少量の放射線を浴び続けても健康被害はゼロなのか?:LNTとホミオシス 

 ふと「放射線の基準値が話題になっているけど、あれって浴び続けたら影響力が累積したりしないのかな?」と思ったので、ちょっと調べてみました。

 以下、ソースはGoogleで検索に引っかかったページと友達の医療関係の人の話です。毎回言い訳してすいませんが、僕は放射線の専門家でもなんでもなく、ここに書いたことは数時間調べただけの内容ですので、「間違っている可能性がある」ことを覚えておいてください。
 また、LNT仮説について「放射線は微量でも浴びるのは良くない」と書いていますが、「微量の放射線による健康への影響は認められないが、健康被害のリスクは上昇すると考えられる」の方が正確かもしれません。が、ワケ分からなくなるので思いっきり単純化しています。なので「良くない」って部分は「リスクがあるかもしれない」程度の受け止め方でもいいかもしれません。


---------------------------------------------------------------------

 放射線による被害には、すぐに健康に被害がでる「確定的被害」と、浴びたことによって将来的に病気を引き起こる「確率的被害」があります。

 先日、原発復旧作業にて、被曝して火傷を負った方がいらっしゃいましたが、あれは「確定的被害」です。
 一方、放射能を浴びて数年後にガンや白血病を発症するのが「確率的被害」です。チェルノブイリで甲状腺がん患者が増えたというのはこちらですね。

 確定的被害は、かなり大量の放射線を一発で浴びないとダメなので、とりあえず考慮しないでいいでしょう。
 今、問題なのは確率的被害の方です。

 放射線は「一定量以上を浴びるとガンや白血病の発症率が上がる」ことが、さまざまなデータから認められています。
 では、その「一定量以上」とはどれくらいなのか? となると実はよく分かっていません。

 放射線による発ガン率は放射線を浴びた量に比例して上がっていきます。
 しかしながらガンの発症には放射線以外の環境的要因や個人差など、さまざまな原因が絡んでいます。そのため放射線量があまりに少なくなると、ガンの発症率が放射線によるものなか、それ以外の理由によるものなのかがハッキリしなくなってしまうのです。

 低量の放射線の影響は良くわからない、ということはポジティブに捉えれば「ごく低量の放射線を浴びたケースでは、ガンや白血病の発症率上昇は認められない」とも言えます。

 これは低放射線による健康被害を考える上で、必ず知っておきたいことです。

 ただし、あくまで「認められない」だけであって、「影響は無い」とは言い切れないという面もあります。
 放射線とガンや白血病の発症プロセスははっきりと解明されていないため、「こうすればこうなる」的なことを理論的に説明することができないのです。


 低い量の放射線の効果について、現在は3つの考え方があります。
 一つは「放射線は微量でも浴びるのは良くない」という考え方。「LNT仮説」と呼ばれ、国際国際放射線防護委員会(ICRP)はこの説を採用しています。

 二つ目は「放射線は微量であれば浴びても害はない」という考え方。(友人の医療関係の人からは、医学的にはこれが優勢とのことでした)

 三つ目は「微量の放射線はむしろ健康に良い」という考え方です。「放射線ホルミシス仮説」というもので、ラドン温泉を初めとする放射能泉での湯治なんかはコレ。有意な結果を示す研究データなども出されていますが、主流ではありません。

 これらの考え方でポイントとなるのは「しきい値」、つまり「境界線」の有無です。
「放射線をコレ以上浴びると影響があるという数値は存在するのか?」「コレ以下なら影響は生じない数値はあるのか?」ということです。

 放射線を浴びると、DNAが「切れる」ことで細胞がダメージを負います。
「しきい値がある」とするなら、「しきい値」を越えない放射線はいくら受けても平気で、しきい値を越えた瞬間にブチっと切れる感じ。
「しきい値がない」のなら、微量の放射線でもDNAが切れるリスクは存在し続けることになります。

 ゲーム的に言えば「アーマーで防げる攻撃はいくら食らってもノーダメージだけど、アーマーで防げない攻撃を食らうと即死」なのか、「アーマーなんて無いので、当たり所が悪ければいつでも死ねる」の違いでしょうか。

 現在、国の放射線基準はICRPのものを踏襲しているので、一つ目の「少しでも浴びるのは良くない」という前提によっています。
 この考え方では、根本的な部分では「無害な放射線量」というのはありません。基準値は「あれぐらいなら影響はほぼない」という数値です。
 厳密に数値的なことだけを言えば、あの基準値でも極々わずかに発症率は上昇すると考えます。が、ほとんど無視できる数値なので気にするなと。
(まぁ実際に政府がそんな言い方したら大騒ぎになるでしょうから、「安全です」って言い切りはしょうがないと思います)

 なぜこの基準が採用されているかというと、「安全」ということを考えたときに、これにしておくことが1番リスクが少ないから。
 ただ、リスクが少なくなるのは良いのですが、どうしても厳しい数値になりがちなので利便性や経済性は悪くなるというデメリットもあります。

 2と3の説を採用するのであれば、少量の放射線はいくら浴びても問題無いと言えます。
 仮に20ミリシーベルト毎年をしきい値とするなら、毎年10ミリシーベルトを浴び続けても大丈夫。浴び続けた結果、数年で30ミリ、40ミリ以上になってもOKです。


 各説についての論評は避けますが、とりあえず低放射線障害について、「これが正解」というものは分かっていません。
 ということで、結論としては「低量の放射線を浴び続けるのが有害かどうかはハッキリしない」となりましたorz


 個人的には、最近話題となっている「新しい基準値」として提示されている年間20ミリシーベルト程度であれば、大丈夫っていうか「ほぼ無害」といって問題ないレベルかなぁと思います。
 もっとも厳しいLNT仮説にもとづいたICRPですら「実際にリスク上昇は確認できないけど、その可能性を否定できない」ってだけですからね。

 とはいえ、命に関わる問題なだけに「ほぼ」って部分をどう評価するかは人によって分かれるでしょう。
 
 ただあえて言えば、低量の放射線に極端に神経質になるぐらいなら、その労力をそれ以外の「発がん要因の排除」に向けた方が遙かに効率的だとは思います。ストレスだって発がん要因の一つとされていますしね。


<参考>
・財団法人 電力中央研究所 原子力技術研究所 放射線安全研究センター
  LNT仮説について:LNT仮説の解説
  LNT仮説に関する論文の概要:賛成、反対の立場の論文を紹介しています。
  放射線ホルミシス効果検証プロジェクト:ホルミシス効果の研究

被曝(Wikipedia)




【おまけの戯言】

[ 2011/03/29 21:10 ] サイエンス | TB(0) | CM(5)