2万円超えの高級ヘッドホン「K702」を買ってみた。ゲームより音楽向き 

 先日、Beatsのヘッドホンを買ったのですが、聴いてたらどうしも「音がクリアで気持ちよく聴ける、いいヘッドホンが欲しい」と思い始めて、いろいろと物色してました。

 予算は2万円まで。
 で、いろいろ試した結果、

 AKG K702

 を購入しました。お値段23000円でちょっと予算オーバーorz。

 ヘッドホンには「密閉型」と「開放型」があり、K702は開放型。
 1万から2万程度の開放型ヘッドホンとしては、ゼンハイザーのHD598とならんで、定番のひとつとなっています。

 簡単に開放型と密閉型の違いを書いておくと

  • 密閉型:耳をすっぽり覆って外界と遮断。音漏れしにくく、外の音も聞こえづらい。低音を中心に迫力のある音になりやすい。

  • 開放型:耳の部分が密閉されておらず、音が外に抜けていく。密閉型にありがちな「音の篭もり」が少なくなり、音の広がりや「抜け」がよい。反面、音漏れ・音の遮断性は低く、外での使用には向かない。

 今までは「外で音を聞くために」ヘッドホンを買っていたので、密閉型ばかり買っていたのですが、今回は部屋での使用専用なので開放型でも全然OK。
 店頭で聴き比べた感じでも、開放型の音が空間に抜けきっていくクリアな感じが、とても気持ちよかったことから開放型デビューすることにしました。


【 音 】
 K702の感想ですが、開放型らしい音の広がりはさすがで、ヘッドホンとは思えない音の鳴り方をしてくれます。スピーカーに近い感じ。
 あとは中高音のクリアさが素晴らしい。「澄んだ音」とでも言うのでしょうか。FF12のループデモの出だしとか聞き惚れちゃいました。
 声が綺麗なボーカルでのしっとり系な曲とか、あとアニソンなんかもけっこう合うんじゃないかなー。

 一方、低音は迫力という面では物足りない面も。
 低音をガッツリ聞きたいなら、同じ密閉型でもSONYのMA900とか、いっそ密閉型の方がいいと思います。
 音自体はしっかり出ているんですが、音の圧力というか、響く感じが足りないんですよね…。すーっと抜けてっちゃう感じ。まぁそこがK702の長所でもあるんですが。

 音の傾向から考えると、K702はどちらかといえば音楽向けのヘッドホンであって、アクション映画やゲームで多用される、爆発音をはじめとする低音系の環境音は「得意ではない」と言えるかもしれません。
 もっとも、自然環境音とか会話の明瞭さとかは、本来の音の再生能力の高さでキレイに聴かせてくれるので、そういったジャンルのタイトルにはピッタリでもあるんですが…。

 まぁ僕ならK702を「ゲーム用のヘッドフォン」としては買わないです。音がクリアな分、FPSで足音やセリフが聞き取りやすく、定位を得やすいというメリットはあります。でも、アクション系の効果音に迫力が足りないのはゲーム用途ではなかなか辛い。
 もちろんゲーム用としてまったくダメということではなく、むしろある程度のクオリティは保証できるんですが、同じ程度の値段でゲームメインで考えるなら、僕はSONYのMA900あたりを買います。


【 音量について 】
 なお、価格COMのレビューでは「K702は音量が小さいので、iPodなどで使う場合はヘッドホンアンプが必要」という意見もありましたが、ウチの環境(iPod nanoとHTCJ)では必要充分な音量が取れています。
 nanoは最初音が小さかったのですが、ボリュームのリミッターとかレベライザーを解除すれば問題ありませんでした。。
 まぁ普通のヘッドホンと比べると小さいのは事実なので、大音量でかける人だと物足りないのかもしれません。


【 装着感 】
 部屋での使用ということで、音同様に重要なのが装着感。
 重さは価格comのスペックでは235gとなっていますが、ケーブルを外して計ったところ290gありました。これにケーブルとコネクタ分が追加されるので、実際は300g近いと思われます。
 300gは決して軽くはないですが、ゴツい密閉型と比べれば遙かに軽く、数時間つけていても首が疲れたりはしませんでした。ただ200gを切るような機種と比べると違和感は残るかもしれません。

 あと、K702はヘッドバンド部にコブがあって、これが頭を圧迫して、長時間付けていると痛くなるという報告がネット上でいくつか見受けられました。
 僕は、体調が悪いときなど、たまに痛くなることがありましたが、基本的には気になりませんでした。
 痛くなってもちょっとズラすか、ヘアバンドしちゃえば平気だったので、たいして気にならないというのが正直なところです。





【 以下、購入記 】

[ 2013/01/28 02:33 ] デジモノ | TB(0) | CM(6)