1本となっております。

 なおSaints Raw2のDLCは全部で3つ用意されていて、今回のは第一弾とのこと。2、3弾ともども、日本語版配信に期待しましょー。

sr04021.jpg

sr04022.jpg


<関連リンク>
セインツロウ2 日本公式
全裸で銃をぶっ放せ!『セインツロウ2』がバカでヤバそう
ポルノ女優や忍者が参戦『Saints Row 2』追加DLC『Ultor Exposed』トレイラー


Saints Row 2(セインツ・ロウ2)【CEROレーティング「Z」】
THQジャパン (2008-12-04)
売り上げランキング: 268
おすすめ度の平均: 4.5
5 面白い!!!
5 クリア感想です。
5 これは楽しい
4 面白いです
5 こっちの方が簡単


[ 2009/04/02 16:30 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

アイドルマスターSP、DLCの衣装は一着1000円。海賊版対策もバッチリ!? 

 19日に発売となったPSP用「アイドルマスターSP」。対応機種がPSPということで、今まで興味はありつつも遊んでいなかった人が大挙アイマスデビューしたような気がしたりしなかったり。

 さてアイマスといえばDLC。「俺の金は春香の衣装のタメにある」と豪語する人が10万人ぐらいいるかどうかは知りませんが、とにかく本家アイマスのDLCは億単位の金を稼いだ「DLCの優等生」なワケで、SPでもDLCをガッツリサポートしています。

 今回はそんなSPの第一弾DLCのお値段をチェック

衣装
 ポップサウンドブラッサム 1,000円
 ジャパニーズウェーブ 500円
アクセ
 アイマスヘッドホン 200円
 ショルダースピーカー 200円
 音符のリストバンド 200円
 音符のアンクル 200円
楽曲
 『キラメキラリ』(8名分) 各150円
 『フタリの記憶』(8名分) 各150円
 『目が逢う瞬間』(8名分) 各150円
その他
 メールアドレス(9名分) 各100円

 衣装一着1000円かー。すげーなー高いなー。僕も着せ替え好きなんで、この手のモノが欲しくなる気持ちは分からなくもないのですが、さすがに1000円は躊躇するわ。
 まぁ月額1500円ぐらいのネトゲーと思えばいいのかもしれませんが。

 ちなみにYAHOO知恵袋あたりで「CFWで動かないよ!」って質問があったり。一応対策済みらしいです。そのうちCFWが対応しそうですけど。
 いつも思うんだけど、SCEが本気でCFW潰すつもりならハッキングサイトを狙えばいいのにと思うんですが、そうならないのはハッカーvs企業の激しい攻防があったりするせいなんですかね?


アイドルマスターSP 公式サイト
『アイマスSP』DLC第1弾の情報と『ミッシングムーン』のPV公開(電撃オンライン)

「アイドルマスターSP」ついに発売! 特典満載でかなりの売れ行き(アキバ総研)
PSPにアイドルマスターSPをいれてみたのですが(YAHOO知恵袋)
[ 2009/02/20 12:30 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(11)

白騎士物語、追加クエスト配信開始_PS2が5000万台突破【ニュース】 

テクモから『相棒DS』が3月5日発売(電撃オンライン)
 いや、このソフト自体は正直どうでもいいんですが、このニュースやたらどこのサイトでも扱いデカいんですよね…。そんなに「相棒」のゲーム化ってニュースバリューあるんだろうか。テレ朝とかワイドショーですらこの話流してましたからねぇ…。水谷豊は好きですが、相棒は見たことありません。


NDS/PS2用ソフト「ストライクウィッチーズ」が,2009年春発売(4gamer)
 ぱんつには期待ですが、キャラゲー版権ゲー臭しまくりなので、正直期待はしていません。裏切ってくれるといいですねぇ…。


「女神異聞録デビルサバイバー」の公式サイトが大幅リニューアル(Online Player)
 15日発売のアトラス製シミュレーションRPG。メガテン系なのは気になるんですが、買おう! ってほどでもないんですよねぇ…。ちょっと様子見します。


Gears of Warシリーズの今昔--グラフィック徹底比較(GameSpot)
 すんません画面を見ても技術的な違いはよく分かんないです;; 絵の作り方が違うなぁってのは分かりますが…。2の方が質感というか重厚感が滲み出ている感じを受けます。
 ところで、GoW2は英語版をチマチマとやっているんですが、コントローラーで狙いをつけるのがツラいです。マウス対応してくれないかなぁ…。


価格も決定!『Fallout 3』のDLCは1/27リリース(4gamer)
 DLCの内容についてはコチラの記事から。
 これ北米版の話ですよね…? 他のサイト情報では「国内も今月中」とありましたが、さてどうなるでしょうか? 内容自体はなかなかのボリューム&クオリティの模様。お値段は800MSポイント。1200円ぐらいかな。


白騎士物語の追加クエスト第1弾が配信開始(Online Player)
 1/15配信スタート。ネットモードでも遊べるクエとのこと。値段については有料とも無料とも書いてませんが、多分タダなのではないかと…。


「Xbox 360にBlu-rayを搭載する予定はない」(GameSpark)
 まぁ標準で載せない限りBD専用ゲームとか作り難いワケで、ゲームに使えないとしたらただの再生マシンですから、あんま意味があるとも思えず。BDは大容量メディアとしては魅力的ですが、読み込みは決して速くはないですからね。無理にBD対応にするぐらいなら、HDDに走ったほうがいいと思います。そういうワケで市販のHDDをくっつけられるようにしてください。専用HDD高すぎだっつの…。


PS2: 50m Sold in North America(Edge)
 PS2の北米での売り上げが5千万台となったそうです。すげー数だな…。PS3発売から2年たった今でも売れ続けているほどで、歴史的な名ゲーム機といえるでしょう。


Star Ocean: The Last Hope Will Stay on the 360(IGN)
 開発チームが「スターオーシャン4のPS3版の計画はありません」って発言したらしいです。まぁ将来的にはどうなるか分かりませんが、当面は360専用ってことでしょうか。両方で出したほうが儲かるんじゃ? と思いますが、移植が大変なんですかねー。


PC版「ミラーズエッジ」は1月22日発売! (Online Player)
 これはさすがに売れない気が…。ただPhyXという物理計算エンジン対応でして、nVidiaのグラボ持っている&最新グラ技術に興味がある方には見逃せないタイトルかも。
PhysXの有り無し比較動画は以下からどうぞ。



日本語版のテスト実装も!『EVE Online』無料拡張パック発表(GameSpark)
 なんどか紹介してきたEVE ONLINEの無料拡張パック話。日本語バージョンがテスト実装されるそうなので、英語だからと避けていた方もぜひお試しあれ。


「英雄コナン」のMMORPG、49のサーバーを18に統合(INSIDE)
 発売当初はかなり盛り上がっていた「Age of Conan」ですが、徐々に盛り下がってしまい人が減っているとか。コナンの世界観にあわせた荒々しい表現、ありていにいえばゴアな表現が話題になってました。僕はゴア表現があんま得意ではなく、わざわざ英語で遊ぶほどではないと思いスルーしたのを覚えています。
 360版が発売予定とのこと。開発元がFuncomってことはもしかしたら日本語対応してくれるかも。そうなれば遊ぶかもしれないので、ちょっぴり期待したいところです。


大きすぎ! 史上最大の翼竜「ハツェゴットプテリンクス」(カガクニュース隊)
 キリンなみのサイズで、しかも飛べたらしい。飛んでるところ見たいなぁ…。

[ 2009/01/15 02:36 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

ディスガイア、追加シナリオ500円。DLCに文句を言いたい 

 ディスガイアといえば、一部のSLGファンをはじめコアな人気を誇る日本一ソフトウェアの看板シミュレーションRPG。僕も1と2はかなりやりました。特に1。
 その最新作であるPS3用の「ディスガイア3」に、追加DLCとして新シナリオが配信されることがアナウンスされました。
 追加シナリオは全4話で1話550円。全部揃えると2200円! もう拡張パック並じゃん…。

 「ディスガイア3」はDLC(有料)がかなり多めのタイトルで、現在販売しているアイテムは以下のとおり。

・追加キャラ:毎月3人×6ヶ月で18人+スペシャルキャラが6人。1人100円~200円
・新システム:3種類。各500円。

 追加キャラはディスガイア1や2、日本一の他作品のキャラが中心です。
 僕がDLCに否定的な立場なんで、どうしても見方が厳しくなりますが、正直シミュレーションRPGの追加キャラを20人近くバラ売りするのはどうかと。よっぽどスペシャルなキャラならいざ知らず、1とか2の主人公や、ドラゴン、ネコマタなんていう汎用キャラまでバラ売りするありさま。その辺は最初のパッケージに入れておいてもいいんじゃないかと…。
 ここまで露骨にやると「製品版でワザと入れなかったよね^^;」って思われること間違いナシだと思うんですよね。

 ソウルキャリバーでも追加キャラのデータがディスクの中に入っているのに、それを使えるようにするには追加料金を払わないとダメなんてのもありましたが、あれなんかも「そこで金を取るなよ」って言いたくなるやり方です。

 コンテンツは無いよりはあった方がいいですし、お金を取らないと追加コンテンツの作成はままならないという事情もあるでしょう。でも「何でもかんでも追加コンテンツ」ってのも気分悪い。あまりに気分が悪いんで「ディスガイア3」は買うかどうか悩んだ結果スルーしたほど。まぁ僕みたいのは少数派でしょうから、それが買うのヤメてもDLC販売分で余裕で穴埋めできちゃうんでしょうけど…。

 DLC商法をするなら 「追加で売る分」と「定価販売分に入れておくお楽しみ要素」のバランスに配慮して欲しいところ。少なくともユーザーに「追加DLCのためにオリジナルで手を抜いた」と思われるのは得策ではないと思います。


 ちなみに「ディスガイア」ですが、PSP用に2が移植されるそうです。PS版をベースに新キャラや新システム、新シナリオを追加した豪華版とのこと。「3」よりこっちのがいいかなぁ…。どうせならPS用に追加パックを2000円ぐらいで売ってくれればいいのに…。
 
『ディスガイア3』の新シナリオはラズベリル編!(電撃オンライン)
新要素満載の『ディスガイア2』がPSPに降臨!!(電撃オンライン)
ディスガイア3公式サイト


[ 2009/01/03 15:30 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(23)

CEDEC『ヴェスペリア』講演:DLCの売上は「無視できない数字」 

 CEDECの基調講演は、開発者さんたちの声がいろいろ聞こえてきて楽しいですね。インタビューとは違った「講演」ってスタイルも面白いです。
 こんなの楽しんでる時点で俺ってゲームフェチだよなと思い知らされるんですが(>_<)
 来年は行ってみようかなと思って公式サイトみたらパスが1日1万5千円、3日で4万円とかしたんで諦めました。来年も大手ゲームサイト様に頼ることになりそうですorz

 さて、気になった記事を2つほど。講演内容を掲載してくれるGpara様に感謝です。

tov2rs.jpg

【CEDEC 2008】『ヴェスペリア』講演「PS2ならシリーズが終わっていた」(Gpara)
 こちらはヴェスペリアの開発秘話みたいな感じ。「SDからHDになっても、前作のスタッフがそのまま残って経験があったので、結果としてスタッフの人数はそれほど変わっていない」とのこと。まぁアニメ絵ってのもそこそこ影響している気がしないでもないですが、それ以上に開発スタッフの技術力がものを言うってことなのでしょう。
 あと、以前ちょっと話題になった「レベルをDLCで販売」も話題になったようです。
「作り手としてはやはりあらゆるユーザーに最後まで遊んで欲しい」「そのために作り手ができる手伝い」であり、同時に「攻略本と同じような、新しいビジネスの糸口になりうるもの」
ということです。DLCでレベルを買うこと自体は、ToVのようにしっかりバランスとって買わなくてもOKな前提でやってくれているのなら問題はなかったのですが、ちょっと気になっていたのは、お金を取るのはどうかなぁっていう部分。
 それに対する答えが「新しいビジネスの糸口」とか言われると、仕方ないのかなとも思いました。消極的納得って感じ。向こうも商売ですし、そもそも「買わなくても全然OK」なものですしね。
 ちなみに売れ行きは「無視できない数字」だそうです。けっこう買った人いるんだなー。まぁ僕も2週目のときはレベル10分買ってもいいかなと思いましたけどw


【CEDEC 2008】セガ名越氏講演「『龍が如く』はまず、世界展開を捨てた」 (Gpara)
 こちらの記事も興味深かったです。
 深く狭くってやり方はありでしょうけど、けっこう怖いんですよね。本でコレをやる場合「単価を上げる」ってワザがあります。深いものの場合、それが好きな人は多少高くても買ってくれますから。ただ、ゲームは元が高いからあんまムチャな値段にできないってのがあって大変そうです。
 笑ったのは

>当時社内の評価機関が割り出した予想販売本数は、せいぜい3~5万本といったところ

 の件。いやいや、10倍の精度で間違っちゃう評価するような機関じゃダメだろセガwww
『龍が如く』は歌舞伎町バージョンはあんまり興味がないんですけど、PS3の時代劇バージョンはやってみたいタイトル。PS3買ったら一緒に購入しそうです。
[ 2008/09/11 17:55 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(2)

アイマス関係者がDLCでの儲け方を語りました 

 えー、バンナムの方がDLCについて語っております。バンナムと言えばDLCのオニというかプロ。ブルマやおしゃぶり、スク水など数々の追加アクセサリで猛烈に稼いだアイマスを筆頭に、「戦闘機に萌えキャラをペインティング」のエースコンバットや、レベル販売のヴェスペリアなど、DLCがらみの話題には事欠かないメーカー。
ix_ttl.png

 個人的にはDLCって商法は好きではなく、せめてある程度のボリュームを拡張パックで打って頂けないかと思っています。現状のDLCは単価が高すぎるでしょ…。
 とはいっても「何も出さないよりは出してくれた方が楽しみは増える」というのも事実であり、「金払うのがイヤなら買うな」という自由があるのも確か。「ファンから搾取かよ!」という意見もありますが、一部には同意しつつも、だからといって「金は払いたくない、でも追加要素は欲しい」というのもワガママかなって気がしないでもありません。
 まぁ出たら欲しがるファン心理ってのもあるので、なんとも難しいところですね、この辺は。

 で、そのDLCですが記事によると

・使用されたMSポイントは数百億。(1MSPは1.5円ほど)
・LIVEユーザーの7割以上がコンテンツダウンロード経験あり
・LIVEユーザーの4割が有料DLCを購入経験あり

 とのこと。けっこう多いんですね。僕は先日購入したソウルエッジのメイド服を買ったことがあるぐらい。あとは無料の壁紙とか拡張マップを落とすぐらいかなー。
 100万ドル(1億円以上)を超える売上げを達成したタイトルはアイマスやエスコン6など21タイトル。リスクを考えればおいしい商売っぽい感じです。
 で、アイマスの追加コンテンツの作製についても話しているのですが、

・追加コンテンツは2~3人のデザイナーが常駐して作製
・アクセサリは実作業2~3日、企画期間も含めると1週間以上。
・衣装はモデリング作製が1週間。ただし調整作業が大変で、全体の行程は1月ほど。

 これを受けて4gamerでは「結構な労力がかかっていて」と言い、バンナムの人は「採算度外視と言ってもいいぐらい」とか言ってるんですが

 そんなワケねーだろwwwwwww

 と言いたくなりますねー。生の話を聞かず4gamerの記事のみがソースなので、何か誤解があるかもしれませんが、追加コンテンツが2~3人で一ヶ月ほどのものなら、そんなにメチャクチャなコストじゃないはず。アイマスのDLCの売上げって数億はいってるはずなんで、十分採算取れまくりだと思うんですが。「ぼったくり」とまでは言いませんが、「採算度外視」って言うのはどうかと思うけどなー。そこまで言うならもっと安くするか、拡張パックだせとw

<関連リンク>
ダウンロードコンテンツで儲けるには? アイマス開発者が語るダウンロード販売成功の秘訣 (4gamer)
[ 2008/09/05 06:00 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(2)