Andoridで「Bluetoothで高音質」を実現するアダプターを使ってみた 

 スマホとポタアンをBluetoothで、できるだけ高音質でつなげたい!
 と思いたったので
 aptX、aptX Low Latencyに対応したBluetoothアダプター。

 Creative BT-W2

 を買ってみました。お値段4298円。
 実際に使って見ましたが、これがかなり素晴らしい。
 ここ1ヶ月ぐらい悩んでいた問題が一気に解決+ついでに手持ちのMacbookやPS4でも応用可能というオマケ付き。

 なお、僕の場合は「Bluetoothでポタアン」でしたが、「BluetoothでaptX対応のワイヤレスヘッドホン」の方も、ほぼ同じ方法がとれるはずです。
 以下、いろいろ紹介。

------------------------------------------------------------------------------

 先日、格安スマホの機種変を画策していると報告したのですが、なかなか良いのが見つからず。
 というのも、僕は外で音楽を聴くことが多いので、どうせならスマホで「できるだけイイ音」のモノが欲しかったんです。
 で、手持ちにBluetooth対応なポタアン「Sound Blaster E5」があるので、これを利用することに。

 スマホとBluetoothで音楽試聴…というと、最近ではBTヘッドホンやBTスピーカーなどが人気。
 ところが「できるだけよい音質で…」となると、なかなか難しいのが現状です。

 Bluetooth機器で効く場合、「接続方式」が重要になります。
 現状、利用可能な以下の通り

・SBC:普通のBT接続。
・AAC:高音質接続。主にApple製品
・LDAC:高音質接続。主にソニー製品
・aptX:高音質接続。Appleとソニー以外

 音質:SBC<<<<< AAC <= aptX <<<< LDAC

 まずSBCは問題外。SBCで聞くなら直結でいい。
 AACとaptXは音質的には大きく変わらない。
 LDACはハイレゾ対応。ハイレゾ対応音源じゃないヤツを聞く分には、どっちがよいのかはよく分からん。

 うちのポタアン・E5が対応しているのはaptXとAAC。

 iPhoneが対応しているのはAAC。
 最近のXperiaはaptXとLDAC対応。(Z3あたりはaptXのみ)。
 一部のハイエンドスマホはaptX対応(キャリア系端末もだいたい対応)。
 Androidスマホの大半は「どれにも対応していない」

 そう、僕が購入を検討しているAndroidのスマホ、それも格安系は、ほぼほぼ「aptX非対応」。
 aptXに対応しているのは、Zenfone3などのASUS系ぐらい。あとは国産の富士通ARROWS系とか
 格安系だと、Huaweiはほぼ全滅。ZTEも多分ダメ。MOTO Zも非対応の模様。

 となると、Zenfone3買っとけばいいじゃん…となるのですが、個人的にはP9が欲しいんですよねぇ…。ライカに釣られた。
 僕に限らず、「AndroidスマホでaptX接続したいけど、Zenfone3以外が欲しい」なんて人も多少はいるハズ。多分。

 そこで注目したのが、上記の「BT-W2」です。
 こちらの製品は「USBオーディオ機器として作動するBletoothドングル」。
 つまり、接続機器からはUSBオーディオとして認識され、送り出された音声データをBluetoothで出力する…というもの。
 これを使えば、USBオーディオが使える機種なら問題なくaptXによるBT接続が可能になります。
 「USBオーディオ対応」というハードルはあるものの、aptX対応よりは遙かに低いハードルですし。

 Amazonのコメ欄だと主にPS4やPCとBTヘッドホンとの接続に用いられているようなのですが、仕様上はスマホでもいけるハズ!
 で、実際に購入して、手持ちのMediapad T2で試したところ見事に繋がりました。
 通常のオーディオデバイスと認識しているようで、どのアプリでも使用可能。ボリューム調整なども問題なし。
 音質的にもSBCや直結よりは明らかにイイ音で、十分実用範囲。

 これでaptX非対応スマホ端末でも、はれてaptXで使えそうです。
 やったね! ありがとうクリエイティブ!!

 気がつくとMediapad T2がaptX対応化してたり。
 新しい端末買わないで、T2だけあればいい気もしてきたなぁ…w

 なお、製品紹介には「スマホで使える」とは一切書いてないので、そのあたりは自己責任でお願いいたします。




Creative Bluetooth Audio
bluetooth USB transceiver
BT-W2




Creative Sound Blaster E5
ハイレゾ対応 iPhone/iPad対応 USB DAC
ポータブル ヘッドホンアンプ Bluetooth付き
SB-E-5


[ 2017/03/16 03:11 ] オーディオ | TB(0) | CM(0)

Sound BlasterとRazerのバーチャルヘッドホン機能を比べてみた 

 クリエイティブメディアから発売されているポータブルアンプとしても利用可能なUSB DAC「Sound Blaster E5」を衝動買いしました。Amazonで2万円弱。

 で、こちらのDACはPCのサウンドカードメーカーとして名を馳せたクリエイティブらしく、従来のサウンドカード的なものをUSBDACポタアンにしてみましたよ! 的な製品で、たんに音を鳴らすだけでなく、映画やゲームの音をクオリティアップする各種エフェクト機能が満載されています。
 そんなエフェクト機能のひとつとして、ヘッドホン用の7.1chバーチャルサラウンド機能が搭載されていました。

 僕は、今までは音源は「Sound Blaster X-Fi Sorround 5.1ch」を使用、バーチャルサラウンドはRazerの「Razer Sorround Pro」というソフトウェアで実現していました。
 X-Fiにもバーチャルサラウンド機能はあったんですけど、サラウンド感や使い勝手の面でRazerの方がよかったんですよね…。

 で、今回、新しいSound Blasterが手に入ったということで、「RazerとSound Blaster、どちらのバーチャルサラウンドがゲーム用として出来がよいか」を試してみることに。

.
.
.
.

 Razer Sorround Proのほうがいいです。

 E5も悪くはないですが、Razerには及ばない感じ。
 Razerには音の聞こえ方を調整する機能があるんで、ちょっとしたズレを自分で直すことが可能です。
 Sound Blasterも「デフォルト」として考えればイイ線いってると思うのですが、調整したRazerには敵いません。

 また、バーチャルサラウンドは実はヘッドホンの機種によって聞こえ方が大きく変わります。
 例えば、僕が持っているヘッドホンだとK702(Q701)やHD25はうまく仮想化してくれますが、HFI780はまるでダメです。
 Razerなら、こういった「ヘッドホンごとのズレ」も、そこそこ矯正できてしまいます。

 というわけで、PCでヘッドホン使用におけるゲーム向けバーチャルサラウンドを求めている方にはRazerサラウンドをおすすめしておきます。
 Razerサラウンドの基本機能はフリーで提供されているので、手軽に試用できるのもメリットかと。

 なお、サラウンド機能についてはRazerの後塵を拝したE5ですが、2万円のUSB-DACとしては音質面でも機能面でも優秀な製品に仕上がってます。
 E5はポタアンとしては激レアな「Bluetooth対応ポタアン」なのですが、これがかなり便利。Vitaとつなげて、E5のエフェクトでゲーム音源強化なんて技も可能です。
 買って満足。使いうちにレビュー予定です。
 

Razer Surround
Sound Blaster E5


Creative Sound Blaster E5 ハイレゾ対応 iPhone/iPad対応
USB DAC ポータブル ヘッドホンアンプ Bluetooth付き


[ 2016/03/12 23:08 ] デジモノ | TB(0) | CM(2)