ルーセントハートをまったりレビュー_その1 

 出会いシステムをオフィシャルに搭載していたり、ユーザー自らイベントクエストを作成できたりと「ユーザー間のコミュニケーション」を重視したMMO-RPG『ルーセントハート』が、8月27日の18:00より公式サービス開始です。

lh_top.jpg

 またβテストに参加したすべてのユーザーに「金運上昇アイテム」を配るキャンペーンもあわせておこなうそうです。一応、βは27日の朝10時までやっているそうなので、今からユーザー登録すれば金運上昇アイテムが貰えそうです。しょせん金運が上がるだけつーかもうちっとイイもんよこせこんちくちょう。
 Lucent Heart:ルーセントハート(登録サイト)

 オープンベータが始まったのがつい先日だったような気がするので、随分早いですねっていうか、オープンベータといってもシステムやバランス調整というより負荷テスト&プロモーション的な意味合いが強かったのでしょう。

 出足はかなり好調なようで登録アカウント数は10万突破、同時接続数1万5000と、無料MMORPGが乱立するなか、かなりのユーザーを獲得しているっぽいです。まぁ人気がありすぎてログインしにくいらしいですが、その辺はしょうがないですかね。

 で、そんな話題のRPGをちょっぴり遊んできました。
 感想としては「よくできてるなぁ」というのが正直なところ。
 バナーが美少女ゲームっぽさ全開なところや、出会いシステム搭載なんて話を聞いていたりしたので、ちょっぴり引いた部分が無くはなかったのですが、遊んでみると、背景グラフィック、マップ構成、キャラグラフィック、モーションに戦闘エフェクトなど、ゲーム全体がしっかりと丁寧に作られているのが伝わってきます。
 ネトゲのコミュニケーションを促進する豊富なエモーションコマンドなども盛りだくさんで、適当にポーズ決めてるだけでも楽しめます。ウマウマダンス実装で、街のそこかしこで女の子キャラが列作ってウマウマしてるのも良い感じ。
 まぁ「抱き合う」とか「キス」とかの「いちゃいちゃエモ」にはちょっとビビりましたけど。

lh1.jpg

 あと、オープンしたばかりなせいか、ワールド全体がニギヤカというか活気に溢れてもいました。
 共通チャットで「はじめまして~」「よろしく~」「転職ってどうすればいいんですかぁ?」「一緒にいきましょうか?」みたいな初々しい会話がバンバン聞こえくるのも、ネトゲ初期ならではの魅力って感じです。

 ぶっちゃけ、このクオリティのゲームが基本無料で遊べるってなかなかスゴイなぁと思います。ある意味独禁法に引っかかるんじゃねとかどうでもイイことを考えたりするほどでした。

 では、もうちょっとゲームの内容を細かくレビュってみます。つづく。




[ 2008/08/27 02:00 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)

ルーセントハートをまったりレビュー_その2 

 RPGとしてルーセントハートを見た場合、数時間プレーでのファーストインプレッションで述べるなら、ライトでお手軽路線という感じです。欧米系のEQだWoWだCONANだといった重厚系RPGと比べるとシンプルで分かりやすく、その分PTなどで何をすればいいのかがハッキリしているゲームと言えそう。
 まぁ全体的なノリもライトというか気軽に楽しむタイプのゲームなので、コンセプトにマッチしてるのではないでしょーか。
lh_top2.jpg


●キャラクターメイキング
 ルーセントハートのノリは思いっきり「萌え」路線。キャラグラはローポリで作られカワイイ系モデリングです。頭身でいうと5頭身ぐらい。
 キャラメイキングで決められるのは、顔と髪型。パターンは男女ともに顔が14種類、髪が16種類×7色となっています。
 フェイスタイプは、クリクリ目からちょっとキツ目のネコ顔まであり。「萌え」っていうくくりがあるせいか、それほど大きなバリエーションはありませんが、逆に細かい部分で差をつけている分、好みにあった顔を見つけやすいかもしれません。
 髪型もロングにショートにポニーとツインと基本は一通り用意。ちょっと平均的すぎて食い足りない気もしますが、まぁまずまずのバリエーションでしょう。
 以上女キャラ。
 男キャラも似たような感じですが、より美少年ぞろいなイメージ。つか髪型にスキンヘッドもアフロもコーンロウもないんですよね、コレ。正統派美少年キャラじゃないと世界観くずすからダメってことなのかもしれません。

 なお、キャラメイキング中のキャラの姿は

 白の下着姿

 となっております。ブラにもパンツにもレースまでついている凝りっぷり。まぁサービスなんでしょうが、

「モニター上でにこやかに微笑んでいる下着姿の女の子をじっくりと見つめながら顔や髪型をいじくりまくっている様子」

 というのは、30を越えた僕としては中々人に見られたくないものがありました。レースを確認できるほどに凝視した僕が悪いですかそうですか。
lh1-01.jpg


lh1-02.jpg lh1-03.jpg
lh1-04.jpg lh1-05.jpg


 なお、無料で作れるキャラは2人。それ以降は有料で最大12人まで作れます。なかなか細かいところでお金稼ぐんですねぇ。ちょっと感心しちゃいました。

●キャラクタークラス
 キャラのクラスは韓国系のゲームによくある「レベルがある一定に達すると上位職に転職する」というタイプ。よく考えるとこのタイプって韓国系に多いですよねぇ…。逆に日本・欧米だと少数派な気がします。WoWもFFもUOももDiabloも違いますもんね。

 で、転職タイミングは1次がLV4、2次LV10、3次LV36。
 LV4とか1時間もかからずにいけるし、10も数時間やれば到達できそう。なので、ある程度長く付き合うのは2次職以降ということになります。
2次職は以下の4つ。

・ナイト:ガチ前衛。ソロはやや苦手?
・ガンナー:遠距離アタッカー。足止めスキルあり。殴られる前に殺せ。
・マジシャン:こちらも遠距離アタッカー。足止めアリ。瞬発力型!?
・プリースト:支援型。パーティで大活躍。みんなで遊びたい人に。

 3次職になるとさらに細分化が進み以下の8つに。

・パラディン:超タンク。肉壁。
・テンプルナイト:近接アタッカーだが、盾を持てばタンクにも。範囲攻撃好き。
・レンジャー:銃による攻撃と味方の能力アップスキルを持つバファー。
・スナイパー:デカい銃を持つ遠距離からの物理アタッカ。範囲攻撃も得意。
・ソーサラー:魔法攻撃と各種ステータスアップの支援魔法を使う。
・ウィザード:純生アタッカー。ハデな魔法でニュークしたいならコイツ。
・ビショップ:回復特化クラス。蘇生もできる。
・プロフィット:補助魔法特化。バフ&デバフの両方をこなす。蘇生も可。

 途中でクラス変更などはできないので、1次職を決めるときに、どの3次職になりたいかを考えておかないと後悔することうけあいです。

 クラスと同様に、キャラクターの能力に影響を与えるもう一つの要素が「星座」。
 一定レベルに達するごとに、星座ごとに用意された特殊能力を獲得することが可能。MPの上限を増やしたり、自然回復速度をアップしたりと、キャラの性格を決定付ける部分にかかわってます。
 やり混むと「いて座最強(^^♪」とか「きた!天秤座きた!これで勝つる!」なんて能力的な差がでてくるのかもしれませんが、実際そこまでやってないんで不明。まぁこだわるのは後にして、とりあえずは好きな星座で選べばいいかと。

 また星座ごとに「星鎧」というスペシャルアーマーが用意されていて、レベル30になると取得可能です。
 フォルムがどこからどう見ても聖闘士星矢のクロスです。燃え上がれ俺の小宇宙。
 クロス星鎧の見た目は星座によってけっこう違うので、いっそこの鎧で星座を選んでもいいかもしれません。

※アフィ用素材に星鎧SSがあったので貼り。クリックすると登録ページに飛ぶので要注意。
関連リンクにある攻略Wikiに全星座の星鎧画像が置いてあります。


 ちなみに、このゲームには「運勢システム」というのが導入されてまして、ログインすると星占いが表示され、その結果によってステータスが変化するというユニークな仕様になっています。
 星占いはおろか、血液型も手相も四柱推命もカバラもおよそ信じないというか気にしない僕としては、「ゲーム内で必ず当たる占いが表示される」ことの面白さが皆目わからなかったりするのですが、「星の動きでステータスがかわるとかなんかロマンチズム」的な世界観フレーバーを醸し出す効果があるのかもしれません。

 そしてその3へ続く

[ 2008/08/27 01:57 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)