EUで著作権法が改正へ。著作権侵害の違法動画は動画サイト側が削除するべき? 

 ちょっと前のニュースですが、EUで音楽や動画をインターネットでシェアする際の著作権の扱いについて、大きな変化がありました。

欧州議会、著作権指令の改正案承認 YouTubeなどにユーザーの著作権侵害完全防止を義務付け
欧州の一部のWikipedia、EUの著作権新指令抗議で検索結果の代わりに声明文表示
YouTubeのウォジスキCEO「EUの新著作権指令13条は非現実的」


 けっこう複雑で範囲の広い問題なのですが、猛烈にざっくりとまとめると「Youtubeなどの投稿型サイトは、著作権を無視したコンテンツを削除する義務を負う。削除できなかった場合はサイト運営会社が責任を問われる」というものです。
(「ネットの自由と著作権はもっとうまく両立できる? 物議を醸すEUの著作権新指令案」を読むと分かりやすいかも)

 今までは、Youtubeなどのサイトは、アップロードされたモノが違法なものであっても、「投稿されたものの内容を知らない」場合は責任を問われませんでした。
 ところが、今後は違法動画に気づかずスルーした場合は訴えられることになる…可能性がでてきます。

 で、YoutubeとかTwichみたいな動画アップロードや実況サイトは、この法案に文句を言ってるワケです。
「膨大な動画がアップロードされるため、問題のある動画を確実にブロックするのは困難だ。この法案が実施された場合、サービスの提供自体を停止するおそれがある。被害を被るのはユーザーだ」と。

 まぁ、言いたいことは分からなくもないですし、実際の運用において「背景にちょっと映り込んだり、BGMが流れてきてしまったらどうするの?」みたいな問題を考慮しなければいけないのも間違いないとは思います。

 とはいえ、違法動画がアップされていて、それで広告収入などを得ているサイトが「内容を知らないから責任は負えません」でいいの? とは思うんです。
 「僕達は動画でお金稼いでます! 違法動画も中にはありますけど、それを削除するのはムリなので多めに見てね!」ってのは、わりと盗っ人猛々しいのでは…と。

 実際、昔と比べればだいぶマシになったとはいえ、Youtubeとかけっこうな数の違法動画があふれてますからね。
 子供がYoutubeなどで違法にアップされたアニメとか映画とか見て喜んでいるのを見ると、なんと言って止めさせればいいのか、わりと困ってしまいます。

 なので、個人的には、原則としては「違法動画を削除する責任は、商売しているサイト運営会社にある」のが正しい姿だと思います。
 そもそも、違法動画の流通量がたいしたものじゃなければ、多分、こんな議論は起こらなかったはず。
 問題があるのを知りつつ、なぁなぁで過ごしてきたサイト側の責任は無視できないんじゃないかなぁ…。

 そして、違法動画への対処を厳しくすると、利便性が下がるのだとすれば、それは仕方のないことかと思います。
 (いっぽうで、利便性を高めるために「著作物を自由に使っていいケース」などの整備は、進めるべきでしょう)

 「便利だから」を免罪符にしたら、動画や音楽や漫画などの違法コピーだってOKになっちゃいますからね。


・その他、参考記事
EU、侵害コンテンツ削除などを盛り込んだ著作権指令正案で合意、2020年にも施行へ
EUの新著作権指令はインターネットを破壊する
TwitchのCEO、EU「著作権法改正」について声明―"第13条"コンテンツフィルターに懸念

[ 2019/09/02 21:26 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)

他人のWebサイトの画像を無断で乗せると裁判沙汰? ネットと著作権の話し。 

「Webサービスをスクショで紹介したら50万円請求された」―― 物議を醸した「強い女メーカー」問題の争点は

 あるサイトを「スクリーンショット入り」で紹介したら、作者から「そのサイトは僕が作ったモノで、著作権は僕にある。サイトの画像を無断で利用することは許さないので賠償金として50万払え」と民事訴訟を起こされたそうです。

 これが、実際に違法なのか? 損害賠償を支払う必要はあるのか? みたいな議論はとりあえずおいといて、フツーの人が覚えておいた方がいいことは

 他人が作ったモノを、自分のブログやSNSなどで勝手に利用すると、訴えられるリスクが発生する。

ってことです。

 訴えられても程度が軽ければ無罪なるでしょ…って思うかもしれませんが、フツーの人にとっては「訴えられる」だけでも、けっこう面倒くさいんです。
 今回のニュースのケースは民事ですからまだマシですけど、これが著作権法違反の刑事罰の方で目を付けられたら、家宅捜索とか入ってシャレにならないダメージを受けかねません。

 最近のSNSとか見てると、その辺に無頓着な人が多そうなんですよね…。
 SNSやブログ、さらには動画配信などで「自分が作ったのではないモノ」を拝借するときは、よーく注意することを強くオススメします。



 基本的に、人が作ったモノ(文章・写真・イラスト・映像などすべて)は、作った人に権利があり、他人が勝手に使ってはいけません。
 営利利用や小規模利用ならOKとか、そんな都合のよいルールもありません。
 「人のものを勝手に使っちゃいけません」というのが、著作権の大前提です。
 一応、無断で使うことができる「引用」という制度がありますが、「引用」はワリとふわっとした概念なので、キッチリと勉強してからじゃないと使うのは危険。

 著作物回りは非常にややこしいルールで固められているので、素人が「これぐらいなら引用でOKっしょ」なんて感じで適当に手を出すと大火傷間違いなしです。

 ゲームやアニメ、マンガなどは、ネットでの無断利用に関して、よほどえげつないことをしない限りは、寛容にスルーしてくれるので感覚がマヒしがちですが、あくまで「黙認してくれている」だけということを忘れずに…。


 まぁ、「誰もがネットで簡単に公に情報発信できる時代」が急速に来すぎたせいで、「ネット上での表現の自由」については法整備がまったく追いついてないですよね。
 基本的には、簡単な紹介や批評などが手軽に行えるように、著作権の範囲を縮小・制限する方向で調整すべきなんでしょうが、そうすると既得権益持ってる人や団体が反対するでしょうから、なかなかまとまらなそう。
 困ったモノですねぇ…。
[ 2019/02/28 20:23 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

モンスターの名前の権利について簡単に調べてみた。リッチはOK。オークは微妙? 

 先日「どうしてファンタジー3大ザコのうち、コボルドだけは影が薄いのか」というエントリを書きました。
 その流れで「オークは指輪物語を書いたトールキンの創作だから、他の作品では権利問題が発生して出せない」という小ネタが発生。

 僕は以前「リッチはD&Dの創作で権利が発生するから、リッチじゃなくてノーライフキングに改名した」って話をWikipediaで見ました(事実かどうかは知らない)。

 この話に限らず、「モンスターの名前」って、伝承と創作が入り乱れてて権利とか考えるとややこしいなぁ…と思ったので、ちょっとだけ調べてみました。
 きっちり裏取ったワケじゃないので間違っているかもしれませんが、まぁ小ネタってことでご了承ください。



 まず、モンスターの名前などの「固有名詞」の権利はどのように扱われるのか? を確認。
 権利関係を法で解釈しようとすると、ひじょーにややこしいのですが、とりあえずざっくりまとめると…
1:名前には著作権は発生しないので、どんな名称でも自由に使ってOK。
2:ただし、名称と設定の組み合わせは創作性があるため、著作権が発生する。
4:著作権には時効がある(作者の死後50年とか)。
3:名称には商標権というものがあり、商用利用には制限がある。

 つまり、自作小説に「ミッキーマウス」という名称のペットを登場させるのはOK。
 ミッキーマウスという喋るハムスターを登場させるのは(多分)NG。
 『僕とミッキーマウス』というタイトルを付けて売るのはNG。

 名称と設定の組み合わせは、どこまでセーフでどこからアウトかは、ケースバイケース。
 丸パクリはアウトだとしても、「多少似たところがある」ぐらいだとなんとも言えません。似ている部分がどれくらい独創的か? とかで判断が変わってくるので。


 以上をふまえて、個別事例。

指環物語関連

 ファンタジー作品に登場する一般的なオークとエルフは、指輪物語がルーツ。
 ただ、オークもエルフも神話や古代伝承などに起源があるので、完全創作とはいえない面も。

 とはいえ、オリジナルのオークは怪物ですし、エルフも人型種族ではなくて神・妖精の類なので、指輪で作られた「亜人種族」として作品に登場した場合、指輪サイドが権利を主張したら認められるような気がする。
 まぁ、指輪サイドが権利を主張する気があれば…の話しですが。

ダンジョンズ&ドラゴンズ関連

 現在、一般的に広まっているファンタジー系モンスターの設定は、D&D起源のものがかなり多いです。
 オークやエルフといった指輪起源の設定も、多少アレンジして取り込まれていますし、その他にもコボルドとかリッチとかビホルダーとか「有名どころモンスター」がズラリと並びます。

 近代ファンタジーの祖、それがD&D。あこがれるわ。

 で、このへん全部の権利主張されると、いろいろめんどくさくなりそうなのですが、幸いなことに、D&Dはゲーム中に登場する多くのモンスターの権利を開放してます。
 なのでD&D発祥のモンスターは基本的に使用フリー。ありがとうWotC。

 ただし、下記のモンスターは諸所の理由で権利が開放されていません。
ソース:The Hypertext d20 SRD FAQ

・ビホルダー/beholder
・ガウス/gauth
・キャリオンクロウラー/carrion crawler
・ディスプレッサービースト/displacer beast
・ギスヤンキ/githyanki
・ギスゼライ/githzerai
・クオトア/kuo-toa
・マインドフレイヤー/mind flayer
・スラード/slaad
・アンバーハルク/umber hulk
・ユアンティ/yuan-ti

 ビホルダーはダメなんすねぇ。
 FF11にはキャリオンクロウラーもビホルダーもいたような。
 ドラクエにオークも出てくるし、スクエニさんってば意外とおおらか。

クトゥルフ神話

 神話とはなっているけど、クトゥルフ神話を創作したのは作家のラヴクラフト。つまり個人の著作物。
 当然、著作権保護の対象…ですが、作者のラヴクラフトが1937年になくなっていることから、現在は著作権が切れていて、自由に使えるようです。
 ただし、ラヴクラフト以外の人が後付けで作った独自設定などは別扱いなので要注意。




 あくまで個人的意見ですが、もし僕が「ホビット」って種族を考えて、それが一般的に広まって、あたかも昔からあった民間伝承のように使われたら、むちゃくちゃ嬉しいだろうなぁ…。
 今は権利関係を考慮して「ハーフリング」がけっこう使われるようになりましたが。

 まぁD&Dが設定をオープンにしてくれたのはありがたいなー。
 もしあそこが権利を主張、いや「オープンにしますよ!」って宣言していなかったら、作品ごとに新たなモンスターが作られる&似ているモンスターも別名称になって、ゲーマーがゲーム世界に没頭するのに一手間かかる世の中になりそう。

 というわけで、D&Dに感謝しつつ、モンスターガイドを閲覧することをおすすめ…しようとしたら6000円もするよ!
 いや、352Pフルカラーだし、中身を考えれば妥当かもしれませんが、好きじゃないと手は出しにくそう。

D&D日本語公式の旧版サイトに残ってたモンスターガイド。タダで閲覧できる模様。

 ちなみに僕はD&D赤青緑箱とAD&Dのルールブックは買ったけどね!
 ついでに言うと、モンスターより世界設定フェチなので、グレイホークとかフォゴットンとかグローランサとかシムルグントとかマグナマンドのガイドブックの方が好きだけどね!




[ 2018/12/19 15:50 ] いろいろ | TB(0) | CM(0)