CPUを「Ryzen 5 3600」に交換。性能大向上で大満足。ついでに9400Fとの比較も… 

 諸事情によりPC買い換えというか、パーツを付け替えてグレードアップしました。

 今回変更したパーツはコチラ。
・CPU        Ryzen3600 / AMD ー 2.6万円
・マザーボード    B450 SteelLegend / ASROCK  ー 1万円
・メモリ      DDR4 16G ー 7千円
・CPUクーラー    虎徹mk2 ー 3千円

 締めて4.5万円。
 CPUを変えたいだけだったのに、ワリと大きな出費にw
 まぁCPU変えると、マザボとメモリ、さらにCPUクーラーも対応するものに買い換えないとでいけないので、どうしても高くなるんですよね…。
 
 今回の買い換え理由は、これまで使っていたi5 2500K & Sndy Bridgeが、発売から相当年数がたっているため、最新のWindows10環境だと、致命的ではないものの細かい不具合が目立つようになってきたから。

 パフォーマンスに大きな不満はなかったので、今回はコスト重視でいくことにしました。

 で、2019年10月現在、コストでCPUを選ぶと、intelの「i5 9400F」がズバ抜けています。
 前世代で人気だった8400を順当に性能アップしつつ、価格は驚きの2万アンダーの1.8万円程度
 6コア/6スレCPUなので、数年前のi7なみのパフォーマンスがあります。
 4K解像度や144FPSなどの重量級ゲームをするならいざしらず、HD/60FPS環境でゲームをする分には十分な性能です。

 で、意気揚々と9400Fを買いにツクモへ向かったワケですが、移動中の電車でいろいろ情報集めてると、どうも秋に発売されたRyzenの新世代「Ryzen 5」シリーズ(型番だと3000番台)がかなり評価が高い。

 新Ryzenシリーズの中で、コスパ派の購入対象となるのは「Ryzen 5 3600」。
 6コア/12スレッドで、価格は2.6万円程度です。

 9400Fと3600のCPU性能を比べると、エンコードやレンダリングなど「マルチコアに対応した動作」は3600の圧勝。
 マルチコアが大きな影響を与えないゲームでのパフォーマンスは、ほぼ同等、もしくは3600がやや優位…といった感じです。
(なお、フルHDの60FPS環境であればCPU性能はボトルネックとならず、両者の差はほぼ出ません。差が出るのは4Kとか144FPSみたいな高負荷環境)

 性能だけで考えるなら、3600の方がすぐれてます。 
 ゲームしかやらないのであれば9400と同じぐらいかな…と思わなくもないですが、バックグラウンドで別作業することを考えると、日常使用でも3600のメリットを感じられそう。
 さらに、僕の場合はCPU負荷の高い「ゲーム配信」をするので、3600の優位性がさらに際立つはず。

 8千円差ぐらいなら、3600でストレスなく使った方がいいかな…と思ったので、9400Fから路線変更してRyzen 3600を買うことにしました。
 昔のAMDは「安いけど不安定」「トラブルとハマりやすい」という印象が強かったのですが、今のAMDはだいぶ安定しているらしいし。イイ時代になったなぁ…



 買い換えての使用感ですが…やはり最新CPUはすばらしいw
 システムの安定性がかなり向上したのにくわえ、ゲームやエンコードのパフォーマンスもアップ。
 ウチのMOD入れまくりWither3だと、10~20FPSぐらい向上。
 ゲーム配信のエンコードも、非常に低い負荷で高画質配信できるようになりました。

 5万は想定外でしたが、安定性アップ&パフォーマンスもアップと、体感できるレベルで使用感がアップしたので、まずまず満足できる買い物でした。
 「Ryzen 5 3600」はかなりオススメですよ!

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX


ASRock AMD Ryzen AM4 対応 B450 チップセット搭載 ATX マザーボード B450 Steel Legend




【おまけ】「Ryzen 3600」 と 「Core i5 9400F」、どっちがオススメ?

[ 2019/10/23 14:37 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)

Wii Uのグラフィック性能は現行ゲーム機の中では間違いなく最高らしい 

 E3直後は情報が錯綜していたWii Uのスペックですが、GameWatchでWiiUのグラフィックチップを担当しているAMDへの取材記事があったので、そちらをざっとまとめてみました。

Wii UのGPUはDirectX 10.1世代と判明(Game Watch)
鉄拳シリーズプロデューサー「WiiUコントローラーの解像度は低くない」

  • RADEON HD4000系(2008年発売)。PS3はGeForce7800系(2005年)
  • GPUはDirectX 10.1世代。PS3や360より1世代新しい。
  • X10世代の特徴はジオメトリシェーダが追加されていること。
  • 演算性能が1TFLOPSを超えているという情報があることから、HD4000のハイエンドタイプに近いかもしれない。
  • ハードウェアテッセレータが内蔵されているはず(Xbox360は内蔵。性能差は謎)


  • 「メインとなるHD画面に加えて最大4つのSD画面同時出力」が可能。つまりコントローラー4個に出力できる。
     ただしコスト問題により現状では活用されていない。つまり「本体1つにコントローラー1つ」というWii Uの仕様はコスト的な問題から。当面はこの仕様でいくと思われるが、将来的に拡張される余地はある。


  • AMD曰く「現状では現行家庭用据え置き機の中では、間違いなく最高の3Dグラフィックスパフォーマンスが発揮できる先進的なGPUである」


  • 鉄拳シリーズのプロデューサー原田氏曰く「WiiUのコントローラーのモニター解像度予想ですが、そんなに低くないですよ。詳細は僕から言うとアレなんで公式待って頂きたいですが、720pなHDゲームとか普通に手元で遊べてしまいます」


  •  一時は「WiiUのスペックは低いのでは?」という話もありましたが、PS3&360の現行機勢と比べれば順当にスペックアップしている感じでしょうか。

     もっとも、Xboxが2005年、PS3が2006年発売で、WiiUは2012年発売なわけで、単純にそれぞれの機械が出た時期とGPUの世代問題だけを考えれば、4000シリーズはちょっと枯れすぎかなって気も。

     ただ、発売時の価格を見ると360は4万、PS3は5万していましたが、任天堂がそこまで高値をつけるとは考えにくく、コストの問題を考えると妥当な落としどころなのかもしれません。ハードゲーマーからすればちょっと残念な選択でしょうが…
     製品寿命だけを考えればある程度のスペックがあった方がいいのでしょうが、シェア拡大を考えれば値段が安いにこしたことはなく、その辺のバランス取りはいろいろと難しそうですね。

     まぁまだ発売まで1年近くありますし、漏れ出てくる情報をチェックしながら、いろいろ妄想していくのも楽しいかと。



     僕はHD対応した「ゼノブレイド2」が出れば確実にハードごと買いそうw
     ゼノブレイドはほとんど不満がないマイ神ゲーなんですが、シュルクを初めとする一部キャラクターのテクスチャ処理の適当っぷりだけはガッカリせざるを得ないので、そこが改善されると非常に狂喜乱舞w

     個人的にWiiUのタイトルに望みたいのは、コントローラーを"ムリ”に活用しないで欲しいってことかなー。もちろん、あのコントローラーならではの遊び方には期待大ですが、Wii初期のように「ムリヤリ棒振り」みたいなのはちょっとカンベン。
     RPGは普通のコントローラーで寝転びながら遊びたいですw
    [ 2011/06/15 20:17 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(5)