「プロゲーミングマウス」が寿命気味なので、廉価版のG203を買って比べてみた 

 3年前に買ったゲーミングマウス「G-PPD-001(通称:プロゲーミングマウス)」がチャタリング連発するわ、ホイールが逆回転入力されるわと、使っててイラっとすることが増えてきたので、衝動的に新しいの買いました。

 なお、購入後に冷静になって、分解清掃したところ、かなり調子がよくなった模様。
 キレ買いする前に冷静になることが大事という教訓。

Logicool G ゲーミングマウス 有線 G203 LIGHTSYNC RGB 6個プログラムボタン 85g軽量 G203-BK 国内正規品



 「G203」は価格4000円弱という、ロジクールのエントリー向けゲーミングマウス。
 ただ、形状は「G-PPD-001」とまったく一緒。

 「G-PPD-001」の後継は「G-PPD-001t」「G-PPD-001r」という型番で、センサー性能を向上させたうえで、5000円オーバーで販売。
 一方「G203」は、センサーのランクを落とす代わりに、価格を下げた廉価版となっています。

 「G-PPD-001」がとても使い安くて気に入っていたので、今回も後継機の「G-PPD-001r」買おうかなぁと思ってたんですけど、商品ページ見てたら、それより1500円ぐらい安い「G203」の存在を確認。

 僕はFPSはあまりやらないので、センサー性能はそれほど重視してないし、そもそもG203のセンサーだってゲーミングマウス基準だとしても十分すぎるほどに高性能。

 僕にとって大事なのは「軽さ」「ボタンの押しやすさ」「つまみ持ちしたときのフィーリング」。
 形状が一緒なら、この辺は全部同じだろう…と。
 3500円なら、よっぽど気にくわなきゃ買い直せばいいかと思って、安い方を選んでみました。


ざっくりと「G203」と「G-PPD-001」を比較

・メインスイッチの堅さが少し違う
 押したときの間隔がわずかですが堅くなりました。
 1の力で押せていたのが、1.2ぐらい必要になった感じ。
 正直、前の方が良かったです。

 クリック音も違うのでスイッチ自体別物なのかもしれません。
 もっとも、前のは3年使っていたので、その辺の経年変化もあったかも…。
 まぁ、それでも十分軽いですけどw

・ケーブルが安っぽくなった
 ビニールケーブルになりました。
 ただこれは「G-PPD-001t/r」も同じで、編み込みケーブルだったのは初代だけだった模様。
 初代のケーブルと質感と柔らかさが絶妙なバランスで気に入っていたので、これはちょっと残念。

・パッドのキャリブレーションができない
 GHUBという付属ソフトがあるのですが、G-PPDだとマウス表面のキャリブレーションができるのに対し、G203だとその項目が存在しませんでした。
 パッドキャリブレの効果がどの程度あるのかは分かりませんが、気になるところではあります。

 とはいえ、ビニールでも特に困ることはないので、そこまで気にすることではないと思います(長期間での耐久性に一抹の不安は残りますが)。


 これぐらいかなぁ。
 持った感じとか、動かし易さとかは同じです。
 全体的には、良くも悪くも「前とほとんど変わらない」でした。
 意図的にそうしたとはいえ、あまりに同じすぎて不満はまったく無いが感動もまるで無かったw
 
 でも、いいマウスなのは間違いないと思います。
 「つまみ持ち」「小型・軽量」マウスを探してる人には、いい選択肢だと思います。



 個人的には、これ以外のマウスでは、Rayの「Pawn RM-3360」が気になっています。
 買い換えるときに、Pawnのコトをスッカリ忘れててあとで後悔

日本発のゲーマー向け製品ブランド「Ray」第1弾マウスは期待以上の製品だ
Ray PAWNをレビュー

Ray ゲーミングマウス Pawn RM-3360 最大12,000DPI PixArt PMW3360搭載





 買い換えにともなって、最新マウス事情を軽く検索して知ったんですが、最近は「軽いマウス」が流行なんですねぇ…。
 2018年頃は、その少し前にはやった「マウスは重い方がいい」という風潮が残り気味で、主力マウスは100g以上のものがほとんどだったんですよね。
 マウスを肉抜きして売るってのは、さすがに想像できなかったわー。

 個人的には「軽さは正義」と思っているので、穴アキ50gマウスにはけっこう惹かれるんですけど、見た目とか耐久性がなぁ…w

 まぁ、近いうちにアキバでも行って実機触ってみたいなぁと思います。



ROCCAT Kone Pure 2017 – Core Performance RGB Gaming Mouse (正規保証品) ROC-11-725-AS



 こちらの「Kone Pure」も個人的オススメ。現在、これの別バージョンを使用中。
 重さ90g。ちょっとだけ左右非対称。小型でつまみOK。
 ボタン配置やマクロ、シフトキーによる入力多様化など、かなり多機能です。
 ゲームでマクロとかショートカットを「入力しやすいように調整して使いたい」という人にオススメです。
[ 2021/03/20 04:14 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)

ゲーミングマウス「PAWN」はコスパ抜群。軽いマウス好きにオススメ! 

 日本のゲーマー向けマウス情報を一手に担っているといっても過言ではない4gamerニッチすぎて他ではスルーされているで、あたらしいゲーミングマウスをレビューしていました。

Ray PAWN:日本発のゲーマー向け製品ブランド「Ray」第1弾マウスは期待以上の製品だ

 センサーに、現在の高性能ゲーミングマウスの主流である「PMW3360」を搭載。
 本体重量はわずか82g(公表値)。左右対称形状(サイドが右のみなので右手用)で、ワンピース型スイッチのシンプルなマウスです。
 価格は4980円。
 最新センサー搭載の90g以下マウスが5000円切っているというのは、かなりのコスパかと。

 モデルチェンジ前のシンプルだったSENSEI(SteelSereis)を彷彿させます。というか後継と言ってもいいレベル。
 なんでも、開発した人が、元SteelSeriesの方で、SENSEIのデザインを踏襲して作ったとのこと。

 本家のSENSEIが大幅モデルチェンジでイカついゲーマー仕様デザインとなったこともあり、旧型SENSEIを愛用しつつも、ベース性能をアップして欲しいと願っていたSENSEI難民たちの受け皿となる製品かと。
 「左右対称形状の軽量マウス」を探しているなら、ぜひチェックして欲しい製品です。

 6月末発売予定で、4gamerのインタビュー記事によると、ビックとヨドバシ、あとアキバのアークで販売するそうです。



 製品とは直接関係ないんですけど、インタビューでのメーカーの姿勢的なものにも好感を覚えました。
 僕は、モノを買うときは基本的に「モノ自体のクオリティ」を優先するタイプでして、嫌いなメーカーでも、モノが良ければ買います。

 とはいえ、「同じようなモノが2つ」あれば、好きなメーカーとか応援したいメーカーのものを選びます。
 ゲームやeスポーツへの情熱を感じさせる「Ray」というゲーミングデバイスブランドが成長して、ゲーミングデバイスのより良い商品が出てくる未来に期待したいなぁと思っています。


●おまけ:左右対称軽量マウスの競合品(リンクはAMAZONの商品ページ)。
[ 2018/06/28 09:27 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)