「複数プレイ」「生徒会」も禁止。エロゲー規制の禁止ワードが判明? 

 イギリス議会で陵辱エロゲー「レイプレイ」が取りあげられたことに端を発した「エロゲー規制騒動」。先日のエントリで「レイプとか陵辱だけじゃなくて、学園とかも規制されるらしいよ」的なことをお伝えしましたが、同人ゲーム販売サイト「デジぱれ」にて「規制対象ジャンルおよびキーワード」が公表されています。

規制対象ジャンル および キーワード (倫理機構より指示された対象から抜粋)

レイプ 逆レイプ 複数プレイ 社内わいせつ
ロリ 少女 生徒会 援助交際 妊娠 妊婦 孕ませ
輪姦 相姦 獣姦 近親相姦 強姦
陵辱 逆陵辱 拘束 拷問
鬼畜 強要 脅迫 緊縛 奴隷 監禁

上記以外にも、意図とする内容やキーワード ( JC / JK / U18 / U15 など ) を含みます。また、対象が追加されることがあります。
 また、テキスト情報 ( シナリオ、セリフ、隠しキーワード、サークル名、ブランド名 などを含む ) だけでなく、画像 ( CG・実写を問わず ) も規制の対象となります。
ソース:デジぱれ「規制対象ジャンル および キーワード」

 倫理機構そのものがソースではありませんが、「倫理機構より指示された対象から抜粋」とあるので、それなりに信頼性は高いのではないかと。(「抜粋」されなかったのがあるかがちょっと気になりますがw)

 それにしても、禁止ワードが多いですねぇ。
 性犯罪を想起させるモノが中心ですが、それに混じって「生徒会」とか「援助交際」とか「妊娠」なんて言葉も。「緊縛」「拘束」あたりは犯罪と同時にSM嗜好的な面もあるし、「複数プレイ」に至っては犯罪でもなんでもないしw せいぜい「インモラルかもね?」ってぐらいで。

 本当は「性犯罪行為をテーマにしたもの、性犯罪行為を助長すると思われるもの」を禁止にして、言葉に関しては個別対応でいいんじゃね? と思わなくもありませんが、今までのエロゲー業界が「幼女禁止」を打ち出しても、ランドセル着せた少女を「18歳以下じゃありません」とか言い張ってエロさせ放題だったのを見ると、きっちり規制せざるを得ないのかもしれません。自業自得って気もします。

 と言いつつも、個人的には過度の規制は宜しくないと思うので、基本的には臆病すぎる自主規制には反対です。ただ業界としては死活問題でしょうから慎重になってしまうのもやむを得ないのでしょう。

 今後はどうなりますかねぇ…。
 規制によって大手メーカーから犯罪系ゲームは減っていくと思いますが、それなりのニーズはあるし、エロゲー会社もギリギリでやってるところも少なくないようですから、ソフ倫離脱して陵辱ゲーつくるところも出てくるんじゃないですかね。
 ソフ倫通さないと流通に載せられないって圧力があるらしいので、その辺がネックでしょうが、いざとなれば同人的な売り方もあるでしょう。もともと店頭販売本数が1万とか2万って世界らしいので、ネット販売でカバーできるような気がしないでもありません。

ゲーム規制に待った。一方ソフ倫基準で規制してる業者「少女、生徒会、複数プレイ、逆レイプ」全て禁止 (痛いニュース)
[ 2009/06/24 12:08 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(20)