ルイージが2週目も好調。ハーフミリオンはほぼ確実に!?【ランキング】 

 2013年3月25日~3月31日の週間ゲーム売上げランキング@メディアクリエイト

1 3DS ルイージマンション2   任天堂 110,840
2 PSP フェイト/エクストラ CCC(限定版含む)   マーベラスAQL 72,883
3 3DS とびだせ どうぶつの森(同梱版含む)   任天堂 57,835
4 PS3 ワンピース 海賊無双2(限定版含む)   バンナム 56,457
5 Vita 朧村正   マーベラスAQL 45,660
6 WiiU ドラゴンクエストX オンライン(同梱含)   スクエニ 33,302
7 PSP ダンジョントラベラーズ2(限定含)   アクアプラス 31,738
8 PS3 プロ野球スピリッツ2013 KONAMI 24,864
9 PSP プロ野球スピリッツ2013 KONAMI 23,135
10 WiiU ゲーム&ワリオ   任天堂 22,491
11 Vita ワンピース 海賊無双2   バンナム 17,180
12 Vita 聖魔導物語(限定版含む)   コンパイルハート 16,050
13 PS3 キングダム ハーツ -HD 1.5 リミックス-   スクエニ 15,560
14 Wii プリキュア オールスターズ   バンナム 15,373
15 PSP ソードアート・オンライン (限定含)   バンナム 13,215
16 Vita ソウル・サクリファイス(同梱含)   SCE 11,577
17 3DS New スーパーマリオブラザーズ 2(同梱含)   任天堂 10,328
18 3DS スーパーロボット大戦UX(同梱含) バンナム 10,011
19 3DS ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション バンナム 9,414
20 PSP 下天の華(限定含) コーエーT 8,644

3DSL 38,442
Vita 31,795
3DS 28,538
WiiU 22,829
PS3 19,069
PSP 12,594
Wii 1,858
360 598

 年度末の大作ラッシュが一息ついて、落ち着いた感じの週でした。
 そんな中、1位となったのは発売2週目の「ルイージマンション2」。
 1週目が30万弱で、2週目が10万ですから、かなり売れ続けている印象。累計は40万に届く勢いで、ハーフはほぼ確実と言えそうです。

 ルイージ大人気だな、オイw

 あの虐げられてきたルイージがついに…という印象ですが、なんでまたこんなに売れたんですかねぇ…。
 単純に3DSの普及度がスゴイからなのかなぁ…。
 つかAMAZONみたらGC版にプレミアつけて1万以上で売ってて笑ったw

 ぼくはすでにクリアして、隠し要素も全開放するぐらいに遊びました。
 超名作とはいいませんが、なかなかの良作です。実売価格4000円の価値は十分にありました。
 頭を使う謎解きゲームが好きな人とか、往年のミステリーハウスが好きな人は楽しめるんじゃないかな。

ルイージマンション2
ルイージマンション2
posted with amazlet at 13.04.09
任天堂 (2013-03-20)
売り上げランキング: 5



 ドラクエは豪快に数字が落ちてて驚いた。思わず「あれ? 発売2週目だっけ?」とか思ったぐらい。
 Wii版は調子いいようなので、ゲーム自体はまずまずなんでしょうが…わざわざWiiU買ってまでってところなんですかね?
 と、おもったらWii版ユーザーは優待DL版があるのね…。そっちに流れた人が多そうだ…。

 まぁどっちにしてもWiiUはソフト不足、もっといえば「ソフトの発売状況すらたっていない」状況をなんとかしないと、どうしようもないでしょうね。
 つか、PS4とXbox720に対抗するために、強引に1年早く出したんでしょうけど、完全に裏目った感じ。
 3DSの「タイトル不足で苦戦」という教訓があったのに、あれより酷いソフト日照りとか、いったい、どういう勝算があったんだろう?


 Vitaのタイトルがかなりランクインするようになってきました。値下げ効果大。
 本数でみるとまだまだ少ないですが、一時期のドン底から比べれば雲泥の差。
 地味な積み上げですそ野をどんどん広げていって欲しいですね。


 ちなみに僕はやっとPC版のSIMCITYを始め、かつ三国無双7とボダラン2も同時進行なので、新作には当分手出しできなそうですorz
 SIMCITY面白いよ!

[ 2013/04/09 11:10 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)

「ルイージマンション2」をクリア。昔懐かしな謎解きアクションADV 【レビュー】 

 ルイージマンション2をクリアしたのでレビューです。

 キノピオが可愛すぎて萌え死ぬ。


 さて、ルイージマンションといえば、かってGCで発売された、マリオに比べて何故か地味で不遇な弟・ルイージが主人公の、ちょっぴりコミカルなホラーアクション。

 そちらが何を考えたのか、いまさら3DSで最新版が登場となりました。
 ちなみにエンドロールは海外の方ばかりだったので、海外スタジオ制作なのかもしれません。
 すいません調べるのが面倒ですorz

 GC版は雰囲気や作りはよかったものの、ボリュームが少なく、あとやっぱり主人公がルイージで「地味」なタイトルで、あまり話題にはなりませんでしたが…ぶっちゃけ今作もそんな印象がww


 さて、実際のゲーム内容はと言うと…

 昔懐かしいアクションアドベンチャーだけど、ノーヒントのナゾが多すぎるよ! そんなの気づかネーよwww

 的な感じw

 なんつーか黎明期のPCゲームとかファミコン・スーファミ時代のアドベンチャーを思い出しました。あそこまで過酷じゃないですが、テイストが似てる。

 基本的に、さまざまな仕掛けのナゾを解き明かしながら先に進んでいきます。
「凍った鍵を溶かすため、別の部屋に行って燃える松明を取ってくる」とか「煙が吹き出すパイプを閉じてから、出ていた煙を掃除機で吸い取って視界を確保する」とか、いろんなアイテムや家具・道具を組み合わせて、ナゾを解いていきます。

 基本的にはオーソドックスだし、ちょっと考えれば解けるナゾがほとんどなんですが、マレにそこそこ悩まされるモノもあるんです。
 そんな時、いまどきのゲームならヒントがどこかにあるんですが、ルイージの場合はマジでノーヒントw ナゾが解けないとガチで詰まる可能性も少なくありません。

 僕の場合、1時間ぐらい悩んだ仕掛けが数カ所ありました。

 まぁハードルが高い分、「解けたときの気持ちよさ」がハンパないとも言えます。
 最近のヌルゲーだと味わえないタイプの喜びですね。

 まぁ詰まる危険性とはいっても、実際はネットで答え検索ができるので、そこまでリスクは高くないですし、こんな「優しくない謎解きゲーム」があるのも悪くないというか、むしろ逆に新鮮です。


 で、これだけなら「昔懐かしい、解きごたえ抜群のアクションアドベンチャー」で終わるのですが、残念ながらそうでもなく…。
「難しい」じゃすまない、理不尽な点もけっこうありました。

 一番辛かったのは「セーブ不可」仕様。
 このゲームはミッション性で1ミッション10~20分程度のボリュームなのですが、おどろくべきことに、途中では一切セーブができません。

 ボス戦で死んでも最初からやり直しです。うひょwww

 冷静に考えれば、1回ナゾをクリアしていれば、ボスまでは5分もあれば戻れるのですが、それでも正直苦痛でしかなかったです。
 昨今の「ボス戦直前セーブ仕様とかヌルすぎる」と言われればそれまでですが、そこはヌルい方がいいやw

 あと、やり込み系の「隠しネタ探し」で理不尽すぎるナゾがいくつかありました。
 こちらもやりこみだから仕方無いとも言えるのですが、もうちょっと何とかして欲しかったなぁ…と。

 ゲームのボリュームは…正直多くはないです。クリアするのに10時間ぐらい+やりこみ要素が「そこそこ」ある感じ。繰り返し遊んで強くする、というタイプじゃなくて、取り残したナゾを探すタイプ。落ちているタグやメダルを探すタイプの実績やトロフィー好きな方には良さげです。



 手放しで褒めちぎる! というタイプではありませんが、総じて良くできたタイトルだと思います。
 とくにテープでPCゲーム遊んでたオッサン世代とか、ファミコンでアドベンチャーデビューした世代とかは、一種のノスタルジーを感じながら、謎解きを楽しめそう。

 最近「アレとアレを組み合わせて、コレを動かす」的なアドベンチャーってめっきりなくなったよね、そういえば…。ルイージマンション2はまさにそんなゲーム。
 実売4000円程度とかなり安めなので、ボリュームの少なさをさっぴいても、コストパフォーマンスは悪くないと思います。

 ていうか、いくらなんでもゴーストバスターズをパクりすぎですよねww

ルイージマンション2
ルイージマンション2
posted with amazlet at 13.03.23
任天堂 (2013-03-20)
売り上げランキング: 6

[ 2013/03/23 12:46 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)