激難マゾゲー『デモンズソウル』が海外ゲームサイトで高評価 

 PS3用アクションRPGとして今年の2月に発売された「Demon's Souls」。
 新規タイトル&地味なプロモーションで、発売当初はそれほど注目を集めていませんでしたが、ネット上で「面白い」という評価が広まり、ジワジワと売上げ増加、現時点で13万本を越える売上げを記録しています。

 そんなDemon's Soulsが10/6に海外で発売開始。それに伴い海外ゲームサイトで取りあげられ、かなりの高得点をマークしているようです。

 平均得点 90点。
 Metacritic:Demon's Souls

 IGNとか1UPとかGTとか大手のレビューがまだですが、サイト数15とそれなりの数のレビューが出そろった時点での90点は、かなり頑張っているのではないでしょうか。
 ちなみにこの得点は、日本産ゲームではストリートファイターIVとMGS4のの94点に続く高得点。歴代PS3タイトルの中でも16位に入る高評価となっています。

AceGamez:100
 デモンズソウルは絶対持っておくべき。

GameCritics:95
 09年の最も素晴らしいタイトルの一つであることは疑いがない。

GameZone:94
 このジャンルの他のゲームでは味わうことの出来ない特別なRPG経験だ。

GameFocus:93
 あなたがハードコアゲーマーでなかったり、アクションRPGを遊ぶときに低難度を選ぶような人なら、このゲームはつまらないだろう。しかし本格的なアクションを通して「真の挑戦」を求めているゲーマーなら、持っておくべきゲームだ。

Playstation Official Magazine UK:80
 デモンズソウルはとてもとても難しい


 日本同様「難しいけど、やりごたえアリ。ハードゲーマーにオススメ」って感じですね。
 正直、マニアックなゲームなようなので(僕は未プレイで内容をよく知らない…)、超大ヒットは望めないかもしれませんが、日本のゲームが高く評価されるのは嬉しい限りです。
[ 2009/09/22 23:26 ] 海外ゲーム事情 | TB(0) | CM(14)